MOS VBAエキスパート対策 | VBAスタンダード試験対策まとめ | MOS Excel VBAエキスパート対策です



最終更新日:2018-03-16

VBAスタンダード試験対策まとめ


VBAスタンダードの記事を一通り書き終えたので、模擬問題プログラムを再度やってみました、
問題をやってみた感想と、気になった点や、重点的に学んだ方が良さそうな事をまとめておきます。

公式テキスト購入でダウンロードした模擬問題プログラムには、2コースが用意されています。




1つ目のコースは、今回の記事作成の前にやってみました。
問題の雰囲気をつかむために、かなり急いで25分くらいでやったのですが、
35問正解/全40問
VBAコードが結構長い物もあって、ちょっとあきてしまったかも。

一通りスタンダードの記事を書き終えたので、2つ目のコースをやりました。
前回よりは、少し落ち着いてやったのですが、
VBAコードが短めだったせいか、25分くらいで終わりました。
38問正解/全40問
うーん、2問間違ってる、どこで・・・
問題を見直してみたら、
1つは単純に書き間違いしてました。
もう1つは、あー、正に出題者のひっかけに素直に乗ってしまっていた・・・

まあ、試験なので紛らわしい回答に引っかかってしまうのは自分が悪いとしか言いようがないのですが、
それにしても、今回のコースは記述が多かったです。
プロパティやステートメントを記述させるってのは、実務で使う上では必要とは思えないのですけどね。

とはいえ、試験は試験です。
この内容ですと、普段VBAを書いている人以外は、かなり真面目に勉強しないと厳しいかもしれません。
全体として、
記述に対応するためスペルを覚えて書く練習が必要です。
候補表示に頼らずに、タイピングして覚えるしかなさそうです。

以下は、模擬問題をやってみて、
各章ごとに、重点的に学んでおいた方が良いと思われる部分を記しておきました。
公式テキストについている模擬問題なので、少しテキスト内容に偏っている感じもしましたが、
やはり、しっかり対策はしておくべきでしょう。


プロシージャ

引数の意味
引数の宣言
値渡しと参照渡し

【重点】
ByVal、ByRefは、その動作はもちろん、スペルも完璧に覚えて下さい。

VBAコードを読み解く問題が多いので、
サンプルコードを何度も読んで慣れておいてください。


イベント

イベントとは
ブックのイベント
シートのイベント

【重点】
イベントの概念と機能
Worksheetのイベントはしっかり覚える


Workbookのイベントは出題されるとしてもかなり限定的になるのではないかと思います。
イベントの種類も多いので、余裕があれば覚えるくらいで良いでしょう。


ステートメント

Select Case
Do...Loop
For...Eachほか

【重点】
この3つのステートメントは完璧に覚えておいてださい。

Select Case
VBEでは自動挿入されるIsも含めて書けるようにしておいてください。

Do...Loop
書き方が複数あります。
実務では、1〜2個が使えれば十分なのですが、試験にはどれが出るか分からないので、
全ての記述方法を覚えて下さい。

For...Each
EachとIn
これらは穴埋め問題として出題されやすいので、何も見ずに書けるようにしておきましょう。


関数

よく使う関数

【重点】
どの関数が出題されるか全く予想がつきませんので、一通り覚えて下さい。

本編のページで紹介している関数は、
実際に書いて動かして動作結果を確認しておきましょう。


エラーへの対処

On Error Goto
On Error Resume Next
Errorオブジェクトほか

【重点】
全て、しっかり覚える必要があります。
穴埋め問題としても出しやすいので、スペルもしっかり覚えて下さい。


動作については、直ぐに覚えられると思いますので、
むしろ、何も見ずに書く練習をした方が良いでしょう。


APIとOLEオートメーション

OLEオートメーションの概念
OLEオートメーションの使い方
OLEオートメーションの注意点
APIの概念
APIの使い方

【重点】
概念については、紛らわしい文章に騙されないようにしっかり覚えておきしょう。
項目としては、本編にも書きましたが、
・参照設定
・CreateObject関数
・Declareステートメント

これだけ覚えれば十分です。


変数と配列

静的変数
動的配列
オブジェクト変数
ユーザー定義型

【重点】
静的変数やユーザー定義型は、出題されてもかんたんな問題だと思われます。
その分、動的配列とオブジェクト変数に時間をかけて覚えましょう。


動的配列
変数宣言
Redim
Preserve
Lbound関数
Ubound関数
Split関数

オブジェクト変数
変数宣言の型
Setステートメント
変数の解放


レジストリの操作

レジストリの概念
レジストリ操作の注意点
レジストリに登録する
レジストリを取得する
レジストリを削除する

【重点】
レジストリ内の保存場所
SaveSetting、GetSetting、GetAllSettings、DeleteSetting

引数についても、何を指定するかまでしっかり覚えて下さい。


ファイルの操作

テキストファイルの操作
ファイルのコピーと移動
フォルダの操作

【重点】
何が出題されてもおかしくありません。
本編で説明していることは全て覚えておく必要があります。


ステートメント、関数は、スペルも覚えて書けるようにして下さい。
どのような場合にエラーになるかを覚えておいてください。


ユーザーフォームとメニューの操作

ユーザーフォームの操作
コントロールの操作
メニューとツールバーの操作

【重点】
以下のプロパティは書けるようにスペルも覚えて下さい。
Caption
Value
Text
ListIndex
ListCount
OnAction


覚えるべき項目が多いので、
上のキーワードを中心に覚える事を優先した方が良いでしょう。


模擬問題プログラムで正解率が70%以下の場合は、再度最初から勉強しなおしてから、もう一度模擬問題をやってみましょう。

模擬問題で最低で80%以上できれば90%以上の正答率がほしいところです。

恐らく本番試験は、模擬問題より難易度が上がるのではないかと予想しています。
模擬問題が、公式テキストの復習的な問題に偏っていると思われるからです。
出題範囲として発表されている範囲で、公式テキストで触れられていない部分多々あります。
とはいえ、公式テキストを超える内容は、どこまでやってよいかが分からなくなってしまいます。
従って、公式テキストの範囲については、90%くらいは正解できるようにしておきたいところです。

受験料はそれなりの金額なので、無駄にしないようにしっかり対策してから受験してください。




同じテーマ「MOS VBAエキスパート対策」の記事

プロシージャ
イベント
ステートメント(スタンダード)
関数
エラーへの対処
APIとOLEオートメーション
変数と配列
レジストリの操作
ファイルの操作
ユーザーフォームとメニューの操作
VBAスタンダード試験対策まとめ

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説(9月8日)
VBAのクラスとは(Class,Property,Get,Let,Set)|VBA技術解説(8月28日)
VBAこれだけは覚えておきたい必須基本例文10|VBA技術解説(8月22日)
VBAの省略可能な記述について|ExcelマクロVBA技術解説(8月11日)
複数条件判定を行う時のコツ|ExcelマクロVBA技術解説(7月11日)
For Next の使い方いろいろ|VBA技術解説(6月14日)
VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ファイルの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
9.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • VBAスタンダード試験対策まとめ

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP