VBAサンプル集
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2019-05-31

Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換

本サイトの文字コードは開設当初からShift_JISでしたが、昨今の事情を考えてUTF-8に変更することにしました。


そこで既存記事全てを一括で変換することになり、これをVBAでやりましたので、その時のマクロVBAコードを掲載しておきます。

以下のVBAコードはサイトのUTF-8変更にあたり急遽作成したものですが、
最低限の汎用化はしてありますので、概ねそのまま使えるはずです。

注意
元ファイルを上書きしていますので、
以下のVBAを使う時は、必ずバックアップをとるかフォルダ全体をコピーしてから実行してください。

マクロVBA全コード



Option Explicit

Public objFSO As FileSystemObject
Public objFolderSub As Folder
Public objFile As File
  
Sub SJIStoUTF8()
  'フォルダ選択
  Dim strDir As String
  With Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)
    .InitialFileName = ThisWorkbook.Path
    .AllowMultiSelect = False
    .Title = "フォルダの選択"
    If .Show = False Then Exit Sub
    strDir = .SelectedItems(1)
  End With
  
  '再帰処理のコール
  Set objFSO = New FileSystemObject
  Call GetSubDirFiles(objFSO.GetFolder(strDir))
  
  'オブジェクトの解放
  Set objFSO = Nothing
  Set objFolderSub = Nothing
  Set objFile = Nothing

  'ステータスバーを消去
  Application.StatusBar = False
  
  MsgBox "変換完了"
End Sub

Sub GetSubDirFiles(ByVal objFolder As Folder)
  Dim objFolderSub As Folder
  Dim objFile As File
  
  'ステータスバーに処理中のフォルダを表示
  Application.StatusBar = objFolder.Path
  DoEvents
  
  'ファイルの取得
  For Each objFile In objFolder.Files
    Application.StatusBar = objFile.Path
    DoEvents
    If objFSO.GetExtensionName(objFile) = "html" Then
      Call ReadSjisWiteUtf8(objFile.Path)
    End If
  Next
  
  'サブフォルダの取得
  For Each objFolderSub In objFolder.SubFolders
    Call GetSubDirFiles(objFolderSub)
  Next
End Sub

Sub ReadSjisWiteUtf8(ByVal strFile As String)
  Dim txtBuf As String
  Dim byteData() As Byte
  Dim adoSt As New ADODB.Stream
  With adoSt
    'Shift_JISで読込
    .Type = adTypeText
    .Charset = "Shift_JIS"
    .Open
    .LoadFromFile strFile
    txtBuf = .ReadText
    .Close
    'UTF-8で保存
    .Charset = "UTF-8"
    .Open
    .WriteText txtBuf, adWriteChar
    'BOM削除
    .Position = 0
    .Type = adTypeBinary
    .Position = 3
    byteData = .Read
    .Close
    .Open
    .Write byteData
    .SaveToFile strFile, adSaveCreateOverWrite
    .Close
  End With
  Set adoSt = Nothing
End Sub



上記では、事前バインディングとして参照設定しています。
VBAでActiveXオブジェクトを操作する場合のVBA記述方法が2通りあります。オブジェクトがオブジェクト変数に代入されるとき、事前バインディングと遅延バインディング(実行時バインディング)の2通りです。バインディングとは バインディングはbindingで、縛るとか束ねると言う意味の英単語です。

FileSystemObject
「ツール」→「参照設定」に、「Microsoft Scripting Runtime」にチェックを付けてください。

参照設定しない場合は、
Dim objFSO As Object
Set objFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
ADODB.Stream
参照設定で、「Microsoft ActiveX Data Objects 2.8 Library」にチェックを付けて下さい。

参照設定しない場合は、
Dim adoSt As Object
Set adoSt = CreateObject(ADODB.Stream)

拡張子のhtmlは適宜変更してください。



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

入力規則のリスト入力を確認する
配色を使用したカラー設定を固定カラーに再設定
指定セルに名前定義されているか判定する
Excel2003(xls)を2007以降(xlsx,xlsm)に変換する(HasVBProject)
ハイパーリンクからファイルのフルパスを取得する
ボタンのテキスト名のシートへ移動(Application.Caller)
Excelの表をPowerPointへ図として貼り付け
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換
VBAコードの全プロシージャー・プロパティ一覧を取得
数式バーの高さを数式の行数で自動設定


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ユーザーに絶対に停止させたくない場合のVBA設定|VBA技術解説(4月1日)
CharactersプロパティとCharactersオブジェクト|VBA技術解説(3月31日)
指数近似/対数近似/累乗近似(掲載順位とCTR)|エクセル関数超技(3月31日)
練習問題32(連続数値部分を取り出し記号で連結)|VBA練習問題(3月24日)
連続数値部分を取り出し記号で連結|エクセル関数超技(3月24日)
数式バーの高さを数式の行数で自動設定|VBAサンプル集(3月21日)
LET関数(数式で変数を使う)|エクセル入門(3月21日)
スピルに対応したXSPLITユーザー定義関数(文字区切り)|VBAサンプル集(3月15日)
XMATCH関数(範囲から値を検索し一致する相対位置)|エクセル入門(3月14日)
XLOOKUP関数(範囲を検索し一致する対応項目を返す)|エクセル入門(3月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
9.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ