VBAサンプル集
ハイパーリンクからファイルのフルパスを取得する

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2014-12-04

ハイパーリンクからファイルのフルパスを取得する

ハイパーリンクのリンク先ファイル情報を取得しようとすると、なかなか難しいことになります、
ハイパーリンクからパスを取得すると相対パスとなり、簡単にはファイル情報を取得出来ません。


以下のサンプルでは、ハイパーリンクの設定されているセルの右隣のセルに更新日時を出力しています。



Sub sample()
  Dim rng As Range
  Dim FileName As String
  Dim fso As New FileSystemObject

  ChDir ThisWorkbook.Path
  For Each rng In ActiveSheet.UsedRange
    If rng.Hyperlinks.Count > 0 Then
      FileName = fso.GetAbsolutePathName(rng.Hyperlinks(1).Address)
      If fso.FileExists(FileName) Then
        rng.Offset(0, 1) = fso.GetFile(FileName).DateLastModified
      End If
    End If
  Next
End Sub


※「ツール」→「参照設定」で、「Microsoft Scripting Runtime」にチェックを付けて下さい。


参照設定しない場合は、
Dim fso As Object
Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")

このようにしてください。

ChDir ThisWorkbook.Path
事前にこれを行うことで、
GetAbsolutePathName
これで絶対パスを取得できます。
後は普通に、FSOで各種情報を取得してください。



最初からハイパーリンクを絶対パスで保存する方法もあります。
通常は、ハイパーリンクは相対パスで保存されますが、ファイルを移動したりすると、リンクが切れてしまいます、そこで、ハイパーリンクの起点を変更して絶対パスで保存する方法になります。先日聞かれて、即答できませんでしたので、ここに覚書きの意味を含めて記載しておきます。
設定をこれに変更した後に作成したハイパーリンクのみ絶対参照で保存されます。
設定前に作成したハイパーリンクは相対パスのままになるので注意してください。

一応、ハイパーリンクが絶対パスで保存されている場合の、
上のノマロと同様の機能のVBAコードも掲載しておきます。

Sub sample2()
  Dim rng As Range
  Dim FileName As String

  For Each rng In ActiveSheet.UsedRange
    If rng.Hyperlinks.Count > 0 Then
      FileName = rng.Hyperlinks(1).Address
      If Dir(FileName) <> "" Then
        rng.Offset(0, 1) = FileDateTime(FileName)
      End If
    End If
  Next
End Sub


こちらは、FSOを使うまでもないので、
Dir

FileDateTime
これで済ませています。




同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

配色を使用したカラー設定を固定カラーに変更
指定セルに名前定義されているか判定する
Excel2003(xls)を2007以降(xlsx,xlsm)に変換する(HasVBProject)
ハイパーリンクからファイルのフルパスを取得する
ボタンに表示されているテキストを取得(Application.Caller)
Excelの表をPowerPointへ図として貼り付け
VBAで表やグラフをPowerPointへ貼り付ける
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換
VBAコードの全プロシージャー・プロパティ一覧を取得
数式バーの高さを数式の行数で自動設定


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)
DROP関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を除外)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ