VBAサンプル集
Excel2003(xls)を2007以降(xlsx,xlsm)に変換する(HasVBProject)

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2014-12-03

Excel2003(xls)を2007以降(xlsx,xlsm)に変換する(HasVBProject)


Excel2003形式(xls)のファイルを、一括でExcel2007以降形式(xlsx,xlsm)に変換するマクロVBAサンプルコードです。


サンプルコードでは、サブフォルダ「Excelファイル」にあるxlsを、
マクロ無しならxlsx、マクロ有りならxlsmにして保存しています。
また、同名のxlsxやxlsmが存在する場合は、日時付きのファイル名にしています。



Sub sample()
  Dim i As Long
  Dim strArray() As String
  Dim strFile As String
  Dim strPath As String
  Dim strBook As String
  strPath = ThisWorkbook.Path & "\Excelファイル\"
  strFile = Dir(strPath & "*.xls")
  i = 0
  Do While strFile <> ""
    If LCase(Right(strFile, 4)) = ".xls" Then
      ReDim Preserve strArray(i)
      strArray(i) = strFile
      i = i + 1
    End If
    strFile = Dir()
  Loop
  For i = 0 To UBound(strArray)
    With Workbooks.Open(strPath & strArray(i))
      strBook = Left(strArray(i), InStrRev(strArray(i), ".") - 1)
      If .HasVBProject Then
        If Dir(strPath & strBook & ".xlsm") = "" Then
          .SaveAs filename:=strPath & strBook & ".xlsm", _
              fileformat:=xlOpenXMLWorkbookMacroEnabled
        Else
          .SaveAs filename:=strPath & strBook & "_" & Format(Now(), "yyyymmddhhmmss") & ".xlsm", _
              fileformat:=xlOpenXMLWorkbookMacroEnabled
        End If
      Else
        If Dir(strPath & strBook & ".xlsx") = "" Then
          .SaveAs filename:=strPath & strBook & ".xlsx", _
              fileformat:=xlWorkbookDefault
        Else
          .SaveAs filename:=strPath & strBook & "_" & Format(Now(), "yyyymmddhhmmss") & ".xlsx", _
              fileformat:=xlWorkbookDefault
        End If
      End If
      .Close savechanges:=False
    End With
  Next
End Sub



マクロがあるか無いかの判定は、
.HasVBProject
これで行います。
ただし、これは2007以降のプロパティですので、2003以前では使用できません


If Dir(strPath & strBook & ".xlsm") = "" Then
If Dir(strPath & strBook & ".xlsx") = "" Then
これらで、ファイルの存在確認をして、既に同名ファイルがある場合は日時を付けて保存します。

Excel2003以前の形式ファイルを読み込んで、Excel2007以降の形式で保存する場合は、
fileformat:=
この指定を正しくする必要があります。
xlsxならfileformat:=xlWorkbookDefault
xlsmならfileformat:=xlOpenXMLWorkbookMacroEnabled
となります。

まだまだ2003形式が多く残っていますが、いずれは2007以降形式に変換した方が良いでしょう。
2007以降形式にした場合、何よりファイルサイズが小さくなるのが有難いですね。



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

入力規則のリスト入力を確認する
配色を使用したカラー設定を固定カラーに再設定
指定セルに名前定義されているか判定する
Excel2003(xls)を2007以降(xlsx,xlsm)に変換する(HasVBProject)
ハイパーリンクからファイルのフルパスを取得する
ボタンのテキスト名のシートへ移動(Application.Caller)
Excelの表をPowerPointへ図として貼り付け
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換
VBAコードの全プロシージャー・プロパティ一覧を取得
数式バーの高さを数式の行数で自動設定


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ユーザーに絶対に停止させたくない場合のVBA設定|VBA技術解説(4月1日)
CharactersプロパティとCharactersオブジェクト|VBA技術解説(3月31日)
指数近似/対数近似/累乗近似(掲載順位とCTR)|エクセル関数超技(3月31日)
練習問題32(連続数値部分を取り出し記号で連結)|VBA練習問題(3月24日)
連続数値部分を取り出し記号で連結|エクセル関数超技(3月24日)
数式バーの高さを数式の行数で自動設定|VBAサンプル集(3月21日)
LET関数(数式で変数を使う)|エクセル入門(3月21日)
スピルに対応したXSPLITユーザー定義関数(文字区切り)|VBAサンプル集(3月15日)
XMATCH関数(範囲から値を検索し一致する相対位置)|エクセル入門(3月14日)
XLOOKUP関数(範囲を検索し一致する対応項目を返す)|エクセル入門(3月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
9.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ