VBAサンプル集
入力規則のリスト入力の妥当性判定

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2020-09-15

入力規則のリスト入力の妥当性判定


入力規則のリスト入力は、Excelの機能の中でも頻繁に使われる機能です。


入力規則の目的として、リスト内のデータのみの入力に限定したいと言う事になりますが、
コピペで値の貼り付けを行うと、どんな値でも入力出来てしまいます。

このエクセルの仕様はとても不便なものですが仕方ありません。
結果として想定外の値が入力されてしまう事がある以上、入力値のチェックは必要になってきます。

入力規則の詳細についてはいかを参照してください。

入力規則(Validation)|VBA入門
入力規則は、Validationオブジェクトになります、ワークシート範囲の入力規則を表します、入力規則は、シート上で設定しておいた方が良い場合が多いですが、マクロVBAで設定する必要も出てきます。入力規則を設定するには、Validationオブジェクトを使います。

以下は、入力規則を設定したセル値が正しい値かどうかを判定する方法になります。


入力規則に反するデータかの判定Function

Function isValidationOk(ByVal rng As Range) As Boolean
  If rng.Validation.Value Then
    isValidationOk = True
  Else
    isValidationOk = False
  End If
End Function

入力規則に反しているかどうかだけであれば、これだけで判定できます。
.Validation.Value
Trueなら入力規則に適合したデータ
Falseなら入力規則に反したデータ
もちろん上記のVBAは、

Function isValidationOk(ByVal rng As Range) As Boolean
  isValidationOk = rng.Validation.Value
End Function

これだけで良いものです。
そもそもこれではFunction関数にする意味もないので、説明的に書いたものです。
もうこの部分だけのFunctionでは意味がないので、
シート全体として入力規則に反していないかを判定するFunctionにしてみましょう。

Function isValidaionOk(ByVal ws As Worksheet) As Boolean
  Dim valiRng As Range
  Dim myRng As Range
  
  On Error Resume Next
  Set valiRng = ws.Cells.SpecialCells(xlCellTypeAllValidation)
  If Err Then Exit Function
  On Error GoTo 0
  
  For Each myRng In valiRng
    If Not myRng.Validation.Value Then
      isValidaionOk = False
      Exit Function
    End If
  Next
  
  isValidaionOk = True
End Function

入力規則がまったく無いシートの場合、SpecialCellsがエラーになってしまいます。
そこで、On Error Resume Nextでエラー判定を行っています。


入力規則のリスト入力の妥当性を判定Function

初期掲載時は、以下で紹介するVBAを掲載していました。
しかし、単に判定するだけなら上記VBAで良いという事で追記しました。

とはいえ、上記だけではつまらないので、自力で入力規則のデータを調べてみましょう。
ただし、タイトルにある通りリスト入力限定です。
全部の入力規則に自力で対応するのはかなり大変です。

Function isValidationOk(ByRef argRange As Range) As Boolean
  Dim myRange As Range
  Dim strList As String
  
  On Error Resume Next
  isValidationOk = True
  
  '空欄はOKとする
  If argRange.Value = "" Then Exit Function
  
  '入力規則のリストかどうか
  If argRange.Validation.Type = xlValidateList Then
    '入力規則がない場合はエラーが発生するので
    If Err.Number > 0 Then Exit Function
  Else
    '入力規則のリスト以外はチェックしない
    Exit Function
  End If
  
  If Left(argRange.Validation.Formula1, 1) = "=" Then
    'リストがセル範囲指定の場合
    Set myRange = Application.Range(Mid(argRange.Validation.Formula1, 2))
    If WorksheetFunction.CountIf(myRange, argRange) > 0 Then
      Exit Function
    End If
  Else
    'リストデータが直接指定の場合
    strList = "," & argRange.Validation.Formula1 & ","
    If strList Like "*," & argRange.Value & ",*" Then
      Exit Function
    End If
  End If
  
  '入力規則のリストにないのでエラー
  isValidationOk = False
End Function

入力規則において、直接リストデータを入れている場合は、
.Validation.Formula1には、"A,B,C,・・・"とカンマ区切りの文字列が入っています。
そこで、前後に,カンマを付け足して、",文字列,"でLike判定しています。
文字列比較において部分一致やパターンマッチングでの文字列比較を行う時に使うのがLike演算子です。Like演算子は、2つの文字列のパターンマッチングを行い、規則に一致しているかどうかの結果をTrue(一致)またはFalse(不一致)で返します。

他のセル範囲を参照している場合は、"="に続けてセル範囲のアドレスが入っています。
他のシートならシート修飾が付いていて、同一シートならセルアドレスだけが取得されます。
そこでこの=の後ろの文字列からセル範囲を取得し、
そのセル範囲に対して、シートのCountIf関数で判定しています。
範囲の中で、指定した条件を満たすセルの個数を数えます。COUNTIF関数の書式 COUNTIF(範囲,条件) 指定した条件を満たすセルの個数を数えます。1つの条件に基づいてのみカウントできます。複数の条件を使用するには、COUNTIFS関数を使います。
Match関数
セルの範囲内で指定された項目を検索し、その項目の相対的な位置を返します。セル範囲は、縦方向・横方向のどちらでも指定可能です。MATCH関数の書式 MATCH(検査値,検査範囲,照合の型) 検査値 値(数値、文字列、または論理値)、またはこれらの値に対するセル参照を指定できます。
Findメソッド
Findメソッドは、VBAでセル範囲内の条件に当てはまるセルを検索するものです。Findメソッドは、Rangeオブジェクトのメソッドで、ワークシート操作の「検索と置換」の「検索」の機能をVBAで使うものです。上の画像では「検索する文字列」だけしか指定できませんが、「オプション」をクリックすると、
これらでも判定できますが、このような場合はCountIf関数が簡単でしょう。


最後に

本来なら入力規則まで設定してあるのに、他の値を入れてしまう事自体に問題があると思います。
それは、使用者に対する注意事項として伝えるへきものです。
しかし、
万一コピペ等でリスト以外のデータが入力されてしまった場合に、その後の処理に支障をきたすのであれば、やはりチェックしておく必要出てきます。
そのような場合があれば、参考にして下さい。

以下の記事も参考にしてください。
入力規則への貼り付けを禁止する|VBA技術解説
ツイッターで以下の発言をしたのをきっかけに作成したマクロVBAです。入力規則は便利なんだけどさ、値貼り付け出来ちゃダメでしょ!では、問題です。シートに入力規則のリストを設定しました。VBAでそのデータを使ったら規則外のデータが入っていてエラーが出てしまいました。



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

右クリックメニューの変更(CommandBars)
エクセルのアイコン取得(FaceID)
素数を求めるマクロ
入力規則のリスト入力の妥当性判定
配色を使用したカラー設定を固定カラーに変更
指定セルに名前定義されているか判定する
Excel2003(xls)を2007以降(xlsx,xlsm)に変換する(HasVBProject)
ハイパーリンクからファイルのフルパスを取得する
ボタンのテキスト名のシートへ移動(Application.Caller)
Excelの表をPowerPointへ図として貼り付け
VBAで表やグラフをPowerPointへ貼り付ける


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

import文(パッケージ・モジュールのインポート)|Python入門(9月24日)
例外処理(try文)とexception一覧|Python入門(9月23日)
リスト内包表記|Python入門(9月22日)
Pythonの引数は参照渡しだが・・・|Python入門(9月21日)
lambda(ラムダ式、無名関数)と三項演算子|Python入門(9月20日)
関数内関数(関数のネスト)とスコープ|Python入門(9月18日)
関数の定義(def文)と引数|Python入門(9月18日)
組み込み関数一覧|Python入門(9月17日)
辞書(dict型)|Python入門(9月16日)
入力規則への貼り付けを禁止する|VBA技術解説(9月16日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ