ExcelマクロVBAサンプル集 | エクセルのアイコン取得(FaceID) | ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2013-05-14

エクセルのアイコン取得(FaceID)


エクセル内のアイコンを取得します。


右クリックメニューの変更」のFaceIdとして使用します。
Sub sample()
  Const startNo As Integer = 1 '開始番号を指定
  Const stopNo As Integer = 50 '終了番号を指定
  Dim cmdBar As CommandBar
  Dim cmdBarCtl As CommandBarControl
  Dim i As Integer
  
  On Error Resume Next
  Set cmdBar = Application.CommandBars("FaceId")
  If cmdBar Is Nothing Then
    Set cmdBar = Application.CommandBars.Add(Name:="FaceId", Temporary:=True)
    For i = startNo To stopNo
      Set cmdBarCtl = cmdBar.Controls.Add(Type:=msoControlButton)
      With cmdBarCtl
        .FaceID = i
        .TooltipText = i
      End With
    Next
    cmdBar.Visible = True
  Else
    For i = startNo To stopNo
      With cmdBar.Controls(i - startNo + 1)
        .FaceID = i
        .TooltipText = i
      End With
    Next
  End If
  
  Set cmdBarCtl = Nothing
  Set cmdBar = Nothing
End Sub


2003までなら、ツールバーが追加されます。

2007以降では、リボンのアドインの中に追加されます。

Const startNo As Integer = 1 '開始番号を指定
Const stopNo As Integer = 50 '終了番号を指定

この数値を変更して実行して下さい。

50以上の範囲を指定すると、画面に収まらないので、50ずつ実行してみて下さい。

途中、割り当てのないIDもかなりありますが、4000以上のIDにも入っています。

目的のアイコンがあるなら、ちょっと面倒ですが探してみて下さい。




同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

重複の無いユニークなデータ作成
WEBデータの取得方法
右クリックメニューの変更(CommandBars)
素数を求めるマクロ
入力規則のリスト入力を確認する
配色を使用したカラー設定を固定カラーに再設定
指定セルに名前定義されているか判定する
Excel2003(xls)を2007以降(xlsx,xlsm)に変換する(HasVBProject)
ハイパーリンクからファイルのフルパスを取得する
ボタンのテキスト名のシートへ移動(Application.Caller)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ファイルの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ユーザーフォームの各種イベント|Excelユーザーフォーム(3月13日)
レジストリの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
変数と配列|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
Colorプロパティの設定値一覧|VBA技術解説(3月12日)
APIとOLEオートメーション|MOS VBAエキスパート対策(3月11日)
エラーへの対処|MOS VBAエキスパート対策(3月10日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
3.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
4.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
7.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.まずはマクロVBAを使う準備|ExcelマクロVBA入門
10.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門



  • >
  • >
  • >
  • エクセルのアイコン取得(FaceID)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP