VBAサンプル集
Excelの表をPowerPointへ図として貼り付け

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2020-06-22

Excelの表をPowerPointへ図として貼り付け


PowerPointを作っていると、エクセルの表を挿入したいことが多いです、
単発作業なら手作業で十分ですが、
定期的にやる場合や、数が多いと大変ですので、マクロで自動化したくなります。


Excelの表をPowerPointへ図として貼り付けるVBA



Sub sample()
  Dim ppApp As New PowerPoint.Application
  Dim ppPt As Presentation
  Dim ppSlide As Slide
  Dim ppShape As PowerPoint.Shape
  Dim ws As Worksheet
  'ppApp.Visible = True 'PowerPoint2007以前の場合は有効にしてください。
  Set ppPt = ppApp.Presentations.Open(ThisWorkbook.Path & "\sample.pptx")
  Set ws = ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1")
  With ws
    .Range("A1").CurrentRegion.Copy
    'PasteSpeciaでエラーが出るときは、ここに待ちを作ります。
    'スライド番号を指定
    Set ppSlide = ppPt.Slides(1)
    ppSlide.Shapes.PasteSpecial DataType:=ppPasteEnhancedMetafile, Link:=msoFalse
    Set ppShape = ppSlide.Shapes(ppSlide.Shapes.Count)
    '上位置
    ppShape.Top = Application.CentimetersToPoints(1)
    '左位置
    ppShape.Left = Application.CentimetersToPoints(1)
    '縦横比を固定
    ppShape.LockAspectRatio = msoTrue
    '横幅
    ppShape.Width = Application.CentimetersToPoints(30)
    Application.CutCopyMode = False
  End With
  
  ppPt.Save
  ppApp.Quit
  Set ppPt = Nothing
  Set ppApp = Nothing
End Sub

Excelの表をPowerPointへ図として貼り付けるVBAの解説

上記は、まずは最低限のコードです。
セル範囲をコピーして、拡張メタファイルとして貼り付けています。
エラー処理は入れていませんので、適宜入れて下さい。
良く発生するエラーについては、下で説明を書きました。

PasteSpecial
スライドへ貼り付ける、PasteSpecialの引数



DataType PpPasteDataType クリップボードの内容をドキュメントに挿入するときの形式です。
既定値は、クリップボードの内容によって異なります。
クリップボードの内容が引数 DataType で指定したデータ型がサポートされていない場合、エラーが発生します。
DataTypeには以下が指定可能です。
ppPasteBitmap
ppPasteDefault
ppPasteEnhancedMetafile
ppPasteHTML
ppPasteGIF
ppPasteJPG
ppPasteMetafilePicture
ppPastePNG
ppPasteShape
DisplayAsIcon MsoTriState 埋め込みオブジェクトまたはリンクをアイコンで表示するには、MsoTrue?を設定します。
IconFileName 文字列型 (String) 引数 DisplayAsIcon が定数?msoTrue?に設定されている場合、この引数は表示するアイコンが保存されているファイルのパスとファイル名となります。
引数 DisplayAsIcon が定数?msoFalse?に設定されている場合、この引数は無視されます。
IconIndex 長整数型 (Long) DisplayAsIcon がmsoTrueに設定されている場合この引数は IconFilename で指定されるプログラム ファイルで使用するアイコンに対応する番号です。
たとえば、0 (ゼロ) は最初のアイコンに対応して 1、2 番目のアイコンに対応します。この引数を省略すると、最初の (既定の) アイコンが使用されます。
DisplayAsIcon がmsoFalseに設定されている場合、この引数は無視されます。IconIndex が有効な範囲外にある場合は、既定のアイコン (インデックス 0) が使用されます。
IconLabel 文字列型 (String) 引数 DisplayAsIcon が定数?msoTrue?に設定されている場合、この引数はアイコンの下に表示されるテキストとなります。
このラベルがない場合、クリップボードの内容に基づいてアイコン ラベルが作成されます。
引数 DisplayAsIcon が定数?msoFalse?に設定されている場合、この引数は無視されます。
Link MsoTriState クリップボード内容のソース ファイルへのリンクを作成するかどうかを指定します。クリップボードの内容がリンクをサポートしていない場合、エラーが発生します


ほとんどの場合、上記のコードで問題ないのですが、
Excelの表が大きかったり、情報が複雑な場合、
PasteSpecialでエラーとなる場合があります。
エラーの発生理由は、
Copyが非同期で行われているらしいことが原因です。
そこで、対策としては、Copyの直後に一定時間待ちを作ることです。
まず最初には、
DoEvents
DoEvents関数は、発生したイベントがOSによって処理されるように、プログラムで占有していた制御をOSに渡します。DoEvents関数 構文 DoEvents 説明 開かれているフォームの数を返します。開かれているフォームが無ければ0返します。
これで試してみて下さい、これで解決するならこれが一番です。
これでダメなら、
Application.Wait
これで1秒程度の待ちを作って下さい。
APIのSleepなら、ms単位で調整できます。
・Declare ステートメン ・APIの使用例 ・いろいろなAPIについて

実際のプログラムでは、この貼り付けが複数になり、
かつ、サイズ等もそれぞれ指定する必要がありますので、
結構複雑なコードを書くことになります。
このような貼り付け情報を別シートに表にしておき、
それを基に貼り付けるようにする必要があります。

グラフをPowerPointへ貼り付け

セル範囲(表)だけではなく、グラフを貼り付ける場合も含めて、
以下でまとめて解説記事にしました。
VBAで表やグラフをPowerPointへ貼り付ける
・表やグラフをPowerPointへ貼り付けるVBA ・PowerPointを使う準備と保存終了 ・表(セル範囲)をPowerPointへ貼り付けるVBAの解説 ・グラフをPowerPointへ貼り付けるVBAの解説 ・貼り付け時のエラー対応 ・既にパワーポイントを開いている場合

既にパワーポイントを開いている場合

事前に手動でパワーポインを開いていて、そのパワーポイントをエクセルVBAで操作する場合は、
GetObject関数を使います。
・GetObject関数の構文 ・GetObjectの解説 ・GetObject関数の使用例 ・GetObject関数とCreateObject関数の使い分け ・CreateObject関数
以下で具体的なVBAコードを紹介しています。
VBAで表やグラフをPowerPointへ貼り付ける
・表やグラフをPowerPointへ貼り付けるVBA ・PowerPointを使う準備と保存終了 ・表(セル範囲)をPowerPointへ貼り付けるVBAの解説 ・グラフをPowerPointへ貼り付けるVBAの解説 ・貼り付け時のエラー対応 ・既にパワーポイントを開いている場合



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

Excel2003(xls)を2007以降(xlsx,xlsm)に変換する(HasVBProject)
ハイパーリンクからファイルのフルパスを取得する
ボタンに表示されているテキストを取得(Application.Caller)
Excelの表をPowerPointへ図として貼り付け
VBAで表やグラフをPowerPointへ貼り付ける
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換
VBAコードの全プロシージャー・プロパティ一覧を取得
数式バーの高さを数式の行数で自動設定
図形オートシェイプ(Shape)の複数選択
GoogleスプレッドシートをExcelにインポートする


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)
DROP関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を除外)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ