VBAサンプル集
図形オートシェイプ(Shape)の複数選択

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2020-04-16

図形オートシェイプ(Shape)の複数選択


図形オートシェイプを複数選択するVBAについてのサンプルと簡単な解説です。


Shapeオブジェクトは非常に複雑で、簡単な操作でもVBAの書き方が分からない場合も多くあります。
Shapeの基本については以下を参照してください。

第97回.図形オートシェイプ(Shape)|VBA入門
・図形オートシェイプ(Shape)関連のオブジェクト群 ・図形オートシェイプ(Shape)の追加 ・図形オートシェイプ(Shape)の削除 ・図形オートシェイプ(Shape)の編集 ・図形オートシェイプ(Shape)の全選択 ・図形オートシェイプ(Shape)の扱い方を工夫する ・オートシェイプ(Shape)を扱う実践例 ・図形オートシェイプ(Shape)に関連する記事

ワークシートの全てのShapeを選択する場合

ワークシート内のオートシェイプの全体を扱うには、ShapesとDrawingObjectstの2通りがあります。
ShapesとDrawingObjectsの相違点と使い方
・Shapes コレクション ・DrawingObjects コレクション ・ShapesとDrawingObjectsの相違点 ・DrawingObjectsの便利な使い道 ・最後に ・図形オートシェイプ(Shape)に関連する記事



ActiveSheet.Shapes.SelectAll

ActiveSheet.DrawingObjects.Select

ShapeオブジェクトのSelectメソッド

Shape.Selectメソッドの構文

Shape.Select [Replace:=True/False]

Trueを指定した場合、現在の選択範囲を置き換えます。
Falseを指定した場合、選択範囲を拡張します。
省略時はTrue。


Dim sp As Shape
For Each sp In ActiveSheet.Shapes
  sp.Select Replace:=False
Next

上記VBAでは、Selectメソッドを使って、シートの全Shapeを選択しています。

ShapeRangeオブジェクト

ShapeRangeオブジェクトは、図形セットである図形範囲を表します。
図形範囲には、ワークシートの1つまたは複数の図形を含めることができます。
ShapeRangeオブジェクトは、ShapesコレクションのRangeプロパティを使用して取得します。

ShapesコレクションのRangeプロパティ

Shapes.Range(Index)

Indexに整数または文字列の配列を指定するには、
Array関数を使用して、名前またはインデックス番号の配列を作成します。

シート内の指定名称の図形を選択

以下では、Shape.Nmaeの一部が、「図*」のオートシェイプを選択しています。

Shape.Nmaeの配列を作成

Sub sample1()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  ws.Range("A1").Select '図形選択を解除します。
  
  Dim ary() As Variant
  Dim sp As Shape
  Dim i As Long
  
  i = 0
  For Each sp In ws.Shapes
    If sp.Name Like "図*" Then
      i = i + 1
      If i = 1 Then
        ReDim ary(1 To i)
      Else
        ReDim Preserve ary(1 To i)
      End If
      ary(i) = sp.Name
    End If
  Next
  
  If i > 0 Then
    ws.Shapes.Range(ary).Select
  End If
End Sub

Aryには、図形の名称が配列で入ります。

VBA マクロ Shape Range 複数選択

ShapeのIndexの配列を作成

Sub sample2()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  ws.Range("A1").Select '図形選択を解除します。
  
  Dim ary() As Variant
  Dim i As Long
  Dim isSelect As Boolean
  
  isSelect = False
  ReDim ary(1 To ws.Shapes.Count)
  For i = 1 To ws.Shapes.Count
    If ws.Shapes(i).Name Like "図*" Then
      ReDim Preserve ary(1 To i)
      ary(i) = i
      isSelect = True
    End If
  Next
  
  If isSelect Then
    ws.Shapes.Range(ary).Select
  End If
End Sub

Aryには、図形のIndexの数値が配列で入ります。

VBA マクロ Shape Range 複数選択

ary(3)はEmpty値なので、ShapeRangeには含まれません。
これは、配列にその要素を作らないようにしても構いませんが、
Variant型で値を代入しない事で対象外になるので、上記VBAは簡潔に済ませています。

Shape.Selectメソッドを使う

Sub sample3()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Range("A1").Select '図形選択を解除します。
  
  Dim sp As Shape
  For Each sp In ws.Shapes
    If sp.Name Like "図*" Then
      sp.Select Replace:=False
    End If
  Next
End Sub

ShapeオブジェクトのSelectメソッドを使っています。
Replace:=False
これによって、拡張選択しています。



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

ハイパーリンクからファイルのフルパスを取得する
ボタンに表示されているテキストを取得(Application.Caller)
Excelの表をPowerPointへ図として貼り付け
VBAで表やグラフをPowerPointへ貼り付ける
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換
VBAコードの全プロシージャー・プロパティ一覧を取得
数式バーの高さを数式の行数で自動設定
図形オートシェイプ(Shape)の複数選択
GoogleスプレッドシートをExcelにインポートする
多階層フォルダ(ディレクトリ)の作成


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)
DROP関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を除外)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ