エクセル入門
COUNTIF関数(検索条件に一致するセルの個数)

Excelの初心者向け入門解説
最終更新日:2013-09-04

数式.COUNTIF関数(検索条件に一致するセルの個数)


エクセル入門 > 数式 > COUNTIF関数(検索条件に一致するセルの個数)


範囲の中で、指定した条件を満たすセルの個数を数えます。


書式

COUNTIF(範囲,検索条件)

※[]で囲まれている部分は省略可能です。


 

範囲

条件によって評価するセル範囲を指定します。


検索条件

計算の対象となるセルを定義する条件を、数値、式、セル範囲、文字列、または関数で指定します。

※文字列条件、または論理記号や数学記号を含む条件は、二重引用符 (") で囲む必要があります。条件が数値の場合、二重引用符は不要です。

※ワイルドカードが使用できます。


 

使用例



A B
1 りんご 160
2 みかん 120
3 なし 170
4 かき 110
5 りんご 180
6 みかん 130
7 みかん 150
8 なし 190
9 かき 100
10 りんご 140


 

=COUNTIF(A:A,"みかん")

A列が"みかん"の個数、3になります。


範囲を限定して

=COUNTIF(A1:A10,"みかん")

これでも結果は同じですが、データの増減を考慮して、列で指定した方が良い


=COUNTIF(B:B,">=160")

B列が160以上である個数、4になります。

二重引用符 (") が必要です。

160の数値の代わりにセル値(C1セル)を使用する場合は、

=COUNIF(B:B,">="&C1)

とします。

よくある間違いとして、

=COUNTIF(B:B,">=C1")

としてしまう事がありますが、これでは">=C1"という文字列を指定した事になってしまいます。


ワイルドカード

検索条件には、半角の疑問符(?)または半角のアスタリスク(*)をワイルドカード文字として使用できます。

疑問符(?)は任意の1文字を表し、

アスタリスク(*)は任意の文字列(0個または1個以上の文字)を表します。


=COUNTIF(A:A,"*ん*")

A列で"ん"の文字を含む、A1,A2,A5,A6,A7,A10の、6になります。

"*ん*"と指定すると(○は何らかの文字を表すとして)

○ん○

ん○○

○○ん

のいずれでも対応します。

もし最期が"ん"で終わる場合のみを対象とする場合は、

"*ん"

と指定します、上表の場合は"みかん"のみ対象となります。


応用例

複数条件の合計・件数
複数条件の合計複数条件の件数を求める関数式です。以下の表で説明します。A B C 1 品名 サイズ 売上 2 りんご L 180 3 みかん S 150 4 りんご L 300 5 りんご M 200 6 みかん M 450 7 りんご S 200 8 みかん L 280 9 みかん M 200 10 みかん L 120 複数条件の合計 「みかん」の「M…

複数条件で検索し、複数データを取得する方法
各種条件でデータを絞る場合は、オートフィルタが一般的に使用されますが、元のデータがあるシートで作業する為、間違ってデータを消してしまったり、使用する上で制約があります。また、VLOOKUPでは、単一条件のみであり、しかも1件しか取得できません。


ワークシート関数一覧
Excelワークシート関数の一覧と解説です詳細解説ページへのリンクもあります。Excel2007までの関数です。2010以降追加の関数一覧 ワークシート関数の一覧(2010以降)引数関数構文については Excelシートの複雑な計算式を解析するVBAの関数構文 文字列関数・・・27 日付と時刻の関数・・・21 情報関数・・・17 論理関数・・・7 検索/行…




同じテーマ「エクセル入門」の記事

SUMIF関数(検索条件に一致するセルの合計)
COUNT関数(セル値が数値の個数)
COUNTA関数(空白以外のセルの個数)
COUNTIF関数(検索条件に一致するセルの個数)
VLOOKUP関数(範囲の左端列で値検索し対応セル値)
HLOOKUP関数(範囲の上端行で値検索し対応セル値)
AND関数(すべての引数がTRUEのときにTRUE)
OR関数(いずれかの引数がTRUEのときにTRUE)
IS関数(対象をチェックし、結果に応じてTRUE,FALSE)
COLUMN関数(セル参照の列番号)
ROW関数(セル参照の行番号)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

IfステートメントとIIF関数とMax関数の速度比較|VBA技術解説(6月23日)
Withステートメントの実行速度と注意点|VBA技術解説(6月6日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)|VBA技術解説(6月2日)
マクロでShift_JIS文字コードか判定する|VBA技術解説(6月1日)
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換|VBAサンプル集(5月31日)
「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた|エクセル(5月21日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー作成|VBA技術解説(5月18日)
テーブル操作のVBAコード(ListObject)|VBA入門(5月12日)
テーブル操作の概要(ListObject)|VBA入門(5月12日)
VBAのスクレイピングを簡単楽にしてくれるSelenium|VBA技術解説(5月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
7.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
8.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄


  • >
  • >
  • >
  • COUNTIF関数(検索条件に一致するセルの個数)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ