エクセル関数超技 | 複数条件で検索し、複数データを取得する方法 | Excel関数の解説、関数サンプルと高等テクニック



最終更新日:2013-06-09

複数条件で検索し、複数データを取得する方法


各種条件でデータを絞る場合は、オートフィルタが一般的に使用されますが、
元のデータがあるシートで作業する為、間違ってデータを消してしまったり、使用する上で制約があります。

また、VLOOKUPでは、単一条件のみであり、しかも1件しか取得できません。


DGETでも1件しか扱えません。

これらの問題を解決する為の方法です。

IF関数
ISERROR関数
COUNTIF関数
ROW関数
SMALL関数
MATCH関数
INDEX関数


これらの関数を配列関数として組み込みます。

以下の表で説明します。



シート「データ」のデータを、シート「検索」2行目の指定条件で取得し、5行目以降に表示します。

「姓」「名」は完全一致、住所は部分一致で検索します。

シート「データ」に作業列を作成

  1. セルD2を選択
  2. =IF(検索!$A$2<>"",IF($A2=検索!$A$2,1,0),1)*IF(検索!$B$2<>"",IF($B2=検索!$B$2,1,0),1)*IF(検索!$C$2<>"",IF(ISERROR(FIND(検索!$C$2,$C9)),0,1))
  3. D3以降に、D2の数式をコピーする。
IF(ISERROR(FIND(検索!$C$2,$C9)),0,1)は、,IF(COUNTIF(C2,"*" & 検索!$C$2 & "*")>0,1,0))でも良い。

IF(検索!$A$2<>"",・・・で、条件が指定されている項目のみ条件対象としています。
また、住所は部分一致で検索する為、FINDまたはCOUNTIFを使用します。

これで、検索対象は「1」、対象外は「0」となります。
各関数の使用方法は、ヘルプを参照して下さい。

シート「検索」に数式を設定

  1. セルA5を選択
  2. {=IF(COUNTIF(データ!$D$2:$D$10,1)<ROW(データ!$A1),"",INDEX(データ!$A$2:$C$10,SMALL(IF(データ!$D$2:$D$10=1,ROW(データ!$A$2:$A$10)-1),ROW(データ!$A1)),MATCH(A$4,データ!$A$1:$C$1,0)))}
    {}を入力し、Ctrl+Shift+Enter。配列数式の
  3. A5の数式をB5,C5にコピーする。
  4. A5:C5の数式を6行目以降に、必要行数までコピーする。

以上で完成です。

シート「検索」のA2:C2に入力した条件で、5行目以降に複数データが表示されます。

まず、IF(COUNTIF(データ!$D$2:$D$10,1)<ROW(データ!$A1),"",・・・で、取得件数以上の行は空白にしています。

INDEXは、INDEX(配列,行番号,列番号)で、配列の中の行番号列番号で指定される要素を返します。

配列=データ!$A$2:$C$10
行番号=SMALL(IF(データ!$D$2:$D$10=1,ROW(データ!$A$2:$A$10)-1),ROW(データ!$A1))
列番号=MATCH(A$4,データ!$A$1:$C$1,0)

配列は、
シート「データ」のデータ範囲です。

行番号は、
SMALL(範囲,順位)で、範囲のなかで指定の順位に小さい値を返します。
また、ROW(データ!$A1)は5行目なら1、6行目はA2になるので2となります。
つまり、シート「データ」のD列が1の中から、1番目、2番目と、順にデータを取得しています。
さらに、IF(データ!$D$2:$D$10=1,・・・の部分が配列を使用していますので、配列数式として入力します。

列番号は、
MATCH(検査値, 検査範囲, 照合の型)で、検査値検査範囲の中で何番目にあるかを返す関数です。
シート「検索」の4行目の項目名でシート「データ」の項目名の位置を探し、その列のデータを取得するようにしています。

単一条件なら、作業列がなくてもできますが、複数条件の場合は、作業列を使用することで、変更しやすくなります。

また、作業列をさらに増やしたりすれば、シート「検索」の数式ももっと簡単にすることができます。

ここでは、いろいろなテクニックの紹介ということで、現実的で、極端に難しくない程度の数式になるようにしています。


ここで使用したエクセルのサンプルです。

はっきり言って、結構面倒です。

オートフィルタで済むならそれに越したことはありません。

また、マクロを使用すれば、さらに細かい指定も可能ですし、保守性も良いと思います。

ただ、関数を組み合わせることで、こんなこともできるという例とお考えください。




同じテーマ「エクセル関数超技」の記事

入力規則のリストを、2段階の絞り込みで作成2
ピポットテーブルの参照範囲を、追加・削除に自動対応で作成
関数を使って行列を入れ替える方法
複数条件で検索し、複数データを取得する方法
関数で銀行型丸め(最近接偶数への丸め)を行う方法
関数で他シートへ並べ替える方法(サンプル:ABC分析)
VLOOKUPを他の関数でやる方法
誕生日一覧から、指定誕生月の人を全員取り出す
徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)
セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)
グラフのデータ範囲を可変にする

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

数値範囲で表検索するVLOOKUP近似一致|エクセル関数超技(10月5日)
エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説(9月8日)
VBAのクラスとは(Class,Property,Get,Let,Set)|VBA技術解説(8月28日)
VBAこれだけは覚えておきたい必須基本例文10|VBA技術解説(8月22日)
VBAの省略可能な記述について|ExcelマクロVBA技術解説(8月11日)
複数条件判定を行う時のコツ|ExcelマクロVBA技術解説(7月11日)
For Next の使い方いろいろ|VBA技術解説(6月14日)
VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
7.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • 複数条件で検索し、複数データを取得する方法

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP