エクセル入門
表示形式.先頭の0を桁数分表示

Excelの初心者向け入門解説
最終更新日:2020-04-22

表示形式.先頭の0を桁数分表示


Excelの標準では数値は先頭の0は表示されません、つまり001は1と表示されます、これを001と表示する方法です。


数値のユーザー定義書式

設定するセルを選択

Ctrl+1 または、右クリックから「セルの書式設定」

表示形式(一番左のタブ)

分類から「ユーザー定義」を選択

「種類」のすぐ下のボックスに
000 ・・・ 表示したい桁数分の0を入力
と入力し、「OK」

エクセル Excel 0を表示

1と入力した場合に、表示形式により

00 ・・・ 01
000 ・・・ 001 00000 ・・・ 00001

このように表示されます。

分類で「文字列」を選択する

表示形式の「分類」で「文字列」を選択することで、入力したままで表示されるようになります。

001と入力すれば、001と表示されます。

ただし、これは数値ではなく、あくまでセルのデータとしては文字列となっています。
計算等に使用する事は可能ですが、
IF関数やVLOOKUP等で判定すると、見た目の数値とは違うものとなり、意図した結果にならない場合があります。
文字列としての101と数値としての101は違うものと判定されます。

先頭に'アポストロフィを付ける

セルに入力する時、先頭に'アポストロフィ(シングルクォーテーション)を付けることで数値を文字列として入力できます。

'001
このように入力すれば、001と表示されます。

先頭の'アポストロフィは、データとしては扱われません。
つまり、データとしては、文字列書式にして入れた001、これと'001は同値となります。



同じテーマ「エクセル入門」の記事

基本操作.検索

セル内の文字列やコメントの文字から、特定の文字が使われているセルを検索します。エクセル機能の[検索と置換]ダイアログボックスの[検索]タブを使用します。以下で掲載している画像は、2020年4月時点のOffice365です。
基本操作.置換
セル内の文字列やコメントの文字から、特定の文字を別の文字に置換します。エクセル機能の[検索と置換]ダイアログボックスの[置換]タブを使用します。以下で掲載している画像は、2020年4月時点のOffice365です。
COUNTIF関数(検索条件に一致するセルの個数)
範囲の中で、指定した条件を満たすセルの個数を数えます。COUNTIF関数の書式 COUNTIF(範囲,条件) 指定した条件を満たすセルの個数を数えます。1つの条件に基づいてのみカウントできます。複数の条件を使用するには、COUNTIFS関数を使います。
表示形式.先頭の0を桁数分表示
ショートカット.Ctrl+F(検索)
[検索と置換]ダイアログボックスの[検索]タブを表示するショートカットです。キー操作 Ctrl+F Ctrlキーを押した状態でFを押下します。機能 上書き保存 [検索と置換]ダイアログボックスの[検索]タブを表示します。
表示形式.ユーザー定義の基礎
「セルの書式設定」の「表示形式」のなかの「ユーザー定義」について、使い方および書式文字列について解説します。ユーザー定義の設定方法 設定するセルを選択 Ctrl+1または、右クリックから「セルの書式設定」表示形式(一番左のタブ) 分類から「ユーザー定義」を選択 「種類」のすぐ下のボックス この種類に入力する文字列が多種多用なものとなります。
表示形式.組み込みの表示形式
エクセルでは、セルに入っている値とは別に、目に見える表示形式を設定できます。Excelに事前に組み込まれている表示形式の使い方を説明します。表示形式の設定方法 設定するセルを選択 右クリックから「セルの書式設定」ショートカットは、Ctrl+1 表示形式(一番左のタブ) 分類から目的の表示形式を選択 分類ごとに、
表示形式.0を表示しない
数値が0の場合に、0と表示せずに空白にする方法です。0を表示しない「セルの書式設定」設定するセルを選択 Ctrl+1または、右クリックから「セルの書式設定」表示形式(一番左のタブ) 分類から「ユーザー定義」を選択 「種類」のすぐ下のボックスに #,### または、# と入力し、「OK」カンマ区切りを使用する場合は、
表示形式.先頭の0を桁数分表示
Excelの標準では数値は先頭の0は表示されません、つまり001は1と表示されます、これを001と表示する方法です。数値のユーザー定義書式 設定するセルを選択 Ctrl+1または、右クリックから「セルの書式設定」表示形式(一番左のタブ) 分類から「ユーザー定義」を選択 「種類」のすぐ下のボックスに 000…表示したい桁数分の0を入力 と入力し、
表示形式.千単位、百万単位
数値(特に金額)の場合、千円単位にしたい場合、つまり、123,456は123と表示する方法です。千単位、百万単位の設定方法 設定するセルを選択 Ctrl+1または、右クリックから「セルの書式設定」表示形式(一番左のタブ) 分類から「ユーザー定義」を選択 「種類」のすぐ下のボックスに 千単位なら #,
表示形式.固定文字を表示する
セルに数値・文字を入れた時に固定の文字を前後に自動で表示する方法です。固定文字を設定する手順 設定するセルを選択 Ctrl+1または、右クリックから「セルの書式設定」表示形式(一番左のタブ) 分類から「ユーザー定義」を選択 「種類」のすぐ下のボックス 上図で「G/標準」と入っているボックスに、以下で説明する文字列を指定します。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

多階層フォルダ(ディレクトリ)の作成|VBAサンプル集(7月31日)
VBAのインデントについて|VBA技術解説(7月16日)
「VBA Match関数の限界」についての誤解|エクセル雑感(7月15日)
省略可能なVariant引数の参照不可をラップ関数で利用|VBA技術解説(7月12日)
100桁の正の整数値の足し算|エクセル雑感(7月9日)
LSetとユーザー定義型のコピー(100桁の足し算)|VBA技術解説(7月9日)
Variant仮引数のByRefとByValの挙動違い|エクセル雑感(7月5日)
Variant仮引数にRange.Valueを配列で渡す方法|エクセル雑感(7月5日)
Variantの数値型と文字列型の比較|エクセル雑感(7月1日)
VBAのVariant型について|VBA技術解説(6月30日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ