Google Apps Script入門 | 第36回.フォルダとファイルを扱う(DriveApp) | Google Apps Script(GAS)の入門解説です



最終更新日:2017-01-24

第36回.フォルダとファイルを扱う(DriveApp)

Google Apps Script で、Googleドライブのファイルやフォルダを扱う場合は、DriveAppクラスを使います。

DriveAppクラスの各種メソッドの戻り値(FolderクラスやFileクラス)のメソッドを使って各種操作を行います。



※以下は、developers.google.comの内容を、Googleで翻訳したものを基に編集作成していますので、日本語のおかしい点があることをご了解ください。

DriveAppクラス

DriveAppクラスのメソッド

方法 戻り値の型 簡単な説明
addFile(child) Folder 指定したファイルをユーザーのドライブのルートに追加します。
addFolder(child) Folder 指定されたフォルダをユーザーのドライブのルートに追加します。
continueFileIterator(continuationToken) FileIterator 直前のイテレータからの継続トークンを使用してファイル反復を再開します。
continueFolderIterator(continuationToken) FolderIterator 直前のイテレータからの継続トークンを使用してフォルダ反復を再開します。
createFile(blob) File 与えられた任意のデータをドライブのルートにファイルを作成します。
createFile(name,content) File 指定された名前と内容で、ユーザーのドライブのルートにテキストファイルを作成します。
createFile(name,content,mimeType) File 指定された名前、内容、およびMIMEタイプを使用して、ユーザーのドライブのルートにファイルを作成します。
createFolder(name) Folder 指定された名前でユーザーのドライブのルートにフォルダを作成します。
getFileById(id) File 指定されたIDを持つファイルを取得します。
getFiles() FileIterator ユーザーのドライブ内のすべてのファイルのコレクションを取得します。
getFilesByName(name) FileIterator 指定された名前を持つユーザーのドライブ内のすべてのファイルのコレクションを取得します。
getFilesByType(mimeType) FileIterator 指定されたMIMEタイプを持つユーザーのドライブ内のすべてのファイルのコレクションを取得します。
getFolderById(id) Folder 指定されたIDを持つフォルダを取得します。
getFolders() FolderIterator ユーザーのドライブ内のすべてのフォルダのコレクションを取得します。
getFoldersByName(name) FolderIterator 指定された名前を持つユーザーのドライブ内のすべてのフォルダーのコレクションを取得します。
getRootFolder() Folder ユーザーのドライブのルートにあるフォルダを取得します。
getStorageLimit() Integer ユーザーがドライブに保存できるバイト数を取得します。
getStorageUsed() Integer ユーザーが現在ドライブに保存しているバイト数を取得します。
getTrashedFiles() FileIterator ユーザーのドライブのゴミ箱にあるすべてのファイルのコレクションを取得します。
getTrashedFolders() FolderIterator ユーザーのドライブのゴミ箱にあるすべてのフォルダのコレクションを取得します。
removeFile(child) Folder 指定したファイルをユーザーのドライブのルートから削除します。
removeFolder(child) Folder 指定されたフォルダをユーザーのドライブのルートから削除します。
searchFiles(params) FileIterator 指定された検索条件に一致するユーザーのドライブ内のすべてのファイルのコレクションを取得します。
searchFolders(params) FolderIterator 指定した検索条件に一致するユーザーのドライブ内のすべてのフォルダーのコレクションを取得します。


Folderクラス

Folderクラスのメソッド

方法 戻り値の型 簡単な説明
addEditor(emailAddress) Folder エディタのリストに与えられたユーザーを追加します。
addEditor(user) Folder エディタのリストに与えられたユーザーを追加します。
addEditors(emailAddresses) Folder 編集者のリストにユーザーの特定の配列を追加します。
addFile(child) Folder 指定したファイルを現在のフォルダに追加します。
addFolder(child) Folder 指定されたフォルダを現在のフォルダに追加します。
addViewer(emailAddress) Folder 視聴者のリストに与えられたユーザーを追加します。
addViewer(user) Folder 視聴者のリストに与えられたユーザーを追加します。
addViewers(emailAddresses) Folder 視聴者のリストにユーザーの特定の配列を追加します。
createFile(blob) File 与えられた任意のデータから現在のフォルダ内のファイルを作成。
createFile(name,content) File 指定された名前と内容で現在のフォルダにテキストファイルを作成します。
createFile(name,content,?mimeType) File 現在のフォルダに、指定された名前、内容、およびMIMEタイプでファイルを作成します。
createFolder(name) Folder 指定された名前のフォルダを現在のフォルダに作成します。
getAccess(email) Permission 指定されたユーザーに付与されたアクセス権を取得します。
getAccess(user) Permission 指定されたユーザーに付与されたアクセス権を取得します。
getDateCreated() Date Folder作成された日付を取得します。
getDescription() String 説明を取得します。
getEditors() User[] 編集者のリストを取得します。
getFiles() FileIterator 現在のフォルダーの子であるすべてのファイルのコレクションを取得します。
getFilesByName(name) FileIterator 現在のフォルダーの子であり、指定された名前を持つすべてのファイルのコレクションを取得します。
getFilesByType(mimeType) FileIterator 現在のフォルダーの子であり、指定されたMIMEタイプを持つすべてのファイルのコレクションを取得します。
getFolders() FolderIterator 現在のフォルダーの子であるすべてのフォルダーのコレクションを取得します。
getFoldersByName(name) FolderIterator 現在のフォルダーの子であり、指定された名前を持つすべてのフォルダーのコレクションを取得します。
getId() String FolderのIDを取得します。
getLastUpdated() Date 日付を取得しますFolder最後に更新されましたが。
getName() String 名前を取得します。
getOwner() User 所有者を取得します。
getParents() FolderIterator 直接の親であるフォルダのコレクションを取得します。
getSharingAccess() Access ユーザーのクラスがアクセスできる取得しFolder、明示的にアクセス権を与えられている任意の個々のユーザーに加えて、。
getSharingPermission() Permission アクセスすることができ、それらのユーザーに付与する権限を取得しますFolderアクセスを明示的に与えられている任意の個々のユーザーのほかに、。
getSize() Integer Folderの格納するために使用されるバイト数を取得します。
getUrl() String 開くために使用できるURLを取得します。
getViewers() User[] 視聴者とのコメンターのリストを取得します。
isShareableByEditors() Boolean インクルードへの編集権限を持つユーザーがいるかどうかを決定しFolder、他のユーザーと共有したり、権限を変更することが許可されています。
isStarred() Boolean ユーザーのドライブで主演しているかどうか。
isTrashed() Boolean ユーザーのドライブのゴミ箱にあるかどうか。
removeEditor(emailAddress) Folder 編集者リストから指定されたユーザーを削除します。
removeEditor(user) Folder 編集者リストから指定されたユーザーを削除します。
removeFile(child) Folder 指定されたファイルを現在のフォルダから削除します。
removeFolder(child) Folder 指定されたフォルダを現在のフォルダから削除します。
removeViewer(emailAddress) Folder 以下のための視聴者と意見提出者のリストから指定されたユーザーを削除しますFolder。
removeViewer(user) Folder 視聴者と意見提出者のリストから指定されたユーザーを削除します。
revokePermissions(user) Folder アクセス権取り消しFolder、特定のユーザーに付与されます。
revokePermissions(user) Folder アクセス権取り消しFolder、特定のユーザーに付与されます。
searchFiles(params) FileIterator 現在のフォルダの子であり、指定された検索条件に一致するすべてのファイルのコレクションを取得します。
searchFolders(params) FolderIterator 現在のフォルダーの子であり、指定された検索条件に一致するすべてのフォルダーのコレクションを取得します。
setDescription(description) Folder 説明を設定します。
setName(name) Folder 名前を設定します。
setOwner(emailAddress) Folder 所有者を変更します。
setOwner(user) Folder 所有者を変更します。
setShareableByEditors(shareable) Folder 編集権限を持つユーザーがいるかどうか、他のユーザーと共有したり、権限を変更することが許可されています。
setSharing(accessType,permissionType) Folder 明示的にアクセス権が与えられた個々のユーザーのほかに、どのクラスのユーザーがFolderにアクセスできるか、およびそのユーザーに許可されるアクセス許可を設定します。
setStarred(starred) Folder ユーザーのドライブで主演されているかかどうかを設定。
setTrashed(trashed) Folder ユーザーのドライブのゴミ箱にあるかどうかを設定。


Fileクラス

Fileクラスのメソッド

方法 戻り値の型 簡単な説明
addCommenter(emailAddress) File コメンターのリストに指定されたユーザーを追加します。
addCommenter(user) File コメンターのリストに指定されたユーザーを追加します。
addCommenters(emailAddresses) File コメンターのリストにユーザーの特定の配列を追加します。
addEditor(emailAddress) File エディタのリストに与えられたユーザーを追加します。
addEditor(user) File エディタのリストに与えられたユーザーを追加します。
addEditors(emailAddresses) File 編集者のリストにユーザーの特定の配列を追加します。
addViewer(emailAddress) File 視聴者のリストに与えられたユーザーを追加します。
addViewer(user) File 視聴者のリストに与えられたユーザーを追加します。
addViewers(emailAddresses) File 視聴者のリストにユーザーの特定の配列を追加します。
getAccess(email) Permission 指定されたユーザーに付与されたアクセス権を取得します。
getAccess(user) Permission 指定されたユーザーに付与されたアクセス権を取得します。
getAs(contentType) Blob このオブジェクト内のデータを、指定されたコンテンツタイプに変換されたBLOBとして返します。
getBlob() Blob このオブジェクト内のデータをblobとして返します。
getDateCreated() Date 作成された日付を取得します。
getDescription() String 説明を取得しますFile。
getDownloadUrl() String ファイルをダウンロードするために使用できるURLを取得します。
getEditors() User[] 編集者のリストを取得します。
getId() String IDを取得しますFile。
getLastUpdated() Date 最後に更新された日付を取得します。
getMimeType() String ファイルのMIMEタイプを取得します。
getName() String 名前を取得します。
getOwner() User 所有者を取得します。
getParents() FolderIterator 直接の親であるフォルダのコレクションを取得しますFile。
getSharingAccess() Access ユーザーのクラスがアクセスできる取得しFile、明示的にアクセス権を与えられている任意の個々のユーザーに加えて、。
getSharingPermission() Permission アクセスすることができ、それらのユーザーに付与する権限を取得しますFileアクセスを明示的に与えられている任意の個々のユーザーのほかに、。
getSize() Integer 格納するために使用されるバイト数を取得しますFileドライブには。
getThumbnail() Blob ファイルのサムネイル画像を取得し、またはnull全くサムネイルが存在しない場合。
getUrl() String ドライブやドキュメントなどのGoogleアプリで開くために使用できるURLを取得します。
getViewers() User[] 視聴者とのコメンターのリストを取得します。
isShareableByEditors() Boolean インクルードへの編集権限を持つユーザーがいるかどうかを決定し、他のユーザーと共有したり、権限を変更することが許可されています。
isStarred() Boolean ユーザーのドライブで主演しているかどうか。
isTrashed() Boolean ユーザーのドライブのゴミ箱にあるかどうか。
makeCopy() File ファイルのコピーを作成します。
makeCopy(destination) File コピー先のディレクトリにファイルのコピーを作成します。
makeCopy(name) File ファイルのコピーを作成し、提供された名前で名前を付けます。
makeCopy(name,destination) File コピー先のディレクトリにファイルのコピーを作成し、提供された名前で名前を付けます。
removeCommenter(emailAddress) File コメンターのリストから指定されたユーザーを削除します。
removeCommenter(user) File コメンターのリストから指定されたユーザーを削除します。
removeEditor(emailAddress) File 編集者リストから指定されたユーザーを削除します。
removeEditor(user) File 編集者リストから指定されたユーザーを削除します。
removeViewer(emailAddress) File 視聴者と意見提出者のリストから指定されたユーザーを削除します。
removeViewer(user) File 視聴者と意見提出者のリストから指定されたユーザーを削除します。
revokePermissions(user) File 特定のユーザーに付与されまたアクセス権取り消します。
setContent(content) File 指定された置換えでファイルの内容を上書きします。
setDescription(description) File 説明を設定します。
setName(name) File 名前を設定します。
setOwner(emailAddress) File 所有者を変更します。
setOwner(user) File 所有者を変更します。
setShareableByEditors(shareable) File ファイルに対する編集権限を持つユーザーが他のユーザーと共有したり、アクセス許可を変更できるようにするかどうかを設定します。
setSharing(accessType,permissionType) File 明示的にアクセス権が与えられた個々のユーザーのほかに、ファイルにアクセスできるユーザーのクラスと、そのユーザーが許可されているアクセス許可を設定します。
setStarred(starred) File ユーザーのドライブで主演されているかどうか。
setTrashed(trashed) File ユーザーのドライブのゴミ箱にあるかどうか。


FolderIteratorクラス

FolderIteratorクラスのメソッド

方法 戻り値の型 簡単な説明
getContinuationToken() String この繰り返しを後で再開するために使用できるトークンを取得します。
hasNext() Boolean 呼び出すかどうかを決定しnext()た項目を返します。
next() Folder ファイルまたはフォルダのコレクション内の次のアイテムを取得します。


FileIteratorクラス

FileIteratorクラスのメソッド

方法 戻り値の型 簡単な説明
getContinuationToken() String この繰り返しを後で再開するために使用できるトークンを取得します。
hasNext() Boolean 呼び出すかどうかを決定しnext()た項目を返します。
next() File ファイルまたはフォルダのコレクション内の次のアイテムを取得します。


次回以降に、具体的な使用方法と、参考スクリプトを掲載し解説ます。
太字は、次回以降で使用しているメソッドです。




同じテーマ「Google Apps Script入門」の記事

第31回.入力規則
第32回.グラフ
第33回.表示の固定
第34回.シート保護
第35回.スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには
第37回.フォルダの一覧取得・作成・削除(Folder)
第38回.ファイルの一覧取得・削除(File)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)
ファイルの一覧取得・削除(File)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダの一覧取得・作成・削除(Folder)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダとファイルを扱う(DriveApp)|Google Apps Script入門(1月24日)
スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)
画像のトリミング(PictureFormat,Crop)|ExcelマクロVBAサンプル集(12月27日)
シート保護|Google Apps Script入門(12月24日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • フォルダとファイルを扱う(DriveApp)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP