Google Apps Script入門 | 第38回.ファイルの一覧取得・削除(File) | Google Apps Script(GAS)の入門解説です



最終更新日:2017-01-24

第38回.ファイルの一覧取得・削除(File)

Google Apps Script で、フォルダ内のファイル一覧を取得したり、

フォルダ内にファイルを作ったり削除したりするスクリプトの書き方を解説します。

使用するクラスは、

DriveApp
Folder
File
FolderIterator
FileIterator

これらのメソッドを使います。



root直下のファイル一覧(サブフォルダは対象外)

function mySample38_1() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var id = DriveApp.getRootFolder().getId(); //rootフォルダ
  var folder = DriveApp.getFolderById(id)
  var files = folder.getFiles() //ファイル一覧
  var i = 0 //ファイルを格納する行位置
  sheet.clear() //シートをクリア
  while(files.hasNext()){
    //シートにファイル名称とIdを出力
    i++
    var file = files.next();
    sheet.getRange(i, 1).setValue(file.getName());
    sheet.getRange(i, 2).setValue(file.getId());
  }
}

A列にファイル名、B列にファイルIDを出力しています。

rootフォルダ以下の、全ファイルを取得し、シートに出力しています。
サブフォルダは検索していません。
概ねそのまま使えますが、
最初のrootを指定フォルダにすれば、そのフォルダ以下のファイルを取得できます。
また、出力先をシートではなく配列にする等の変更を適宜変更してお使いください。


root以下の全ファイル一覧(サブフォルダも対象)と

function mySample38_2() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var root = DriveApp.getRootFolder()
  var key = root.getId(); //rootフォルダ
  var name = ""
  var i = 0 //フォルダを処理する行位置
  var j = 0 //サブフォルダを処理する行位置
  var folderlist = new Array(); //フォルダ一覧格納配列
  folderlist.push([root,key]);
  i++;
  do {
    //フォルダ一覧を取得
    var folders = DriveApp.searchFolders("'"+key+"' in parents");
    //フォルダ一覧からフォルダを順に取り出す
    while(folders.hasNext()){
      //配列にフォルダ名称とIdを出力
      var folder = folders.next();
      var temparray = new Array();
      temparray.push(name + folder.getName());
      temparray.push(folder.getId());
      folderlist.push(temparray);
      i++;
    }
    //シートからフォルダを取得し次へ
    if (j < i) {
      name = folderlist[j][0] + " > ";
      key = folderlist[j][1];
    }
    j++;
  } while (j <= i); //処理するフォルダがなくなるまで
  sheet.clear() //シートをクリア
  j = 1 //シートへの出力行
  for (i=0; i<=folderlist.length-1; i++) {
    var key = DriveApp.getFolderById(folderlist[i][1]).getId();
    //var files = DriveApp.searchFiles("mimeType = 'application/vnd.google-apps.spreadsheet' and '"+key+"' in parents");
    var files = DriveApp.searchFiles("'"+key+"' in parents");
    while(files.hasNext()){
      var file = files.next();
      sheet.getRange(j, 1).setValue(folderlist[i][0]);
      sheet.getRange(j, 2).setValue(folderlist[i][1]);
      sheet.getRange(j, 3).setValue(file.getName());
      sheet.getRange(j, 4).setValue(file.getId());
      j++;
    }
  }
}

A列にフォルダ名、B列にフォルダID、C列にファイル名、D列にファイルIDを出力しています。

rootフォルダ以下の、全サブフォルダ全ファイルを取得し、シートに出力しています。
フォルダの一覧は、配列に入れて処理しています。
概ねそのまま使えますが、
最初のrootを指定フォルダにすれば、そのフォルダ以下のファイルを取得できます。
また、出力先をシートではなく配列にする等の変更を適宜変更してお使いください。

ファイルを削除

function mySample38_3() {
  var files = DriveApp.getFilesByName("test1")
  if (files.hasNext()) {
   var file = files.next();
   file.setTrashed(true) //ごみ箱へ
  }
}

"test1"ファイルを全て削除しています。


ファイル一覧の取得は、
スプレッドシートが増えてきたり、複数人で別のスプレッドシートを保存し、それを集めたりと言ったときには必須になります。




同じテーマ「Google Apps Script入門」の記事

第31回.入力規則
第32回.グラフ
第33回.表示の固定
第34回.シート保護
第35回.スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには
第36回.フォルダとファイルを扱う(DriveApp)
第37回.フォルダの一覧取得・作成・削除(Folder)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)
ファイルの一覧取得・削除(File)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダの一覧取得・作成・削除(Folder)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダとファイルを扱う(DriveApp)|Google Apps Script入門(1月24日)
スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)
画像のトリミング(PictureFormat,Crop)|ExcelマクロVBAサンプル集(12月27日)
シート保護|Google Apps Script入門(12月24日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • ファイルの一覧取得・削除(File)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP