エクセル雑感 | Excelのリンクの管理について | ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感



最終更新日:2016-05-27

Excelのリンクの管理について

Excelファイルの入っているフォルダごと移動した時に、リンク切れを起こして困っていることが多いようです、

そもそもExcelのリンクは、相対参照なのか絶対参照なのかといった根本から考えておかないと、このような事態になってしまいます。

他のブックを参照する数式を入れたとき、
その参照は、相対参照・絶対参照のどちらで格納されているのかという事です。


詳細の解説は、以下のページに記載されています。
少し古い記事ですが、ずっと変わっていないExcelの仕様なはずです。

Microsoftのサポートページ
Excelのリンクの管理と格納について

さすがに、難しい日本語で・・・
何言ってるか分からん・・・
と言う感じなので、基本部分について解説します。

Cドライブの直下に、
TEST
というフォルダがあり、
その中に、
TestBook.xlsx
サブフォルダが、
TEST1
TEST2
そして、
TEST1
の中に、
TestBook1.xlsx
TEST2
の中に、
TestBook2.xlsx

やはり、文章では分かりづらいですね。
以下のような構成です。

C:\TEST
┣TestBook.xlsx
┣TEST1
┃┣TestBook11.xlsx
┃┗TestBook12.xlsx
┗TEST2
 ┗TestBook21.xlsx

・TestBook11.xlsxとTestBook12.xlsx
この二つの間のリンクは、ファイル名だけが保存されているので、
フォルダが変わっても問題ありません。
TEST1の名前を変更しようが、別の場所に移動しようが、
TestBook11.xlsxとTestBook12.xlsxが同一フォルダに入っていれば大丈夫です。
また、
TestBook11.xlsxとTestBook12.xlsxのどちらかを、
別のフォルダ、
TEST2
に移動しても、リンクは保たれます。

・TestBook21.xlsxとTestBook11.xlsx

この二つの間のリンクは、入っているフォルダ名とファイル名が保存されているので、
参照しているフォルダが変わらなければ、自信のフォルダが変わっても問題ありません。
例えば、
TestBook21.xlsxで、TestBook11.xlsxを参照しているとき、
TEST1のパスさえ変わらなければリンクは保たれます。
しかし、TEST1のパスが変わってしまうとリンク切れになります。
フォルダ名ではなくパスです。
ドライブからのフルパスが変わってしまうとリンク切れになります。
これは、以下の場合と同様の事です。

・TestBook.xlsxと他のブック

結論から言いますと、
C:\TEST
これを変更すると、リンク切れを起こします。

これは、
TestBook.xlsxから他への参照も、他からTestBook.xlsxへの参照も同じで、
C:\TESTを変更するとリンク切れになります。
他のPCに移動してもC:\TESTが同じなら問題ありません。
しかし、
他のPCに移動した時、同じフォルダ構成と言うのはこんなんな場合が多いです。
例えばデスクトップなどは、もうどうしようもありませんよね。


実務上での結論を言えば、
他のフォルダへのリンクは使ってはいけないという事です。

どうしても必要なら、使用する全てのPCにおいて、
ドライブからのフォルダ構成を全く同一に作成しておくことです。
業務システムなら、そういう構成での使用もありです。
ただし、絶対にフォルダは変更できないことを肝に銘じておくことです。
ハードは壊れる事を前提に考えて、PCの入れ替え等の場合をあらかじめ考慮しておいてください。




同じテーマ「エクセル雑感」の記事

プログラミングとは
「ネ申Excel」問題 への同意と反論
「Excel3ステップ理論」3階層システムの応用
「ポケモンを確実に見つける方法」をExcelで数学してみた
エクセルのマクロで何ができるか?
エクセル関連ツイート
プログラミングについて

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集



  • >
  • >
  • >
  • Excelのリンクの管理について

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP