ExcelマクロVBA入門 | 第18回.最終行の取得(End,Rows.Count) | Excelマクロの基礎と応用、エクセルVBAの入門・初級・初心者向け解説



最終更新日:2016-09-21

第18回.最終行の取得(End,Rows.Count)


Excelワークシートにおける表の最終行の取得は、必須技術になります、

エクセルは表計算ソフトです、つまり縦横の表を扱います、

データは横に項目があり、縦に項目に対するデータが入っている事が一般的です。

しかし、そのデータ行数は決まった行数ではない事が普通です。


データは増えたり減ったりするものです。

そして、マクロでは、表の全行に対して処理することが普通です。

しかし、表の全行に対して処理する為には、データの最終行が分からないと、
毎回、最終行の数値を変更しなければならなくなり、そんな面倒な事はしてられません。

では、最終行はどのように取得すればよいでしょうか。

以下の表で説明します。



マクロでは、A2〜A11まで処理したいですよね。

そして、この行数が増えても、マクロは変更すること無く使えるようにしたいです。

手操作で、A列の最終行に移動する場合は、
A1セルが選択されている状態で、

Ctrl + ↓

これで、A11に移動できます。
これをマクロで書くと、

Cells(1, 1).End(xlDown)

になります。

しかし、途中に空欄のセルがある場合、



この場合は、Ctrl + ↓ではA6セルになってしまいます。

この場合は、一旦一下(シートの一番下)のセルに移動してから、

Ctrl + ↑

とやれば、A11に移動できます。

これをマクロで書くと、

Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp)

になります。

Rows.Count

は、シートの行数になります。

2007以降なら1048576です、2003なら65536です。

つまり、シートのA列の最終行から、上に向かって、Ctrl+↑で移動している訳です。

このEndは、Rangeオブジェクトのプロパティで、Rangeオブジェクトを返します
(下で説明)

Endプロパティについて
構文は、
End(Direction)


Directionは、 xlDown : 下へ
xlToLeft : 左へ
xlToRight : 右へ
xlUp : 上へ


ただし、
Cells(1, 1).End(xlDown)

Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp)

これは、最期のセルを表しています、つまり最期のセルのRangeオブジェクトになります。

その行数(行位置)を取得するには、

Cells(1, 1).End(xlDown).RowCells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row

このように、.Rowを指定します。

これで、データの最後の行数を取得できます。

この、.Rowは、Rangeオブジェクトのプロパティで、その行位置を返します。

上記例なら、11が返されます。

返されるとは、つまりは、
Cells(1, 1).End(xlDown).Row11と同じだと言う事です。

とにかく、最終行を取得する場合は、

まずは

Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row

または

Cells(1, 1).End(xlDown).Row

これは、定型文として丸暗記して下さい。


EndプロパティがRangeオブジェクトを返す。

プロパティは、オブジェクトの属性
のような説明をしてきました。

そのプロパティがオブジェクトを返す
ちょっと解りずらいと思います。

ただ、これを詳しく説明するのは、非常に多くの事を説明しなければなりません。

今は、プロパティには、値の設定・取得をするものと
オブジェクトを返すプロパティがあると言う事だけ知っておいて下さい。


最終行に関する別ページ
最終行・最終列の取得方法(End,CurrentRegion,SpecialCells,UsedRange)




同じテーマ「ExcelマクロVBA入門」の記事

第19回.総合練習問題1
第20回.条件分岐(IF)
第21回.条件分岐(ElseIf)
第22回.条件分岐(Select Case)
第23回.メッセージボックス(MsgBox関数)
第24回.インプットボックス(InputBox関数)
第25回.名前付き引数について

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(3月26日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
4.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 最終行の取得(End,Rows.Count)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP