Excelリファレンス | Excelショートカットキー一覧 | エクセルの各種一覧、Excelリファレンス



最終更新日:2016-12-18

Excelショートカットキー一覧


Excel作業を効率化するショートカットキーの一覧と、必須ショートカットの詳細解説です、

ショートカットは画面や選択状態により変化しますので注意して下さい。


ファイル・・・9
ウインドウ・・・11
シート・・・8
印刷・・・3
コピー/貼付・・・12
検索/置換・・・6
選択・・・21
移動・・・4
挿入/削除・・・2
元に戻す/繰り返す・・・4
入力・・・5
編集・・・2
書式・・・24
表示/非表示・・・6
関数・・・5
再計算・・・3
名前定義・・・2
マクロ・・・2
その他・・・6

分類は都合上決めたものなので、一般的な決まりではありません。

太字はリンク付きは、詳細解説ページがあります。

ファイル
Ctrl + O ファイルを開く
Ctrl + N ファイルの新規作成
Ctrl + S 上書き保存する
Ctrl + F12 ファイルを開く
Shift + F12 上書き保存する
Alt + Shift + F2 上書き保存する
F12 名前を付けて保存する
Alt + F2 名前を付けて保存する
Alt + F4 アプリケーションを終了する
ウインドウ
Ctrl + W 選択したブック ウィンドウを閉じる
Ctrl + F4 ウィンドウを閉じる
Ctrl + F5 ウィンドウのサイズを元に戻す
Ctrl + F6 次のブックウィンドウに移動する
Ctrl + Shift + F6 前のブック ウィンドウに移動する
Ctrl + F7 ブック ウィンドウのコントロール メニューの [移動] を選択する
Ctrl + F8 ウィンドウのサイズを変更する
Ctrl + F9 ブック ウィンドウを最小化する
Ctrl + F10 ブック ウィンドウを最大化または元のサイズにする
Ctrl + TAB 次のブックまたはウィンドウに移動する
Ctrl + Shift + TAB 前のブックまたはウィンドウに移動する
シート
F11 新規グラフ シートを挿入する
Shift + F11 新規ワークシートを挿入する
Alt + Shift + F1 新規ワークシートを挿入する
Alt + F1 グラフ シートを挿入する
Ctrl + PageUp ブック内の前のシートをアクティブにする
Ctrl + PageDown ブック内の次のシートをアクティブにする
Ctrl + Shift + PageUp ブックの現在のシートと前のシートを選択する
Ctrl + Shift + PageDown ブックの現在のシートと次のシートを選択する
印刷
Ctrl + P 印刷
Ctrl + Shift + F12 印刷
Ctrl + F2 印刷プレビューウィンドウの表示(2007以降)
コピー/貼付
Ctrl + X 選択範囲を切り取る
Ctrl + C 選択範囲をコピーする
Ctrl + V コピーまたは切り取った範囲を貼り付ける
Ctrl + Alt + V 「形式を選択して貼り付け」ダイアログの表示(2007以降)
Ctrl + Insert Ctrl + C に同じ
Shift + Insert Ctrl + V に同じ
Shift + Delete Ctrl + X に同じ
Alt + Backspace Ctrl + Z に同じ
Ctrl + R 選択範囲内で右方向のセルにコピーする
Ctrl + D 選択範囲内で下方向のセルにコピーする
Ctrl + Shift + . (>) 選択範囲内で右方向のセルにコピーする
Ctrl + Shift + , (<) 選択範囲内で下方向のセルにコピーする
検索/置換
Ctrl + F 検索
Ctrl + H 置換
Ctrl + G ジャンプ
F5 ジャンプ
Shift + F4 直前の [検索] コマンドを繰り返す
Shift + F5 検索
選択
Ctrl + A ワークシート全体を選択する
Shift + Space 選択範囲を行全体に拡張する
Ctrl + Space 選択範囲を列全体に拡張する
Shift + 方向キー 選択範囲を拡張する
Ctrl + Shift + 方向キー データが入力されている範囲の先頭行、末尾行、左端列、または右端列まで選択範囲を拡張する
Ctrl + Shift + Home 選択範囲をワークシートの先頭のセルまで拡張する
Ctrl + Shift + End 選択範囲をデータが入力されている範囲の右下隅のセルまで拡張する
Ctrl + Shift + O コメントがあるすべてのセルを選択する
Ctrl + Shift + : (*) アクティブ セル領域 (アクティブ セルを含み、空白の行と列で囲まれているデータ領域) を選択する
Shift + Home 選択範囲を行の先頭まで拡張する
Shift + PageUp 選択範囲を 1 画面上まで拡張する
Shift + PageDown 選択範囲を 1 画面下まで拡張する
Shift + Backspace 範囲の選択を解除し、アクティブ セルだけを選択する
Ctrl + Shift + [ ({) 選択範囲の数式が直接または間接的に参照するすべてのセルを選択する
Ctrl + Shift + ] (}) 選択範囲のセルを直接または間接的に参照する数式が入力されたすべてのセルを選択する
Ctrl + [ ({) 選択範囲の数式が直接参照するセルを選択する
Ctrl + ] (}) 選択範囲のセルを直接参照する数式が入力されたセルを選択する
F8 選択範囲を拡張または解除できるようにする (拡張モードのオンとオフを切り替える)
Shift + F8 選択範囲を追加する
Ctrl + Shift + Space オブジェクトが 1 つ選択されているとき、シートにあるすべてのオブジェクトを選択する
Alt + ; 可視セルのみ選択
移動
Ctrl + 方向キー データ範囲の先頭行、末尾行、左端列、または右端列に移動する
Ctrl + Home ワークシートの先頭に移動する
Ctrl + End データが入力されている範囲の右下隅のセルに移動する
Ctrl + Backspace アクティブ セルが表示されるまでスクロールする
挿入/削除
Ctrl + - 選択範囲のセルを削除する
Ctrl + Shift + ; (+) セルを挿入する
元に戻す/繰り返す
Ctrl + Z 直前の操作の実行結果を元に戻す
Ctrl + Y 直前の操作を繰り返す
F4 直前の操作を繰り返す
Alt + Enter 直前の操作を繰り返す
入力
Ctrl + Enter 選択したセル範囲に、アクティブ セルと同じ値を入力する
Alt + Enter セル内で改行する(セル編集中の場合)
Ctrl + ; 現在の日付を入力する
Ctrl + : 現在の時刻を入力する
Ctrl + K ハイパーリンクを挿入する
編集
F2 アクティブ セルを編集する
Shift + F2 セルのコメントを編集する
書式
Ctrl + 1 [セルの書式設定] ダイアログ ボックスを表示する
Ctrl + 2 太字の書式の設定と解除を切り替える
Ctrl + 3 斜体の書式の設定と解除を切り替える
Ctrl + 4 下線の設定と解除を切り替える
Ctrl + 5 取り消し線の設定と解除を切り替える
Ctrl + 7 [標準] ツールバーの表示と非表示を切り替える
Ctrl + ^ [指数] 表示形式 (小数点以下の桁数 2) を設定する
Ctrl + @ [時刻] 表示形式 (hh:mm、24 時間表示) を設定する
Ctrl + Shift + 1 桁区切りの表示形式を設定する
Ctrl + Shift + 2 アクティブ セルの 1 つ上のセルの数式を、アクティブ セルまたは数式バーにコピーする
Ctrl + Shift + 3 [日付] 表示形式 (yyyy/mm/dd) を設定する
Ctrl + Shift + 4 [通貨] 表示形式 (\-1,234) を設定する
Ctrl + Shift + 5 [パーセンテージ] 表示形式 (小数点以下の桁数 0) を設定する
Ctrl + Shift + 6 外枠の罫線を設定する
Ctrl + Shift + 7 アクティブ セルの 1 つ上のセルの数式を、アクティブ セルまたは数式バーにコピーする
Ctrl + Shift + ~(^) 標準の表示形式に設定する
Ctrl + Shift + @ セルの数式と計算結果の表示を切り替える
Ctrl + Shift + _ 罫線を削除する
Ctrl + I 斜体の書式の設定と解除を切り替える
Ctrl + B 太字の書式の設定と解除を切り替える
Ctrl + J 「セルの書式設定」の「表示形式」「ユーザー定義」で、「種類(T)」の表示形式中にセル内改行を指定する
Ctrl + U 下線の設定と解除を切り替える
Ctrl + Alt + TAB セル書式の横位置を「左詰(インデント)」にし、押すごとにインデント数を+1する
Ctrl + Alt + Shift + TAB Ctrl + Alt + Shift + TAB で押すごとにインデント数を−1する
表示/非表示
Ctrl + 9 行(アウトライン)を非表示にする
Ctrl + 0 列(アウトライン)を非表示にする
Ctrl + Shift + 9 非表示の行(アウトライン)を表示する
Ctrl + Shift + 0 非表示の列(アウトライン)を表示する
Ctrl + 6 オブジェクトの表示、非表示、および位置のみの表示を切り替える
Ctrl + F1 リボンの表示と非表示の切り替え(2007以降)
関数
Alt + Shift + = SUM 関数を挿入する
Ctrl + Shift + Enter 数式を配列数式として入力する
Shift + F3 関数の挿入
Ctrl + A 数式に関数名が入力されている場合、数式パレットを表示する
Ctrl + Shift + A 数式に関数名が入力されている場合、その関数の引数名を( )で挿入する
再計算
F9 開いているブックのすべてのシートのデータを計算する
Shift + F9 作業中のシートのデータを計算する
Ctrl + Alt + F9 Ctrl + Alt + F9 でアクティブなブックのすべてのシートを計算する
名前定義
Ctrl + F3 名前の定義
Ctrl + Shift + F3 名前の作成
マクロ
Alt + F8 マクロ
Alt + F11 Visual Basic Editor を起動する
その他
F1 オンライン ヘルプ、またはOfficeアシスタント
F7 スペル チェック
F10 メニューバーをアクティブにする
Shift + F10 ショートカット メニューを表示する
Alt + Shift + 7 スタイル
Ctrl + Shift + L フィルターを適用する





同じテーマ「Excelリファレンス」の記事

Excelワークシート関数一覧
日本の祝日一覧
Excel学習とアプリ
エクセル厳選リンク
エクセル書籍、Excel本
エクセルTechNet情報

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門



  • >
  • >
  • >
  • Excelショートカットキー一覧

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    ↑ PAGE TOP