Google Apps Script入門 | 第11回.条件で処理を変える(条件分岐,switch) | Google Apps Script(GAS)の入門解説です



最終更新日:2016-10-10

第11回.条件で処理を変える(条件分岐,switch)

条件分岐のifは2分岐です、trueかfalseかです、

多分岐(多肢選択)の場合は、if〜else ifを使いますが、

別の書き方として、switch文があります。


前回使用した、以下の表で条件分岐を具体例を説明します。

やることは、

G列クラス合計点が250以上なら"A"、230以上なら"B"、210以上なら"C"




先に完成コードをお見せします。

完成コード

if...else ifを使用、前回のコード
function sample11_3() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet()
  var lastRow,total
  lastRow = getLastRow(sheet,1)
  for (var i=2; i<=lastRow; i++) {
    total = sheet.getRange(i, 4).getValue()
    if (total >= 250) {
      sheet.getRange(i, 7).setValue("A")
    } else if (total >= 230) {
      sheet.getRange(i, 7).setValue("B")
    } else if (total >= 210) {
      sheet.getRange(i, 7).setValue("C")
    } else {
      sheet.getRange(i, 7).setValue("")
    }
  }
}

switch文を使用
function sample11_4() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet()
  var lastRow,total
  lastRow = getLastRow(sheet,1)
  for (var i=2; i<=lastRow; i++) {
    total = sheet.getRange(i, 4).getValue()
    switch (true) {
      case total >= 250:
        sheet.getRange(i, 7).setValue("A")
        break
      case total >= 230:
        sheet.getRange(i, 7).setValue("B")
        break
      case total >= 210:
        sheet.getRange(i, 7).setValue("C")
        break
      default:
        sheet.getRange(i, 7).clearContent()
        break
    }
  }
}


switch文の説明

switch (式) {
 case 値1:
  ステートメント1
  break
 case 値2:
  ステートメント2
  break
 ・・・
 default:
  ステートメント3
  break
}


式と値1が一致していれば、ステートメント1を実行
式と値2が一致していれば、ステートメント2を実行
・・・同様に、値を複数件設定できます。
上記以外の時、ステートメント3を実行
ステートメントは、複数行書くこともできます、また、省略することもできます。

break
これが無いと、値が一致してステートメントが実行された後、
その下の、他の値のステートメントも実行されてしまいます。
つまり、一致する値のcaseに飛んで、それ以降を実行するのがswitch文です。

※VBA経験者
VBAのSelect Caseとは、大分機能が違います。
caseにおいて、大小比較や、複数の値の指定等は出来ません。
VBAでは、Select Caseの使用が推奨される場合が多いですが、
GAS(つまりは、JavaScript)においては、switch文の使用は限定的になります。


if〜else ifとの使い分けに決まりはありません。
そして、
switch (true) {
を使えば、どんな条件も書くことはできます。
このtrueの使用は、ちょっと上級の使い方にはなりますが、
是非覚えておくと、非常に便利な場合があります。




同じテーマ「Google Apps Script入門」の記事

第12回.表範囲をまとめて消去する
第13回.セルに書式を設定する
第14回.複数のシートを扱う
第15回.複数のスプレッドシートを扱う
第16回.Google Apps Scriptの文法
第17回.JavaScript リファレンス
第18回.組み込み関数を使う

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
4.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
10.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集



  • >
  • >
  • >
  • 条件で処理を変える(条件分岐,switch)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP