Google Apps Script入門 | 第14回.複数のシートを扱う | Google Apps Script(GAS)の入門解説です



最終更新日:2016-10-28

第14回.複数のシートを扱う

スプレッドシートを使っていて、一つのシートで済むことはむしろ少ないと思います、

Google Apps Scriptで、複数のシートを扱う時のスクリプトの書き方になります。


シートは以下のように、
シート1
シート2
の二つがあるとして、
シート1がアクティブ、つまりシート1を選択している状態で、
解説を進めます。




今までは、アクティブシートのみ扱ってきました。
var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet()
これで、アクティブシートを取得していましたが、
この部分から根本的に書き方が変わります。

いきなり、シートを取得するのではなく、
まずは、
アクティブなスプレッドシート(ブック)を取得します。
var ash = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet()
これで取得しているのは、あくまで、アクティブなスプレッドシート(ブック)になります。
そのブックの中にあるシートを取得するという事です。


シート名でシートを取得

「シート2」のA1セルに値を入れる。
function sample14_1() {
  var ash = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet()
  var sheet = ash.getSheetByName("シート2")
  sheet.getRange(1, 1).setValue("やあ")
}
アクティブなスプレッドシート(ブック)を
var ash = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet()
これで取得し、
その、アクティブなスプレッドシート(ブック)内の、
"シート2"というシートを、
var sheet = ash.getSheetByName("シート2")
これで取得しています。


インデックスでシートを取得

2番目のシートのA2セルに値を入れる。
function sample14_2() {
  var ash = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet()
  var sheet = ash.getSheets()[1]
  sheet.getRange(2, 1).setValue("ども")
}
function sample14_3() {
  var ash = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet()
  var sheets = ash.getSheets()
  sheets[1].getRange(3, 1).setValue("はい")
}
シートのインデックスは、0から始まります。
つまり、1番目のシートが0、2番目のシートが1になります。
インデックスは、[インデックス]のように、[]で記述します。
※Excelでは、1から始まり、()で記述しますので、要注意です。

2つのスクリプトは、どちらでも同じです。
前者は、
var sheet = ash.getSheets()[1]
これで、2番目のシートをいきなり取得しています。
後者は、
var sheets = ash.getSheets()
これで、シート全部(ここでは2つのシート)を取得し、
sheets[1]
この指定で、全シートの中の2番目のシートを取得しています。


シート数を取得

function sample14_4() {
  var ash = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet()
  var i = ash.getSheets().length
  Browser.msgBox(i)
}
アクティブなスプレッドシート(ブック)を
var ash = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet()
これで取得し、
その、アクティブなスプレッドシート(ブック)の中にあるシート数を
.length
で取得しています。


全シートを処理する

全シートのA1セルにシート名を入れる。
function sample14_5() {
  var ash = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet()
  var sheets = ash.getSheets()
  for (i = 0; i < ash.getSheets().length; i++) {
    sheets[i].getRange(1, 1).setValue(sheets[i].getName())
  }
}
forで、0から、シート数 - 1 まで順に処理します。
※ゆくゆくは、for eachでの処理を掲載していきます。
forのループのなかで、sheets[i]でシートを特定しています。


複数シートを扱う事は、スプレッドシートを扱う上で必須になります。
シート指定は、基本になりますので、しっかりと覚えて下さい。




同じテーマ「Google Apps Script入門」の記事

第15回.複数のスプレッドシートを扱う
第16回.Google Apps Scriptの文法
第17回.JavaScript リファレンス
第18回.組み込み関数を使う
第19回.いろいろな繰り返し処理
第20回.エラー処理(try・・・catch)
第21回.配列って何なんだ?

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 複数のシートを扱う

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    ↑ PAGE TOP