ExcelマクロVBA技術解説 | ScreenUpdating=False時にエラー停止後にシートが固まったら | Excelマクロの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説



最終更新日:2017-11-21

ScreenUpdating=False時にエラー停止後にシートが固まったら

マクロVBAでは、処理の高速化や画面チラつきを防ぐために、
Application.ScreenUpdating = False
これを入れていることが多いと思います。

これが入っていると、マクロVBAがエラーで停止して、そこで「リセット」した場合に、
Excelシートをクリック出来なくなったり、シートタブの切り替えができなくなってしまう場合があります。

必ずこのような状態になるわけではなく、ある程度大きなマクロVBAの時にはなりやすいといった感じです。

原因としては、
Application.ScreenUpdating = True
これが行われないことによるわけですが、
そもそも通常は、マクロ停止時に自動的にTrueに戻るはずなのですが、これが戻らない場合があるという事になります。

複数ブックを開いているような場合は、
マウスクリックでブックの切り替えをしていると戻る場合もありますが、確実に戻るわけではありません。
そこで、こまような状態になってしまった場合は、
Application.ScreenUpdating = True
これを実行すれば良いことになります。

では、これをどうやって実行するかという事になりますが、
そもそもマクロ作成時に、マクロ終了処理のプロシージャーを作っておく事をお勧めします。

Sub マクロ終了()
  Application.StatusBar = False          'ステータスバーを消す
  Application.Calculation = xlCalculationAutomatic '計算を自動に
  Application.DisplayAlerts = True        '確認メッセージを開始
  Application.EnableEvents = True         'イベントを開始
  Application.ScreenUpdating = True       '画面描画を開始
End Sub


戻すApplicationのプロパティは、適宜変更してください。
このようにマクロが作ってあれば、これを実行すればそれで済みます。
このようなプロシージャーがあればそれで問題ありませんが、無かった場合はどうするかです。

イミディエイト ウィンドウを使いましょう!
イミディエイトで、
Application.ScreenUpdating = True
これを入力してEnterすればよいのです。
上のコードは、入力補助を使ったので、先頭が大文字になっていますが、
application.screenUpdating=true
このようにベタ打ちでも構いません。
ですが、余程タイピングに自身があれば別ですが、Ctrl+Spaceから入力補助を使った方が早いでしょうね。


入力補助について

Ctrl+Spaceを押すと、その時点で入力できるコードが候補表示されます。
行の先頭なら、全てが表示されることになります。
そして、オブジェクトに続けて.(ピリオド)を入力すると、自動メンバー表示されます。
ただし、「ツール」→「オプション」で「自動メンバー表示」にチェックがついていることが必要です。
このような入力補助を使うと、
Application.ScreenUpdating = True
これを入力するには、
Ctrl+Space
ap

Tab
.s
Tab
=t
Enter
このようなタイピングで入力が完了します。



イミディエイト ウィドウ

イミディエイト ウィドウは以下のような場合に使用します。

・記述したコードを実行する
・プロシージャを呼び出す
・プログラム実行中に、変数の値を調べたり値を代入する
・プログラム実行中に、プロパティの値を調べたり変更したりする
・プログラム実行中に、デバッグ情報の出力を表示する

値を調べる場合は、?に続けて、変数やプロパティを入力してEnterします。
コードを実行する場合は、そのままVBAコードを入力してEnterします。



Application.ScreenUpdating = Falseについての注意点

グラフ、画像、オートシェイプ等を扱う場合は、
Application.ScreenUpdating = False
になっていると、意図した結果にならない場合が結構あります。
そのような場合は、
対象シートをアクティブにして、
Application.ScreenUpdating = True
この状態になるようにマクロVBAでコード記述してやると、問題の多くが解決することが多いです。





同じテーマ「ExcelマクロVBA技術解説」の記事

ExecuteExcel4Macroについて
再帰呼出しについて(再帰プロシージャー)
リボンを非表示、2003以前ならメニューを非表示
Excelのバージョンを判断して「名前を付けて保存」
印刷ページ設定の余白をセンチで指定する(CentimetersToPoints)
入力規則のドロップダウンが消えてしまうマクロ(Shapes内のDrop Down)
フォルダー・ファイル(ブック)・シートの文字制限

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

大量VlookupをVBAで高速に処理する方法について|ExcelマクロVBA技術解説(12月12日)
オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう|ExcelマクロVBAサンプル集(11月26日)
ScreenUpdating=False時にエラー停止後にシートが固まったら|ExcelマクロVBA技術解説(11月21日)
データクレンジングと名寄せ|ExcelマクロVBA技術解説(10月20日)
SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い分け方|ExcelマクロVBA入門
3.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
6.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
9.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • ScreenUpdating=False時にエラー停止後にシートが固まったら

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP