ExcelマクロVBA技術解説
ScreenUpdating=False時にエラー停止後にシートが固まったら

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説
最終更新日:2017-11-21

ScreenUpdating=False時にエラー停止後にシートが固まったら

マクロVBAでは、処理の高速化や画面チラつきを防ぐために、
Application.ScreenUpdating = False
これを入れていることが多いと思います。


これが入っていると、マクロVBAがエラーで停止して、そこで「リセット」した場合に、
Excelシートをクリック出来なくなったり、シートタブの切り替えができなくなってしまう場合があります。
必ずこのような状態になるわけではなく、ある程度大きなマクロVBAの時にはなりやすいといった感じです。

原因としては、
Application.ScreenUpdating = True
これが行われないことによるわけですが、
そもそも通常は、マクロ停止時に自動的にTrueに戻るはずなのですが、これが戻らない場合があるという事になります。

複数ブックを開いているような場合は、
マウスクリックでブックの切り替えをしていると戻る場合もありますが、確実に戻るわけではありません。
そこで、こまような状態になってしまった場合は、
Application.ScreenUpdating = True
これを実行すれば良いことになります。


では、これをどうやって実行するかという事になりますが、
そもそもマクロ作成時に、マクロ終了処理のプロシージャーを作っておく事をお勧めします。

Sub マクロ終了()
  Application.StatusBar = False          'ステータスバーを消す
  Application.Calculation = xlCalculationAutomatic '計算を自動に
  Application.DisplayAlerts = True        '確認メッセージを開始
  Application.EnableEvents = True         'イベントを開始
  Application.ScreenUpdating = True       '画面描画を開始
End Sub


戻すApplicationのプロパティは、適宜変更してください。
このようにマクロが作ってあれば、これを実行すればそれで済みます。
このようなプロシージャーがあればそれで問題ありませんが、無かった場合はどうするかです。


イミディエイト ウィンドウを使いましょう!
イミディエイトで、
Application.ScreenUpdating = True
これを入力してEnterすればよいのです。
上のコードは、入力補助を使ったので、先頭が大文字になっていますが、
application.screenUpdating=true
このようにベタ打ちでも構いません。
ですが、余程タイピングに自身があれば別ですが、Ctrl+Spaceから入力補助を使った方が早いでしょうね。


入力補助について

Ctrl+Spaceを押すと、その時点で入力できるコードが候補表示されます。
行の先頭なら、全てが表示されることになります。

そして、オブジェクトに続けて.(ピリオド)を入力すると、自動メンバー表示されます。
ただし、「ツール」→「オプション」で「自動メンバー表示」にチェックがついていることが必要です。
このような入力補助を使うと、
Application.ScreenUpdating = True
これを入力するには、
Ctrl+Space
ap

Tab
.s
Tab
=t
Enter
このようなタイピングで入力が完了します。



イミディエイト ウィドウ

イミディエイト ウィドウは以下のような場合に使用します。

・記述したコードを実行する
・プロシージャを呼び出す
・プログラム実行中に、変数の値を調べたり値を代入する
・プログラム実行中に、プロパティの値を調べたり変更したりする
・プログラム実行中に、デバッグ情報の出力を表示する

値を調べる場合は、?に続けて、変数やプロパティを入力してEnterします。
コードを実行する場合は、そのままVBAコードを入力してEnterします。



Application.ScreenUpdating = Falseについての注意点

グラフ、画像、オートシェイプ等を扱う場合は、
Application.ScreenUpdating = False
になっていると、意図した結果にならない場合が結構あります。
そのような場合は、
対象シートをアクティブにして、
Application.ScreenUpdating = True
この状態になるようにマクロVBAでコード記述してやると、問題の多くが解決することが多いです。




同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

入力規則のドロップダウンが消えてしまうマクロ(Shapes内のDrop Down)
実行時にトラップ可能なエラー番号一覧
フォルダー・ファイル(ブック)・シートの文字制限
Excel2013におけるScreenUpdatingの問題点
Dir関数の制限について
よくあるVBA実行時エラーの解説と対応
Application.Goto使用時の注意
ScreenUpdating=False時にエラー停止後にシートが固まったら
標準スタイル違いの問題点:標準フォント複写、列幅をピクセルで合わせる


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Byte配列と文字コード関数について|VBA技術解説(8月20日)
PowerQueryの強力な機能をVBAから利用する方法|VBA技術解説(8月4日)
練習問題31(セル結合を解除して値を埋める)|VBA練習問題(7月30日)
練習問題30(マトリックス→リスト形式)|VBA練習問題(7月25日)
Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • ScreenUpdating=False時にエラー停止後にシートが固まったら

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ