VBA技術解説
Dir関数の制限について

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、VBAの技術的解説
最終更新日:2020-07-30

Dir関数の制限について


Dir関数は、VBAでフォルダ・ファイルの存在確認や一覧取得において使われる関数ですが、
いくつかの使用上の注意点、制限事項があります。


3桁拡張子の指定時の問題

Sub Sample1()
  Dim buf As String
  buf = Dir(ThisWorkbook.Path & "\*.xls")
  Do While Len(buf) > 0
    '・・・処理・・・
    buf = Dir()
  Loop
End Sub
このように指定した場合、xlsxやxlsmも対象となります。
3桁の拡張子を指定した場合は、4桁の拡張子も対象となります。
つまり、
*.xls*
これと同じ動作という事です。

Dir関数を使って、3桁拡張子のファイルのみ取得するには、
Sub Sample2()
  Dim buf As String
  buf = Dir(ThisWorkbook.Path & "\*.xls")
  Do While Len(buf) > 0
    If LCase(buf) Like "*.xls" Then
      buf = buf
    End If
    buf = Dir()
  Loop
End Sub
If LCase(buf) Like "*.xls" Then
この部分は、
If Mid(buf, InStrRev(buf, ".") + 1) = "xls" Then
このような書き方でも良いでしょう。

256バイトを超えるパス名が扱えない

これは、そもそもWindowsとしての制限もあるので、ローカルのPC内の処理では通常は問題が出ないはずです。

もし、このような問題が発生した時の回避方法としては、
ファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject)を使ってください。
・FileSystemObjectオブジェクトの使用方法 ・FileSystemObjectオブジェクトのプロパティとメソッド ・FileSystemObjectオブジェクトのメソッドの戻り値 ・FileSystemObjectオブジェクトの使用例 ・FileSystemObjectオブジェクトの関連記事と実践例

UNICODEファイル名が扱えない

Shift-JISにない文字をファイル名に使用しているような場合は、
Dir関数で取得した文字列を、Workbooks.Open等で使用することはできません。

マクロ VBA Dir関数 制限

この問題が発生した時の回避方法としては、
ファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject)を使ってください。
・FileSystemObjectオブジェクトの使用方法 ・FileSystemObjectオブジェクトのプロパティとメソッド ・FileSystemObjectオブジェクトのメソッドの戻り値 ・FileSystemObjectオブジェクトの使用例 ・FileSystemObjectオブジェクトの関連記事と実践例

特殊なネットワークドライブでエラー

ネットワークドライブで、
\\abc.def.ghi\
このような名称の場合は、

実行時エラー '52' ファイル名または番号が不正です。

このようなエラーになってしまいます。

最も簡単な回避方法は、
ネットワクドライブの割り当てをすることでしょう。
もしくは、
ファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject)を使う事です。
・FileSystemObjectオブジェクトの使用方法 ・FileSystemObjectオブジェクトのプロパティとメソッド ・FileSystemObjectオブジェクトのメソッドの戻り値 ・FileSystemObjectオブジェクトの使用例 ・FileSystemObjectオブジェクトの関連記事と実践例

Dir関数の制限の最後に

全体としては、
ファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject)を使う方が無難なのですが、
VBAからしたら、外部のオブジェクトを扱う訳ですから面倒ではあります。
VBAで処理することを考えた場合は、
出来ればDir関数で済ませられるようなPC環境にしたほうがよいでしょう。



同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

実行時にトラップ可能なエラー番号一覧
フォルダー・ファイル・ブック・シートの文字制限
Excel2013におけるScreenUpdatingの問題点
Dir関数の制限について
よくあるVBA実行時エラーの解説と対応
Application.Goto使用時の注意
ScreenUpdating=False時にエラー停止後にシートが固まったら
標準スタイル違いの問題点:標準フォント複写、列幅をピクセルで合わせる
VBAでエラー行位置(行番号)を取得できるErl関数
WorksheetFunction.Matchで配列を指定した場合の制限について


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

TOROW関数(配列を横1行の配列にして返す)|エクセル入門(2022-10-31)
TOCOL関数(配列を縦1列の配列にして返す)|エクセル入門(2022-10-31)
CHOOSECOLS関数(配列から複数の指定された列を返す)|エクセル入門(2022-10-29)
CHOOSEROWS関数(配列から複数の指定された行を返す)|エクセル入門(2022-10-29)
WorksheetFunctionの効率的な使い方とスピル新関数の利用|VBA入門(2022-10-27)
VSTACK関数(配列を縦方向に順に追加・結合)|エクセル入門(2022-10-25)
HSTACK関数(配列を横方向に順に追加・結合)|エクセル入門(2022-10-25)
LAMBDA以降の新関数の問題と解説(配列操作関数編)|エクセル入門(2022-10-24)
LAMBDA以降の新関数の問題と解説(ヘルパー関数編)|エクセル入門(2022-10-24)
LAMBDA以降の新関数の問題集|エクセル入門(2022-10-24)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
9.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ