VBA技術解説
Dir関数の制限について

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、VBAの技術的解説
最終更新日:2020-07-30

Dir関数の制限について


Dir関数は、VBAでフォルダ・ファイルの存在確認や一覧取得において使われる関数ですが、
いくつかの使用上の注意点、制限事項があります。


3桁拡張子の指定時の問題

Sub Sample1()
  Dim buf As String
  buf = Dir(ThisWorkbook.Path & "\*.xls")
  Do While Len(buf) > 0
    '・・・処理・・・
    buf = Dir()
  Loop
End Sub
このように指定した場合、xlsxやxlsmも対象となります。
3桁の拡張子を指定した場合は、4桁の拡張子も対象となります。
つまり、
*.xls*
これと同じ動作という事です。

Dir関数を使って、3桁拡張子のファイルのみ取得するには、
Sub Sample2()
  Dim buf As String
  buf = Dir(ThisWorkbook.Path & "\*.xls")
  Do While Len(buf) > 0
    If LCase(buf) Like "*.xls" Then
      buf = buf
    End If
    buf = Dir()
  Loop
End Sub
If LCase(buf) Like "*.xls" Then
この部分は、
If Mid(buf, InStrRev(buf, ".") + 1) = "xls" Then
このような書き方でも良いでしょう。

256バイトを超えるパス名が扱えない

これは、そもそもWindowsとしての制限もあるので、ローカルのPC内の処理では通常は問題が出ないはずです。

もし、このような問題が発生した時の回避方法としては、
ファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject)を使ってください。
FileSystemObjectオブジェクトでは、コンピュータのファイルシステムへのアクセスが提供されています。VBAに用意されているファイル操作関連のステートメントや関数より、より強力で、より多くの機能が搭載されています。ただし機能が大変多いため、これらを全て覚えるという事は困難です。

UNICODEファイル名が扱えない

Shift-JISにない文字をファイル名に使用しているような場合は、
Dir関数で取得した文字列を、Workbooks.Open等で使用することはできません。

マクロ VBA Dir関数 制限

この問題が発生した時の回避方法としては、
ファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject)を使ってください。
FileSystemObjectオブジェクトでは、コンピュータのファイルシステムへのアクセスが提供されています。VBAに用意されているファイル操作関連のステートメントや関数より、より強力で、より多くの機能が搭載されています。ただし機能が大変多いため、これらを全て覚えるという事は困難です。

特殊なネットワークドライブでエラー

ネットワークドライブで、
\\abc.def.ghi\
このような名称の場合は、

実行時エラー '52' ファイル名または番号が不正です。

このようなエラーになってしまいます。

最も簡単な回避方法は、
ネットワクドライブの割り当てをすることでしょう。
もしくは、
ファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject)を使う事です。
FileSystemObjectオブジェクトでは、コンピュータのファイルシステムへのアクセスが提供されています。VBAに用意されているファイル操作関連のステートメントや関数より、より強力で、より多くの機能が搭載されています。ただし機能が大変多いため、これらを全て覚えるという事は困難です。

Dir関数の制限の最後に

全体としては、
ファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject)を使う方が無難なのですが、
VBAからしたら、外部のオブジェクトを扱う訳ですから面倒ではあります。
VBAで処理することを考えた場合は、
出来ればDir関数で済ませられるようなPC環境にしたほうがよいでしょう。



同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

実行時にトラップ可能なエラー番号一覧
フォルダー・ファイル・ブック・シートの文字制限
Excel2013におけるScreenUpdatingの問題点
Dir関数の制限について
よくあるVBA実行時エラーの解説と対応
Application.Goto使用時の注意
ScreenUpdating=False時にエラー停止後にシートが固まったら
標準スタイル違いの問題点:標準フォント複写、列幅をピクセルで合わせる
VBAでエラー行位置(行番号)を取得できるErl関数
WorksheetFunction.Matchで配列を指定した場合の制限について


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

pipコマンド(外部ライブラリのインストール)|Python入門(10月1日)
CSV読み書き(csvモジュール)|Python入門(9月29日)
「Excel 4.0 マクロ」の使い方|VBA技術解説(9月28日)
CSV読み込みとopen()関数とwith文|Python入門(9月28日)
フォルダとファイルの一覧を取得(os,glob,pathlib)|Python入門(9月26日)
import文(パッケージ・モジュールのインポート)|Python入門(9月24日)
例外処理(try文)とexception一覧|Python入門(9月23日)
リスト内包表記|Python入門(9月22日)
Pythonの引数は参照渡しだが・・・|Python入門(9月21日)
lambda(ラムダ式、無名関数)と三項演算子|Python入門(9月20日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ