ExcelマクロVBAサンプル集 | 1行置きにする行挿入(Insert) | Excelマクロの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2013-05-14

1行置きにする行挿入(Insert)


A列に連続データが入っているとします。


これを1行置きにします。

Sub sample1()
  Dim i As Long
  For i = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row To 1 Step -1
    Rows(i).Insert
  Next i
End Sub


ポイントは下から行うことです。


上からやると、どんどん下に追いやられてしまいます。

(Step 2とするのもありですが、普通は下からやりましょう)


Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row

これで、最終行を取得しています。

Rows.Count

は、シートの全行数です。

A列の最終行で、Ctrl+↑と操作した場合と同じになります。


Step -1
これで、1ずつカウントダウンされます。

Stepを省略した場合は1になっています。



1行目に連続データが入っているとして、これを1列置きにする場合は。


Sub sample2()
  Dim i As Long
  For i = Cells(1, Columns.Count).End(xlToLeft).Column To 1 Step -1
    Columns(i).Insert
  Next i
End Sub


1行置きと、ほぼ同じです。


Row→Column

に変更すれば、ほぼ完成です。

後は、

xlUp→xlToLeft

に変更するだけです。






同じテーマ「ExcelマクロVBAサンプル集」の記事

ユーザー定義関数でフリガナを取得する(GetPhonetic)
ユーザー定義関数でハイパーリンクのURLを取得(Hyperlink)
カラーのコード取得、256RGB⇔16進変換
時刻になったら音を鳴らして知らせる(OnTime)
指定文字、指定数式でジャンプ機能(Union)
「値の貼り付け」をショートカットに登録(OnKey)
「セルの結合」をショートカットに登録(OnKey)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)
ファイルの一覧取得・削除(File)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダの一覧取得・作成・削除(Folder)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダとファイルを扱う(DriveApp)|Google Apps Script入門(1月24日)
スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)
画像のトリミング(PictureFormat,Crop)|ExcelマクロVBAサンプル集(12月27日)
シート保護|Google Apps Script入門(12月24日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • 1行置きにする行挿入(Insert)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP