ExcelマクロVBAサンプル集 | 名前定義の一覧(Name)




名前定義の一覧(Name)


名前定義は使い方によっては、とても便利な機能ですが、


数が多いと管理が大変になります。


名前定義の一覧を取得し、シートに書き出すマクロです。


Sub sample()
  Dim nm As Name
  Dim i As Long
  i = 1
  For Each nm In ActiveWorkbook.Names
    Cells(i, 1) = nm.Name
    Cells(i, 2) = "'" & nm.Value
    Cells(i, 3) = nm.Parent.Name
    i = i + 1
  Next
End Sub

Cells(i, 1) = nm.Name
名前定義の名前です。


Cells(i, 2) = "'" & nm.Value
名前定義の参照範囲です。

.Valueは.RefersToR1C1等でも良いです。


Cells(i, 3) = nm.Parent.Name
範囲がブックと、シートがありますので、

親オブジェクトを出力しています。

通常の範囲がブックの場合は、ブック名が出力されます。



削除する場合は、

nm.Delete

とすれば全て消えます。


追加する場合は、

ActiveWorkbook.Names.Add Name:="名前定義の名前", RefersToR1C1:="名前定義の参照範囲"

で追加できます。







  • >
  • >
  • >
  • 名前定義の一覧(Name)

  • この記事がお役に立ちましたら「いいね」「Bookmark」をお願いいたします。


    ★同じテーマ「ExcelマクロVBAサンプル集」の記事★
    日付のオートフィルタ(AutoFilter)
    印刷ダイアログを使用する(xlDialogPrint)
    コメントの位置を移動する(Comment)
    日付の検索(配列の使用)
    他ブックを開いて閉じる(Open,Close)
    円グラフの色設定(Chart,SeriesCollection)
    ストップウォッチ(1/100秒)(Timer)


    ★新着記事★ ・・・ 新着記事一覧を見る
    フォルダー・ファイル(ブック)・シートの文字制限|ExcelマクロVBA技術解説(12月8日)
    ハイパーリンクからファイルのフルパスを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(12月4日)
    Excel2003(xls)を2007以降(xlsx,xlsm)に変換する(HasVBProject)|ExcelマクロVBAサンプル集(12月3日)
    シートに数式を設定する時のセル参照の指定方法|ExcelマクロVBA技術解説(11月21日)
    プログラミングの基本〜ロジックの組み立て|ExcelマクロVBA技術解説(11月18日)
    数式内の不要なシート名を削除する(HasFormula)|ExcelマクロVBAサンプル集(11月14日)
    ユーザー操作を制限する(Locked,Protect,ScrollArea)|ExcelマクロVBA技術解説(11月5日)
    Rangeオブジェクト.Valueの省略について|ExcelマクロVBA技術解説(11月5日)


    ★アクセスランキング★ ・・・ ランキング一覧を見る
    1.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
    2.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|ExcelマクロVBA技術解説
    3.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
    4.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
    5.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
    6.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
    7.CSVの出力(書き出し)方法|ExcelマクロVBAサンプル集
    8.ピボットテーブル(PivotTable)|ExcelマクロVBA入門
    9.複数条件で検索し、複数データを取得する方法|エクセル関数超技
    10.ハイパーリンクを絶対パスで保存する方法|エクセル基本操作



    当サイトには多くのエクセル関数、エクセルVBA情報があります。
    問題が解決しなかったときは他の記事も検索してみてください。 ▲「名前定義の一覧」のトップへ戻る