エクセル雑感 | プログラミングについて | ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感



最終更新日:2013-02-18

プログラミングについて


プログラミングをしていると、時に「開けゴマ」みたいなのにぶつかる。


確かに扉はひらくのだが、「いったいこれは何だ、特にゴマって何だ」となる。


危険のない命令なら別に知らなくても良いだろうが、多少でも危険性のある場合はそんな訳にはいかない。


特に仕事で使うなら調べるしかない。



プログラミングで最も時間を要するのが、この調べる時間だろう。


ただプログラムを書くだけなら多少の知識と経験があればなんとかなる。


だったら、既知の命令だけで書けば良さそうなものだが、そうもいかない。


技術的に出来ない事や、記述が非常に複雑になる場合はなんとかする必要があるからだ。



そうしてネットをさがしていると、「開けゴマ」に当たる訳だ。


散々苦労していたものが、たったこれだけで解決してしまう事もある。


そして、これは何だってことになる。


プログラミングの事でいろいろ調べると、最後は英語のページに辿り着く事が多い。


大抵私はここで挫折する。



私などは、英語のページを目の前にすると、しばし固まってしまう。


当然「開けゴマ」と画面に向かって怒鳴ったところで無駄である。


ネットの翻訳では内容の一部しか理解できやしない。


調べるということは、とても大変で時間のかかるものだ。


この「開けゴマ」だって調べたら結構大変かもしれない。



「開けゴマ」は「Open Sesame」の直訳なのだろうが、


しかし「Open Sesame」の由来まで調べたら、きっと大変なんだろう。


プログラムにおいて時間切れで最後まで調べきれない場合は諦めてそのまま使う事もあるだろう、


ただし、よりテストは慎重にする必要がでてくるとは思うが。



そうして実際に「開けゴマ」を使ってみるのだが、


ふと、「開け白ゴマ」ならどうなるのだろうかと頭をよぎり、


やってみると扉が開いてしまう事があるから面白い。


そこで調子にのって、「開け黒ゴマ」とやってドツボにはまってしまうというのがお決まりのコースである。


まあ自業自得ではある。






同じテーマ「エクセル雑感」の記事

エクセルの日付のお話
素直なプログラミング
IF文の整理と論理的思考
エクセルVBAを覚えるには
EXCELマクロを始める時、まず最初にやるべきことは
Excelマクロを書くと言う事は
もしエクセルにマクロ機能がなかったら

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)
画像のトリミング(PictureFormat,Crop)|ExcelマクロVBAサンプル集(12月27日)
シート保護|Google Apps Script入門(12月24日)
表示の固定|Google Apps Script入門(12月24日)
グラフ|Google Apps Script入門(12月21日)
入力規則|Google Apps Script入門(12月13日)
並べ替え|Google Apps Script入門(12月12日)
メモの挿入・削除と改行文字|Google Apps Script入門(12月6日)
リンクの挿入・編集・削除|Google Apps Script入門(12月6日)
セルに数式を入れる|Google Apps Script入門(12月1日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
9.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • プログラミングについて

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP