ExcelマクロVBA技術解説 | ExecuteExcel4Macroについて | Excelマクロの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説



最終更新日:2014-12-27

ExecuteExcel4Macroについて


ExecuteExcel4Macroは、Excel4.0のマクロを実行します。

つまり、昔のマクロを使うということです。


VBAが使える前にあったものですが、最新バージョンのエクセルでも使用できます。

とはいえ、積極的に使うようなものでもないですし、

MSもVBAへの移行を勧めています。

しかし、とても便利な機能もありますので、

VBAで困った時の、手段の一つとしては、考えても良いかもしれません。

そこで、簡単に説明する事にしました。

他ブックのデータを、ブックを開かずに取得する

Range("A1") = ExecuteExcel4Macro("'C:\Excel\[test.xls]Sheet1'!R1C2")


上記を実行すると、「C:\Excel\test.xls」のシート「Sheet1」のA1セルの値を取得します。

ブックを開かないので、VBAで普通にブックを開いて取得する場合に比べると格段に速いです。

しかし、この場合は、1つづつのセルしか取得できません、複数セルを一括で取得できないです。

ですから、複数セルの取得が必要で、そのセル数が多い時は、逆にこれでは遅くなってしまう事もあり得ます。

また、関数を使う事も出来ます。

Range("A1") = ExecuteExcel4Macro("AVERAGE('C:\[test.xls]Sheet1'!R1C1:R10C1)")


このように関数を使えますので、使い方によっては、大変便利で、高速に動作します。


文字列としての計算式を計算する

Excel 4.0 マクロで使える関数についての、資料が今となっては入手困難ですが、

中には、極めて便利なものもあります。

EVALUATE関数は、覚えておくと、いつか役に立つことがあるかもしれません。

Dim strCalc As String
strCalc = "(10+20)*2"
Range("A1") = ExecuteExcel4Macro("EVALUATE(" & strCalc & ")")

上記を実行すると、A1セルに「60」とし入ります。

EVALUATE関数は、文字列としての数式を計算してくれます。

この機能は、代替えがありませんので、

このような必要性に迫られたら、真っ先に検討に値すると思います。

Excel4Macroは、とても便利なのですが、

既に資料もほとんどないですし、

いつサポートされなくなるか分かりませんので、なるべく使わない方が良いでしょう。

よほど、特殊な事情があり、Excel4Macroなら簡単に解決できそうな場合にのみ検討して下さい。

こちらの「ブックを開かずにセル値を取得」も参考にして下さい。




同じテーマ「ExcelマクロVBA技術解説」の記事

再帰呼出しについて(再帰プロシージャー)
リボンを非表示、2003以前ならメニューを非表示
Excelのバージョンを判断して「名前を付けて保存」
印刷ページ設定の余白をセンチで指定する(CentimetersToPoints)
入力規則のドロップダウンが消えてしまうマクロ(Shapes内のDrop Down)
フォルダー・ファイル(ブック)・シートの文字制限
Excel2013におけるScreenUpdatingの問題点

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門



  • >
  • >
  • >
  • ExecuteExcel4Macroについて

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    ↑ PAGE TOP