ExcelマクロVBA技術解説
ExecuteExcel4Macroについて

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説
最終更新日:2014-12-27

ExecuteExcel4Macroについて


ExecuteExcel4Macroは、Excel4.0のマクロを実行します。


つまり、昔のマクロを使うということです。


VBAが使える前にあったものですが、最新バージョンのエクセルでも使用できます。

とはいえ、積極的に使うようなものでもないですし、

MSもVBAへの移行を勧めています。

しかし、とても便利な機能もありますので、

VBAで困った時の、手段の一つとしては、考えても良いかもしれません。

そこで、簡単に説明する事にしました。

他ブックのデータを、ブックを開かずに取得する

Range("A1") = ExecuteExcel4Macro("'C:\Excel\[test.xls]Sheet1'!R1C2")


上記を実行すると、「C:\Excel\test.xls」のシート「Sheet1」のA1セルの値を取得します。


ブックを開かないので、VBAで普通にブックを開いて取得する場合に比べると格段に速いです。

しかし、この場合は、1つづつのセルしか取得できません、複数セルを一括で取得できないです。

ですから、複数セルの取得が必要で、そのセル数が多い時は、逆にこれでは遅くなってしまう事もあり得ます。

また、関数を使う事も出来ます。

Range("A1") = ExecuteExcel4Macro("AVERAGE('C:\[test.xls]Sheet1'!R1C1:R10C1)")


このように関数を使えますので、使い方によっては、大変便利で、高速に動作します。


文字列としての計算式を計算する

Excel 4.0 マクロで使える関数についての、資料が今となっては入手困難ですが、


中には、極めて便利なものもあります。

EVALUATE関数は、覚えておくと、いつか役に立つことがあるかもしれません。

Dim strCalc As String
strCalc = "(10+20)*2"
Range("A1") = ExecuteExcel4Macro("EVALUATE(" & strCalc & ")")

上記を実行すると、A1セルに「60」とし入ります。


EVALUATE関数は、文字列としての数式を計算してくれます。

この機能は、代替えがありませんので、

このような必要性に迫られたら、真っ先に検討に値すると思います。

Excel4Macroは、とても便利なのですが、


既に資料もほとんどないですし、

いつサポートされなくなるか分かりませんので、なるべく使わない方が良いでしょう。

よほど、特殊な事情があり、Excel4Macroなら簡単に解決できそうな場合にのみ検討して下さい。

こちらの「ブックを開かずにセル値を取得」も参考にして下さい。
「ブックを開かずにセル値を取得」に関する検索が非常に多いですおそらくExecuteExcel4Macroに関連しているとかもしくは大量のファイルがある為時間がかかってしまうと言うものでしょう。ExecuteExcel4Macroについての簡単な解説は「ExecuteExcel4Macroについて」ExecuteExcel4Macroは




同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

マクロ作成後に、表位置がずれた場合の対処
ExecuteExcel4Macroについて
再帰呼出しについて(再帰プロシージャー)
文字列でのセル参照と文字列の計算式について(Evaluate,INDIRECT)
リボンを非表示、2003以前ならメニューを非表示
印刷ページ設定の余白をセンチで指定する(CentimetersToPoints)
文字列としてのプロシージャー名を起動する方法(Run,OnTime)
ドキュメントの作成者を取得(GetObject,BuiltinDocumentProperties)
画像サイズ(横x縦)の取得について
文字種(ひらがな、全半角カタカナ、半角英大文字等々)の判定
オブジェクトとプロパティの真実

新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Withステートメントの実行速度と注意点|VBA技術解説(6月6日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)|VBA技術解説(6月2日)
マクロでShift_JIS文字コードか判定する|VBA技術解説(6月1日)
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換|VBAサンプル集(5月31日)
「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた|エクセル(5月21日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー作成|VBA技術解説(5月18日)
テーブル操作のVBAコード(ListObject)|VBA入門(5月12日)
テーブル操作の概要(ListObject)|VBA入門(5月12日)
VBAのスクレイピングを簡単楽にしてくれるSelenium|VBA技術解説(5月6日)
Excelワークシート関数一覧(2010以降)|VBAリファレンス(4月22日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
7.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
8.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄



  • >
  • >
  • >
  • ExecuteExcel4Macroについて

    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ