VBA技術解説
印刷ページ設定の余白をセンチで指定する(CentimetersToPoints)

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、VBAの技術的解説
最終更新日:2013-09-02

印刷ページ設定の余白をセンチで指定する(CentimetersToPoints)


印刷のページ設定の余白サイズは、自動記録ではApplication.InchesToPointsで記録されます、


しかし、ページ設定のダイアログ画面ではセンチで指定しているので、どうもしっくりしません。

できれば、余白サイズはセンチで指定したいものです。

まずは、マクロの自動記録のコードです。

マクロ VBA サンプル画像

これを自動記録すると、



Sub Macro1()
  Application.PrintCommunication = False
  With ActiveSheet.PageSetup
    .PrintTitleRows = ""
    .PrintTitleColumns = ""
  End With
  Application.PrintCommunication = True
  ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = ""
  Application.PrintCommunication = False
  With ActiveSheet.PageSetup
    .LeftHeader = ""
    .CenterHeader = ""
    .RightHeader = ""
    .LeftFooter = ""
    .CenterFooter = ""
    .RightFooter = ""
    .LeftMargin = Application.InchesToPoints(0.708661417322835)
    .RightMargin = Application.InchesToPoints(0.708661417322835)
    .TopMargin = Application.InchesToPoints(0.748031496062992)
    .BottomMargin = Application.InchesToPoints(0.748031496062992)
    .HeaderMargin = Application.InchesToPoints(0.31496062992126)
    .FooterMargin = Application.InchesToPoints(0.31496062992126)

    .PrintHeadings = False
    .PrintGridlines = False
    .PrintComments = xlPrintNoComments
    .PrintQuality = 1200
    .CenterHorizontally = False
    .CenterVertically = False
    .Orientation = xlPortrait
    .Draft = False
    .PaperSize = xlPaperA4
    .FirstPageNumber = xlAutomatic
    .Order = xlDownThenOver
    .BlackAndWhite = False
    .Zoom = 100
    .PrintErrors = xlPrintErrorsDisplayed
    .OddAndEvenPagesHeaderFooter = False
    .DifferentFirstPageHeaderFooter = False
    .ScaleWithDocHeaderFooter = True
    .AlignMarginsHeaderFooter = True
    .EvenPage.LeftHeader.Text = ""
    .EvenPage.CenterHeader.Text = ""
    .EvenPage.RightHeader.Text = ""
    .EvenPage.LeftFooter.Text = ""
    .EvenPage.CenterFooter.Text = ""
    .EvenPage.RightFooter.Text = ""
    .FirstPage.LeftHeader.Text = ""
    .FirstPage.CenterHeader.Text = ""
    .FirstPage.RightHeader.Text = ""
    .FirstPage.LeftFooter.Text = ""
    .FirstPage.CenterFooter.Text = ""
    .FirstPage.RightFooter.Text = ""
  End With
  Application.PrintCommunication = True
End Sub


問題は、上記の太字ぶぶんになります。


.LeftMargin = Application.InchesToPoints(0.708661417322835)

この数値では、どのくらいの余白サイズか分かりません。

Application.InchesToPoints

これは、インチ単位の数値をポイント単位に変換します。
ポイント: 印刷する文字のサイズ (高さ) を指定する基本単位。
1 ポイントは、約 0.0353 cm (1/72 インチ) です。

つまり、ここでの指定はインチになっている訳です。

では、センチをポイントに変換するには・・・

Applicationのメソッドには、便利なものが多数用意されています。


Application.CentimetersToPoints メソッド

センチメートル単位の数値を、ポイント (1 ポイントは、0.35 mm) 単位に変換します。

これを使えば良いだけです。



.LeftMargin = Application.CentimetersToPoints(1.9)
.RightMargin = Application.CentimetersToPoints(1.9)
.TopMargin = Application.CentimetersToPoints(1.8)
.BottomMargin = Application.CentimetersToPoints(1.8)
.HeaderMargin = Application.CentimetersToPoints(0.8)
.FooterMargin = Application.CentimetersToPoints(0.8)


これなら、後で見た時も解り易くなります。


ちょっとした事ですが、こういう事がマクロの可読性・保守性を向上させます。



同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

フィボナッチ数列(再帰呼び出し)
文字列でのセル参照と文字列の計算式について(Evaluate,INDIRECT)
リボンを非表示、2003以前ならメニューを非表示
印刷ページ設定の余白をセンチで指定する(CentimetersToPoints)
文字列としてのプロシージャー名を起動する方法(Run,OnTime)
ドキュメントの作成者を取得(GetObject,BuiltinDocumentProperties)
画像サイズ(横x縦)の取得について
文字種(ひらがな、全半角カタカナ、半角英大文字等々)の判定
オブジェクトとプロパティの真実
オブジェクト式について
オブジェクトの探索方法(オートシェイプのTextを探して)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

import文(パッケージ・モジュールのインポート)|Python入門(9月24日)
例外処理(try文)とexception一覧|Python入門(9月23日)
リスト内包表記|Python入門(9月22日)
Pythonの引数は参照渡しだが・・・|Python入門(9月21日)
lambda(ラムダ式、無名関数)と三項演算子|Python入門(9月20日)
関数内関数(関数のネスト)とスコープ|Python入門(9月18日)
関数の定義(def文)と引数|Python入門(9月18日)
組み込み関数一覧|Python入門(9月17日)
辞書(dict型)|Python入門(9月16日)
入力規則への貼り付けを禁止する|VBA技術解説(9月16日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ