ExcelマクロVBA技術解説
文字列としてのプロシージャー名を起動する方法(Run,OnTime)

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説
最終更新日:2015-04-16

文字列としてのプロシージャー名を起動する方法(Run,OnTime)


文字列変数の中にプロシージャー名が入っていて、そのプロシージャーを起動したい場合になります、
実際には、そのような構造が良いとは思えませんが、知っていればプログラミングの幅が広がります。


使うのは、OnTimeメソッド or Runメソッドになります。
それぞれのメソッドについては以下を参照してください。
第120回.OnTimeメソッド
指定された時刻にマクロを実行させたい時、今から一定時間後にマクロVBAを実行させたい時、このような時に使うのが、OnTimeメソッドです。お昼になったらExcelが教えてくれたり、1時間経ったらExcelが教えてくれるといったことが、このOnTimeメソッドを使用するで実現出来ます。
第127回.他のブックのマクロを実行(Runメソッド)
他のブック中にあるプロシージャー(Sub,Function)を実行する場合は、Application.Runメソッドを使います。別々に作成されたマクロVBAの入ったブックを連携させる時には必須になります。Application.Runメソッド マクロの実行または関数の呼び出しを行います。


Runメソッド


Application.Run "subProc"


本来は、他のブックのプロシージャーを起動する場合に使う事が普通なのですが、
当然ながら、自身内のプロシージャーも起動できます。
引数を指定する場合は、

Application.Run "subProc", "引数1", "引数2"


このようになります。



OnTimeメソッド


Application.OnTime Now(), "subProc"


引数が必要な場合は、指定方法が少し面倒です。

Application.OnTime Now(), "'subProc ""引数1""'"
Application.OnTime Now(), "'subProc ""引数1"",""引数2""'"


全体を'(シングルクォーテーション、アポストロフィ)で囲み、
引数を""(ダブルクォーテーション2つ、"の中に"を入れる場合は2連続にします)で囲みます。
複数の引数は、,(カンマ)で区切ります。


また、実務的には、
Application.OnTime Now() + TimeSerial(0, 0, 0)
としておくと、後でメンテしやすい場合あるかと思います。
少し時間差で起動させたくなったら、
Application.OnTime Now() + TimeSerial(0, 0, 1)
というように出来ますので。

この引数の指定方法は、
Application.Run
でも同様の指定が可能です。
Application.Run "'subProc ""引数1""'"
Application.Run "'subProc ""引数1"",""引数2""'"


さらに、
OnActionプロパティ(CommandBarやShape)
でも、引数を指定する場合は同様の指定になります。




同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

文字列でのセル参照と文字列の計算式について(Evaluate,INDIRECT)
リボンを非表示、2003以前ならメニューを非表示
印刷ページ設定の余白をセンチで指定する(CentimetersToPoints)
文字列としてのプロシージャー名を起動する方法(Run,OnTime)
ドキュメントの作成者を取得(GetObject,BuiltinDocumentProperties)
画像サイズ(横x縦)の取得について
文字種(ひらがな、全半角カタカナ、半角英大文字等々)の判定
オブジェクトとプロパティの真実
オブジェクト式について
オブジェクトの探索方法
条件付きコンパイル(32ビット64ビットの互換性)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAにおける変数のメモリアドレスについて|VBA技術解説(11月8日)
空文字列の扱い方と処理速度について(""とvbNullString)|VBA技術解説(1月7日)
Errオブジェクトとユーザー定義エラー|VBA入門(11月5日)
シングルクォートの削除とコピー(PrefixCharacter)|VBA技術解説(11月4日)
ユーザー定義型の制限とクラスとの使い分け|VBA技術解説(11月3日)
クリップボードに2次元配列を作成してシートに貼り付ける|VBA技術解説(11月1日)
VBAクラスを使ったイベント作成(Event,RaiseEvent,WithEvents)|VBA技術解説(10月31日)
VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)
VBAのマルチステートメント(複数のステートメントを同じ行に)|VBA技術解説(10月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 文字列としてのプロシージャー名を起動する方法(Run,OnTime)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ