ExcelマクロVBA技術解説 | リボンを非表示、2003以前ならメニューを非表示 | ExcelマクロVBAの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説



最終更新日:2013-07-21

リボンを非表示、2003以前ならメニューを非表示


Excel2007以降のリボンは幅を取られて邪魔な場合があります、

特に業務アプリの場合は、リボンを消したい事も多いと思います。


リボンを消すだけなら、

Application.ExecuteExcel4Macro "SHOW.TOOLBAR(""Ribbon"",False)"


消えているリボンを表示する場合は、

Application.ExecuteExcel4Macro "SHOW.TOOLBAR(""Ribbon"",True)"


しかし、まだExcel2003以前が混在している環境の場合、

Excel2003以前では、上記コードを実行しても何も起こりません。

Excel2003以前なら、メニューバーとツールバーを消したい場合は、

Dim cb As CommandBarPopup
For Each cb In Application.CommandBars("Worksheet Menu Bar").Controls
  cb.Delete
Next


cb.Delete
は、
cb.Visible = False
でも良いです。

メニューを再表示する場合は、

Application.CommandBars("Worksheet Menu Bar").Reset


2003以前の場合は、ツールバーもありますので、

ツールバーを全て消す場合は、

Dim tb As Toolbar
For Each tb In Toolbars
  If tb.Visible = True Then
    tb.Visible = False
  End If
Next


ツールバーの再表示は、

どのツールバーを表示するかが問題となります。

上記のコードのFalseをTrueで実行すると、

全てのツールバーが表示されてしまいます。

もし消したツールバーのみ表示したい場合は、

上記で消したツールバーを、どこかに保存しておく必要があります。


以上を踏まえて、さらにバージョンを判断して実行するようにすると、

Sub sample()
If CInt(Application.Version) <= 11 Then
  Call sample2003
Else
  Call sample2007
End If
End Sub

Sub sample2007()
  Application.ExecuteExcel4Macro "SHOW.TOOLBAR(""Ribbon"",False)"
End Sub

Sub sample2003()
  Dim cb As CommandBarPopup
  For Each cb In Application.CommandBars("Worksheet Menu Bar").Controls
    cb.Visible = False
  Next
  Dim tb As Toolbar
  For Each tb In Toolbars
    If tb.Visible = True Then
      tb.Visible = False
    End If
  Next
End Sub


表示する場合は、
False

True
に変更したプロシージャーを作成するか、引数でTrue,Falseを渡すようにして下さい。




同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

ExecuteExcel4Macroについて
再帰呼出しについて(再帰プロシージャー)
文字列でのセル参照と文字列の計算式について(Evaluate,INDIRECT)
リボンを非表示、2003以前ならメニューを非表示
印刷ページ設定の余白をセンチで指定する(CentimetersToPoints)
文字列としてのプロシージャー名を起動する方法(Run,OnTime)
ドキュメントの作成者を取得(GetObject,BuiltinDocumentProperties)
画像サイズ(横x縦)の取得について
文字種(ひらがな、全半角カタカナ、半角英大文字等々)の判定
オブジェクトとプロパティの真実
オブジェクト式について

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

Excelシートの複雑な計算式を解析するVBA|VBAサンプル集(2月18日)
VBAクラスの作り方:独自Rangeっぽいものを作ってみた|VBA技術解説(2月16日)
VBAクラスの作り方:列名のプロパティを自動作成する|VBA技術解説(2月14日)
VBAクラスの作り方:列名の入力支援と列移動対応|VBA技術解説(2月11日)
クラスを使って他ブックのイベントを補足する|VBA技術解説(2月6日)
Excelアドインの作成と登録について|VBA技術解説(2月3日)
参照設定、CreateObject、オブジェクト式の一覧|VBA技術解説(1月20日)
VBAでファイルを規定のアプリで開く方法|VBA技術解説(1月20日)
ドキュメントプロパティ(BuiltinDocumentProperties,CustomDocumentProperties)|VBA技術解説(1月19日)
他ブックへのリンクエラーを探し解除|VBAサンプル集(1月15日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
8.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • リボンを非表示、2003以前ならメニューを非表示

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP