ExcelマクロVBAサンプル集 | グラフのデータ範囲を自動拡張するマクロ | Excelマクロの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2013-11-03

グラフのデータ範囲を自動拡張するマクロ


グラフのデータ範囲を自動で拡張・縮小するマクロVBAになります、

グラフのデータ範囲を変更する事は度々ありますが、

作業自体は大した事はないのですが、やはり面倒ですし、

グラフの数が多いと、結構な手間になります。

注意
 以下は、棒グラフ・折れ線グラフの場合になります。

 積み上げグラフで、系列を積み上げる場合は、系列が増えてしまいますので、このマクロでは対応できません。
 そのような場合は、系列を追加するマクロVBAが必要となります。

まずは簡単なところで

Sub sample1()
  Dim i As Long, F As String, lngMax As Long
  lngMax = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
  With ActiveSheet.ChartObjects(1).Chart
    For i = 1 To .SeriesCollection.Count
      .SeriesCollection(i).Formula = _
        "=SERIES(" & _
        Cells(1, i + 1).Address(External:=True) & "," & _
        Cells(2, 1).Resize(lngMax - 1, 1).Address(External:=True) & "," & _
        Cells(2, i + 1).Resize(lngMax - 1, 1).Address(External:=True) & "," & _
        i & ")"
    Next i
  End With
End Sub


このマクロは、A列にX軸名、1行目に系列名があり

データが連続したセルにあることを前提にしています。


どんなグラフ範囲でも対応するとなると、結構面倒になります。

Sub sample2()
  Dim i As Long '系列のFor〜Nextで使用
  Dim rowMin As Long 'グラフデータ範囲の開始行
  Dim rowMax As Long 'グラフデータ範囲の最終行
  Dim strFormula As String 'グラフデータ範囲の設定文字列
  Dim strExternal() As String 'グラフのSERIES関数の引数毎に分割した文字列
  Dim strAddress() As String 'ADDRESS文字列をシートとRANGE指定に分割した文字列
  Dim newAddress1 As String 'SERIES関数の新しい系列名のADDRESS
  Dim newAddress2 As String 'SERIES関数の新しい系列値のADDRESS
  Dim curRng As Range 'グラフデータのセル範囲
  
  'Chartオブジェクトに対する処理
  With ActiveSheet.ChartObjects(1).Chart
    '全系列に対する処理
    For i = 1 To .SeriesCollection.Count
      'グラフデータ範囲の設定文字列
      strFormula = .SeriesCollection(i).Formula
      '=SERIES(引数・・・)を引数だけにする
      strFormula = Replace(Replace(strFormula, "=SERIES(", ""), ")", "")
      'SERIES関数の引数毎に分割
      strExternal = Split(strFormula, ",")
      
      '系列名(SERIES関数の第2引数)の処理
      'ADDRESS文字列をシートとRANGE指定に分割、ADDRESSにブック名が入っている場合は消去
      strAddress = Split(Replace(strExternal(1), "[" & ThisWorkbook.Name & "]", ""), "!")
      strAddress(0) = Replace(strAddress(0), "'", "") 'シートの前後の'を削除
      '系列名の開始行
      rowMin = Worksheets(strAddress(0)).Range(strAddress(1)).Item(1).Row
      '系列名の最終行
      Set curRng = Worksheets(strAddress(0)).Range(strAddress(1)).CurrentRegion
      rowMax = curRng.Item(curRng.Count).Row
      'SERIES関数の新しい系列名のADDRESS
      newAddress1 = Worksheets(strAddress(0)).Range(strAddress(1)).Resize(rowMax - rowMin + 1, 1).Address(External:=True)
      
      '系列値(SERIES関数の第3引数)の処理
      'ADDRESS文字列をシートとRANGE指定に分割、ADDRESSにブック名が入っている場合は消去
      strAddress = Split(Replace(strExternal(2), "[" & ThisWorkbook.Name & "]", ""), "!")
      strAddress(0) = Replace(strAddress(0), "'", "") 'シートの前後の'を削除
      'SERIES関数の新しい系列値のADDRESS
      newAddress2 = Worksheets(strAddress(0)).Range(strAddress(1)).Resize(rowMax - rowMin + 1, 1).Address(External:=True)
      
      'グラフデータ範囲の再設定
      .SeriesCollection(i).Formula = "=SERIES(" & _
                      strExternal(0) & "," & _
                      newAddress1 & "," & _
                      newAddress2 & "," & _
                      i & ")"

    Next i
  End With
End Sub


上記なら、現在のグラフのデータ範囲から、連続セル範囲を再取得しているので、

大抵の場合は、大丈夫でしょう。

上記は、以下のように、

Valuesプロパティ
XValuesプロパテイ

への設定でも可能です。

Sub sample3()
  Dim i As Long '系列のFor〜Nextで使用
  Dim rowMin As Long 'グラフデータ範囲の開始行
  Dim rowMax As Long 'グラフデータ範囲の最終行
  Dim strFormula As String 'グラフデータ範囲の設定文字列
  Dim strExternal() As String 'グラフのSERIES関数の引数毎に分割した文字列
  Dim strAddress() As String 'ADDRESS文字列をシートとRANGE指定に分割した文字列
  Dim curRng As Range 'グラフデータのセル範囲
  
  'Chartオブジェクトに対する処理
  With ActiveSheet.ChartObjects(1).Chart
    '全系列に対する処理
    For i = 1 To .SeriesCollection.Count
      'グラフデータ範囲の設定文字列
      strFormula = .SeriesCollection(i).Formula
      '=SERIES(引数・・・)を引数だけにする
      strFormula = Replace(Replace(strFormula, "=SERIES(", ""), ")", "")
      'SERIES関数の引数毎に分割
      strExternal = Split(strFormula, ",")
      
      '系列名(SERIES関数の第2引数)の処理
      'ADDRESS文字列をシートとRANGE指定に分割、ADDRESSにブック名が入っている場合は消去
      strAddress = Split(Replace(strExternal(1), "[" & ThisWorkbook.Name & "]", ""), "!")
      strAddress(0) = Replace(strAddress(0), "'", "") 'シートの前後の'を削除
      '系列名の開始行
      rowMin = Worksheets(strAddress(0)).Range(strAddress(1)).Item(1).Row
      '系列名の最終行
      Set curRng = Worksheets(strAddress(0)).Range(strAddress(1)).CurrentRegion
      rowMax = curRng.Item(curRng.Count).Row
      '新しい系列名のセル範囲をValuesに設定
      .SeriesCollection(i).Values = Worksheets(strAddress(0)).Range(strAddress(1)).Resize(rowMax - rowMin + 1, 1)
      
      '系列値(SERIES関数の第3引数)の処理
      'ADDRESS文字列をシートとRANGE指定に分割、ADDRESSにブック名が入っている場合は消去
      strAddress = Split(Replace(strExternal(2), "[" & ThisWorkbook.Name & "]", ""), "!")
      strAddress(0) = Replace(strAddress(0), "'", "") 'シートの前後の'を削除
      '新しい系列値のセル範囲をXValuesに設定
      .SeriesCollection(i).XValues = Worksheets(strAddress(0)).Range(strAddress(1)).Resize(rowMax - rowMin + 1, 1)
    Next i
  End With
End Sub


sample2とsample3はほぼ同じですので、どちらでも良いでしょう。


ブックの全シートの全グラフに対して実行する場合は、

Sub sample11()
  Dim ws As Worksheet
  Dim ch As ChartObject
  For Each ws In Worksheets
    For Each ch In ws.ChartObjects
      Call sumple12(ch)
    Next
  Next
End Sub
Sub sumple12(ch As ChartObject)
  ・・・
  With ch.Chart
    ・・・
  End With
End Sub


このように外出しのSubプロシードャーでも作れば簡単に作れます。




同じテーマ「ExcelマクロVBAサンプル集」の記事

画像のトリミング(PictureFormat,Crop)
コメントの位置を移動する(Comment)
図をセル内に強制的に収める(Shape)
図を確認しながら消していく(Shape)
オートシェイプを他ブックの同じ位置に貼り付ける(Shapes,DrawingObjects)
全シートの画面キャプチャを取得する(keybd_event)
写真の取込方法について(Pictures.Insert,Shapes.AddPicture)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)
ファイルの一覧取得・削除(File)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダの一覧取得・作成・削除(Folder)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダとファイルを扱う(DriveApp)|Google Apps Script入門(1月24日)
スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • グラフのデータ範囲を自動拡張するマクロ

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP