ExcelマクロVBA入門 | 第10回.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns) | Excelマクロの基礎と応用、エクセルVBAの入門・初級・初心者向け解説



第10回.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)


Rangeの指定で、あらゆるセルおよびセル範囲は指定できるのですが、


マクロで使う場合は、ちょっと使いづらい場合があります。


もっと、プログラムっぽい(笑)指定方法があります。


まずは、


Cells(行, 列)


行は、縦の行位置です、1行目は1、10行目は10です。

列は、横の列位置です、A列は1、J列は10です。

列については、"A"とか"J"とかの指定も可能です。


具体的には、


Cells(1, 1) または Cells(1, "A")


これは、A1セルになります。


Cells(5, 3) または Cells(5, "C")


これは、C5セルになります。


Range("C5")と比べると、行列の指定順序が逆になっているので、


よく勘違いをする人がいるようです、Cellsでは、行が先に来ます。


では行全体を指定する場合は、Range以外では、


Rows(行)


があります。


Rows(5)


これで、5行目の全体になります。


Rows("1:5")


と指定すれば、1〜5行の5列になります。


ちなみに、数値が1つだけの時は、"(ダブルクォーテーション)が無くても良いです。


では列全体を指定する場合は、Range以外では、


Columns(列)


があります。


Columns(3)


これで、3列目、つまりC列の全体になります。


Cellsと同様に、


Columns("C")


でも指定できます。


もちろん


Columns("A:C")


これで、A列〜C列の3列の指定になります。






同じテーマ「ExcelマクロVBA入門」の記事

第11回.RangeとCellsの使い方
第12回.変数とデータ型(Dim)
第13回.定数と型宣言文字(Const)
第14回.文字の結合と継続行(&アンパサンド)
第14回.四則演算と注釈
第16回.繰り返し処理(For Next)
第17回.繰り返し処理(Do Loop)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

セルの値によって計算を変える|ExcelマクロVBA再入門(8月26日)
表の先頭から最終行まで繰り返す|ExcelマクロVBA再入門(8月24日)
同じ計算を行数分繰り返す|ExcelマクロVBA再入門(8月21日)
セルの値を使って計算する|ExcelマクロVBA再入門(8月19日)
セルに数字や文字を入れる|ExcelマクロVBA再入門(8月19日)
マクロを書いて動かす|ExcelマクロVBA再入門(8月18日)
マクロを書く準備をする|ExcelマクロVBA再入門(8月18日)
ExcelマクロVBA再入門|エクセルの神髄(8月18日)
大量データで処理時間がかかる関数の対処方法(WorksheetFunction)|ExcelマクロVBA技術解説(8月15日)
複雑な条件(複数除外等)のオートフィルター(AutoFilter)|ExcelマクロVBA技術解説(6月17日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
3.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
4.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
5.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
6.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|ExcelマクロVBA技術解説
7.複数条件で検索し、複数データを取得する方法|エクセル関数超技
8.マクロVBAの高速化・速度対策の具体的手順と検証|ExcelマクロVBA技術解説
9.セルの個数を数える関数|エクセル関数超技
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)

  • このサイトがお役に立ちましたら「いいね」「Bookmark」をお願いいたします。
    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、こちらからお知らせいただけると幸いです。

    ↑ PAGE TOP