ExcelマクロVBA入門 | 第10回.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns) | Excelマクロの基礎と応用、エクセルVBAの入門・初級・初心者向け解説



最終更新日:2015-11-18

第10回.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)


Rangeの指定で、あらゆるセルおよびセル範囲は指定できるのですが、


マクロで使う場合は、ちょっと使いづらい場合があります。


もっと、プログラムっぽい(笑)指定方法があります。



まずは、


Cells(行, 列)


行は、縦の行位置です、1行目は1、10行目は10です。

列は、横の列位置です、A列は1、J列は10です。

列については、"A"とか"J"とかの指定も可能です。


具体的には、


Cells(1, 1) または Cells(1, "A")


これは、A1セルになります。


Cells(5, 3) または Cells(5, "C")


これは、C5セルになります。


Range("C5")と比べると、行列の指定順序が逆になっているので、


よく勘違いをする人がいるようです、Cellsでは、行が先に来ます。


では行全体を指定する場合は、Range以外では、


Rows(行)


があります。


Rows(5)


これで、5行目の全体になります。


Rows("1:5")


と指定すれば、1〜5行の5行になります。


ちなみに、数値が1つだけの時は、"(ダブルクォーテーション)が無くても良いです。


では列全体を指定する場合は、Range以外では、


Columns(列)


があります。


Columns(3)


これで、3列目、つまりC列の全体になります。


Cellsと同様に、


Columns("C")


でも指定できます。


もちろん


Columns("A:C")


これで、A列〜C列の3列の指定になります。





同じテーマ「ExcelマクロVBA入門」の記事

第11回.RangeとCellsの使い方
第12回.変数とデータ型(Dim)
第13回.定数と型宣言文字(Const)
第14回.文字の結合と継続行(&アンパサンド)
第14回.四則演算と注釈
第16回.繰り返し処理(For Next)
第17回.繰り返し処理(Do Loop)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

シートをコピー|Googleスプレッドシート(9月24日)
シートを保護|Googleスプレッドシート(9月24日)
入力規則|Googleスプレッドシート(9月24日)
条件付き書式|Googleスプレッドシート(9月24日)
関数一覧(Excelとの差異)|Googleスプレッドシート(9月24日)
関数を使う(IF,IFERROR)|Googleスプレッドシート(9月23日)
関数を使う(VLOOKUP)|Googleスプレッドシート(9月23日)
関数を使う(SUM)|Googleスプレッドシート(9月23日)
計算式を入れる|Googleスプレッドシート(9月22日)
書式を設定する|Googleスプレッドシート(9月22日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
4.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
5.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
6.セル・行・列の削除・挿入(Delete,Insert)|ExcelマクロVBA入門
7.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
8.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
9.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説
10.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門



  • >
  • >
  • >
  • Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)

  • このサイトがお役に立ちましたら「いいね」「Bookmark」をお願いいたします。
    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、こちらからお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP