エクセル(Excel) | ExcelマクロVBA入門 | 第10回.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)




第10回.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)


Rangeの指定で、あらゆるセルおよびセル範囲は指定できるのですが、


マクロで使う場合は、ちょっと使いづらい場合があります。


もっと、プログラムっぽい(笑)指定方法があります。


まずは、


Cells(行, 列)


行は、縦の行位置です、1行目は1、10行目は10です。

列は、横の列位置です、A列は1、J列は10です。

列については、"A"とか"J"とかの指定も可能です。


具体的には、


Cells(1, 1) または Cells(1, "A")


これは、A1セルになります。


Cells(5, 3) または Cells(5, "C")


これは、C5セルになります。


Range("C5")と比べると、行列の指定順序が逆になっているので、


よく勘違いをする人がいるようです、Cellsでは、行が先に来ます。


では行全体を指定する場合は、Range以外では、


Rows(行)


があります。


Rows(5)


これで、5行目の全体になります。


Rows("1:5")


と指定すれば、1〜5行の5列になります。


ちなみに、数値が1つだけの時は、"(ダブルクォーテーション)が無くても良いです。


では列全体を指定する場合は、Range以外では、


Columns(列)


があります。


Columns(3)


これで、3列目、つまりC列の全体になります。


Cellsと同様に、


Columns("C")


でも指定できます。


もちろん


Columns("A:C")


これで、A列〜C列の3列の指定になります。






  • >
  • >
  • >
  • Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)

  • この記事がお役に立ちましたら「いいね」「Bookmark」をお願いいたします。


    ★同じテーマ「ExcelマクロVBA入門」の記事★
    第8回.セルに文字を入れるとは(Range,Value)
    第9回.Rangeでのセルの指定方法
    第11回.RangeとCellsの使い方
    第12回.変数とデータ型(Dim)
    第13回.定数と型宣言文字(Const)
    第14回.文字の結合と継続行(&アンパサンド)
    第14回.四則演算と注釈


    ★新着記事★ ・・・ 新着記事一覧を見る
    シートに数式を設定する時のセル参照の指定方法:ExcelマクロVBA技術解説(11月21日)
    プログラミングの基本〜ロジックの組み立て:ExcelマクロVBA技術解説(11月18日)
    数式内の不要なシート名を削除する(HasFormula):ExcelマクロVBAサンプル集(11月14日)
    ユーザー操作を制限する(Locked,Protect,ScrollArea):ExcelマクロVBA技術解説(11月5日)
    Rangeオブジェクト.Valueの省略について:ExcelマクロVBA技術解説(11月5日)
    エクセル(関数・マクロ)上達のコツ:エクセル雑感(11月4日)
    SUMIF関数の良くある間違い:エクセル関数超技(11月1日)


    ★アクセスランキング★ ・・・ ランキング一覧を見る
    1.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula):ExcelマクロVBA技術解説
    2.CSVの読み込み方法:ExcelマクロVBAサンプル集
    3.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH):エクセル関数超技
    4.ひらがな⇔カタカナの変換:エクセル基本操作
    5.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET):エクセル関数超技
    6.最終行の取得(End,Rows.Count):ExcelマクロVBA入門
    7.ピボットテーブル(PivotTable):ExcelマクロVBA入門
    8.ハイパーリンクを絶対パスで保存する方法:エクセル基本操作
    9.【奥義】大量データでの高速VLOOKUP:エクセル関数超技
    10.日本の祝日一覧:Excelリファレンス



    当サイトには多くのエクセル関数、エクセルVBA情報があります。
    問題が解決しなかったときは他の記事も検索してみてください。 △「Range以外の指定方法」のトップへ戻る