ExcelマクロVBAサンプル集 | CSVの読み込み方法 | Excelマクロの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2013-09-04

CSVの読み込み方法


エクセルのマクロVBAでのCSVの読込方法としては、
・テキストファイルとして読み込む
・ワークブックとして読み込む
・クエリーテーブルを使う
・ADOを使う、
大別するとこのようになります。

エクセルのマクロVBAでCSVの読み込みについてネットで検索したところ、これなら、というのが見つかりませんでした。


それならと、エクセルのマクロVBAでのCSVの読み込みについて、ここにまとめました。

まず、ネットですぐ見つかるのが、以下のようなプログラムでしょう。

Sub CSV入力1()
  Dim varFileName As Variant
  Dim intFree As Integer
  Dim strRec As String
  Dim strSplit() As String
  Dim i As Long, j As Long

  varFileName = Application.GetOpenFilename(FileFilter:="CSVファイル(*.csv),*.csv", _
                        Title:="CSVファイルの選択")
  If varFileName = False Then
    Exit Sub
  End If

  intFree = FreeFile '空番号を取得
  Open varFileName For Input As #intFree 'CSVファィルをオープン
  
  i = 0
  Do Until EOF(intFree)
    Line Input #intFree, strRec '1行読み込み
    i = i + 1
    strSplit = Split(strRec, ",") 'カンマ区切りで配列へ
    For j = 0 To UBound(strSplit)
      Cells(i, j + 1) = strSplit(j)
    Next
    '配列をそのまま入れる方法も、ただし全て文字列として入力される
'    Range(Cells(i, 1), Cells(i, UBound(strSplit) + 1)) = strSplit
  Loop
  
  Close #intFree
End Sub


ダイアログの表示

ファイルのオープン

1行ずつ読み込み

,」で区切って配列に

セルに入れる

という流れです。

セルに入れる際に、配列をまとめて入れた場合は、全て文字列として入ります。

どちらが良いかは、ケースバイケースでしょう。

また、

「Line Input」

ではなく、

「Input」

で、列数分の変数を指定しているものも見かけます。

列数が決まっている場合は、その方法も有効です。

しかし、いずれにしても、不都合があります。

データの入っているエクセルをCSV出力して、

上記プログラムで取り込みしてみて下さい。

どうでしょう、同じ表が再現されたでしょうか。

もし何も問題がなかったとしたら、かなり幸運です。

,」も「"」も、データ中に存在していなかったということです。

つまり、「,」も「"」がある場合は、上記プログラムでは処理できません。


では、これらに対処したプログラムが以下になります。

Sub CSV入力2()
  Dim varFileName As Variant
  Dim intFree As Integer
  Dim strRec As String
  Dim strSplit() As String
  Dim i As Long, j As Long, k As Long
  Dim lngQuate As Long
  Dim strCell As String

  varFileName = Application.GetOpenFilename(FileFilter:="CSVファイル(*.csv),*.csv", _
                        Title:="CSVファイルの選択")
  If varFileName = False Then
    Exit Sub
  End If

  intFree = FreeFile '空番号を取得
  Open varFileName For Input As #intFree 'CSVファィルをオープン
  
  i = 0
  Do Until EOF(intFree)
    Line Input #intFree, strRec '1行読み込み
    i = i + 1
    j = 0
    lngQuate = 0
    strCell = ""
    For k = 1 To Len(strRec)
      Select Case Mid(strRec, k, 1)
        Case "," '「"」が偶数なら区切り、奇数ならただの文字
          If lngQuate Mod 2 = 0 Then
            Call PutCell(i, j, strCell, lngQuate)
          Else
            strCell = strCell & Mid(strRec, k, 1)
          End If
        Case """" '「"」のカウントをとる
          lngQuate = lngQuate + 1
          strCell = strCell & Mid(strRec, k, 1)
        Case Else
          strCell = strCell & Mid(strRec, k, 1)
      End Select
    Next
    '最終列の処理
    Call PutCell(i, j, strCell, lngQuate)
  Loop
  Close #intFree
End Sub

Sub PutCell(ByRef i As Long, ByRef j As Long, ByRef strCell As String, ByRef lngQuate As Long)
  j = j + 1
  '「""」を「"」で置換
  strCell = Replace(strCell, """""", """")
  '前後の「"」を削除
  If Left(strCell, 1) = """" And Right(strCell, 1) = """" Then
    strCell = Mid(strCell, 2, Len(strCell) - 2)
  End If
  Cells(i, j) = strCell
  strCell = ""
  lngQuate = 0
End Sub


かなり、長いですね。

これでもかなり整理して短くしています。

これなら、ほぼCSVを正確に取り込めるはずです。

詳しい説明は省略します。

このプログラムを見て、理解できない場合は、使用しないほうがよいでしょう。


そのような方には、以下の方法を紹介します。

きわめて簡単で、間違いがない方法です。


まずは、CSVをブックとして読み込む方法です。

ほとんどの方のPCでは、CSVをダブルクリックすれば、エクセルが起動されるはずです。

CSVはエクセルでそのまま開くことが可能です。

Sub CSV入力3()
  Dim varFileName As Variant

  varFileName = Application.GetOpenFilename(FileFilter:="CSVファイル(*.csv),*.csv", _
                    Title:="CSVファイルの選択")
  If varFileName = False Then
    Exit Sub
  End If
  
  Workbooks.Open Filename:=varFileName
  ActiveSheet.Cells.Copy ThisWorkbook.ActiveSheet.Cells
  ActiveWorkbook.Close SaveChanges:=False
End Sub


CSVをブックとして読み込み、シート全体をコピーしています。

これなら、簡単ですし、間違いなく正しく読み込めます。

入門としては、これが最もお勧めです。

さらに、別の方法も、クエリーテーブルを使用する方法です。

Sub CSV入力4()
  Dim varFileName As Variant

  varFileName = Application.GetOpenFilename(FileFilter:="CSVファイル(*.csv),*.csv", _
                    Title:="CSVファイルの選択")
  If varFileName = False Then
    Exit Sub
  End If
  
  With ActiveSheet.QueryTables.Add(Connection:="text;" & varFileName, Destination:=Range("A11"))
'    .Name = "temp"
'    .FieldNames = True
'    .RowNumbers = False
'    .FillAdjacentFormulas = False
'    .PreserveFormatting = True
'    .RefreshOnFileOpen = False
'    .RefreshStyle = xlInsertDeleteCells
'    .SavePassword = False
'    .SaveData = True
'    .AdjustColumnWidth = True
'    .RefreshPeriod = 0
'    .TextFilePromptOnRefresh = False
    .TextFilePlatform = 932 'Shift=Jis
'    .TextFileStartRow = 1
'    .TextFileParseType = xlDelimited
'    .TextFileTextQualifier = xlTextQualifierDoubleQuote
'    .TextFileConsecutiveDelimiter = False
'    .TextFileTabDelimiter = False
'    .TextFileSemicolonDelimiter = False
    .TextFileCommaDelimiter = True
'    .TextFileSpaceDelimiter = False
'    .TextFileColumnDataTypes = Array(1, 1, 1)
'    .TextFileTrailingMinusNumbers = True
    .Refresh BackgroundQuery:=False

    .Delete
  End With
End Sub


コメント行が大量にありますが、これは、CSVを読み込むだけなら、

指定の必要が無いと思われるプロパティです。

出力先のシートにデータがある場合は、

そのデータは消されずに、セル位置が移動されますので、注意してください。


上記以外にも、ADOを使用した方法もあります。


どれを使用するかは、人それぞれですし、CSVのデータ内容にもよります。

ただ、エクセルは標準で、CSVを扱えますので、

ブックとして、読み込んでから処理する方法が、最もお勧めです。

何か特殊な事情があり、この方法が使えない場合のみ、他の方法を考えましょう。

ただ、読み込むCSVに、「,」も「"」がないのなら、

最初のプログラムは融通が利いて、扱いやすいと思います。


※上記の「CSV入力2」のVBAサンプルを改造し、改行がLF(10)にも対応したバージョンを追加しました。

  CSVの読み込み方法(改)




同じテーマ「ExcelマクロVBAサンプル集」の記事

CSVの読み込み方法(改)
CSVの読み込み方法(改の改)
CSVの出力(書き出し)方法
UTF-8でCSVの読み書き(ADODB.Stream)
ADOでマスタ付加と集計(SQL)
ADOでマスタ更新(SQL)
ADOでCSVの読み込み(SQL)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)
CSVの読み込み方法(改の改)|ExcelマクロVBAサンプル集(3月17日)
変数とプロシージャーの命名について|ExcelマクロVBA技術解説(2月12日)
ファイルの一覧取得・削除(File)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダの一覧取得・作成・削除(Folder)|Google Apps Script入門(1月24日)
フォルダとファイルを扱う(DriveApp)|Google Apps Script入門(1月24日)
スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには|Google Apps Script入門(1月17日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集
10.VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です|ExcelマクロVBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • CSVの読み込み方法

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP