ExcelマクロVBA入門 | 第4回.マクロはどこに書くの(VBEの起動) | Excelマクロの基礎と応用、エクセルVBAの入門・初級・初心者向け解説



最終更新日:2013-05-20

第4回.マクロはどこに書くの(VBEの起動)


さて、では、マクロはどこに書いたらよいのでしょうか。


まずは、マクロを書くための紙に相当する編集画面を出します。


Excel2007、Excel2010


リボンの「開発」→「Visual Basic」


Excel2003


「ツール」→「マクロ」→「Visual Basic Editor」


どのバージョンでも、ショートカットは、


Alt + F11 です。


こんな画面が表示されます。



これが、Visual Basic Editor


略して、VBEと呼ぶ画面です。


左に表示されている部分は、


プロジェクトウインドウと言います。


この状態ではシートだけが表示されています。


一番下の、「ThisWorkbokk」、これは気にしないで下さい。


使う時が来たら説明します。


でも、まだ、マクロを書く場所がありません。


それには、

メニューの「挿入」→「標準モジュール」 ・・・ Alt + I + M





または、


プロジェクト内を右クリックで「挿入」→「標準モジュール」


これで、以下のようになります。


この右の白地部分が、マクロを書く場所になります。

そして、左側に、「標準モジュール」が追加され、

その下に、「Module1」が追加されています。


つまり、標準モジュールのModule1にマクロを書くのです。


では、一旦このモジュールを削除します。


「Module1」を右クリック→「Module1の解放」



すると、


この応答が表示されますので、

「いいえ(N)」を選択して下さい。

「Module1」が消えましたね。

以上が、マクロを書く場所の作成と削除になります。


マクロを書くときは、必ずこの操作からになります。





同じテーマ「ExcelマクロVBA入門」の記事

第5回.VBEのオプション設定(Option Explicit)
第6回.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)
第7回.マクロを実行するには(F5)
第8回.セルに文字を入れるとは(Range,Value)
第9回.Rangeでのセルの指定方法
第10回.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)
第11回.RangeとCellsの使い方

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集



  • >
  • >
  • >
  • マクロはどこに書くの(VBEの起動)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP