ExcelマクロVBA技術解説 | 複雑な条件(複数除外等)のオートフィルター(AutoFilter) | Excelマクロの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説



最終更新日:2015-06-17

複雑な条件(複数除外等)のオートフィルター(AutoFilter)


オートフィルターはExcelにおいて重要かつ便利な機能ですが、その使い方の理解が不十分な事が多いようです、
単純な条件の場合は問題ないのですが、条件が複雑になった途端に書き方で相談を受ける事が多々あります。

まず、オートフィルターの一般的な解説としては以下を参考にしたください。


ExcelマクロVBA入門:第89回.オートフィルタ(AutoFilter)
Excelマクロの記録で覚える:第18回.オートフィルタ
Excelマクロの記録で覚える:第19回.オートフィルタ2

上記ページで、オートフィルターについては概ね解説しています。
しかし、より複雑な条件指定になると、どうにもならない場合があります。

まずオートフィルターの機能はVBAでは以下の2種類に大別されます。
リストとして、
"A","B","C","D","E","F"
があるとして、
"A","C"で絞り込む場合

方法1
Rangeオブジェクト.AutoFilter Field:=1, Criteria1:="=A", Operator:=xlOr, Criteria2:="=C"

これは、シート操作では、
テキストフィルター→ユーザー定義フィルターの以下に相当します。



方法2
Rangeオブジェクト.AutoFilter Field:=1, Criteria1:=Array("A", "C"), Operator:=xlFilterValues

これは、シート操作では、以下に相当します。



では、

"A","C"以外で絞り込む場合
どうしたらよいでしょうか。

方法1
Rangeオブジェクト.AutoFilter Field:=1, Criteria1:="<>A", Operator:=xlAnd, Criteria2:="<>C"

否定形の作成なので、
= → <>
Or → And
ここは把握しておいてください。


方法2
・・・
無理ですよね、画面でもそんな指定はありませんからね。
書くとしてら、

Rangeオブジェクト.AutoFilter Field:=1, Criteria1:=Array("B", "D", "E", "F"), Operator:=xlFilterValues

ということになってしまいます、画面で選択する場合も当然全てをチェックしなければなりません。
もっとも、画面の場合は全てチェックが付いている状態から、除外するもののチェックを外すという操作になるでしょうけど。
しかし、VBAの場合はどうしようもありません。
Arrayの中に絞り込む全てのリストをいれるしかないのです。


では、

"A","C","E"以外で絞り込む場合
どうしたらよいでしょうか。

方法1
・・・
これはもう無理なんです。
フィルターオプションの画面を再度良く見てください。
3つも指定ができないのです。
そのような機能は無いのですからあきらめてください。
実は、これが出来ないと相談されることが非常に多いのです・・・
でも無理なんです。


方法2
Rangeオブジェクト.AutoFilter Field:=1, Criteria1:=Array("B", "D", "F"), Operator:=xlFilterValues

と書けばよいですよね。
しかし、その、
"B","D","F"
これをどうやって生成するのでしょうか。
シートのリストからユニーク(一意)なデータを作らなければなりません。
もちろんその方法はあります。
例えば、
ExcelマクロVBA入門:第90回.フィルタオプションの設定(AdvancedFilter)
これでユニークなデータは作成できますので、そこから不必要なものを除外すればよいでしょう。
もちろん、
"A","C","E"
を残して、
"B","D","F"
を削除したいというのなら、
"A","C","E"
で絞り込んで、別シートにコピーするという手が簡単です。


考え方を変えましょう
その都度、指定方法に悩まされていたのでは生産性が悪いです。
もっと汎用的なな方法を考えましょう。
ズバリ、作業列を追加してください。
最終列の横に作業列を追加し、
条件判定して、「対象」「対象外」等の文字を入れて下さい。
そうすれば、単純なオートフィルターで処理が可能です。
この判定文字の出力に時間がかかるのではと思われるかもしれませんが、
Range("B2:B100000").Value = "=IF(OR(A2=""A"",A2=""C"",A2=""E""),""対象"",""対象外"")"
Range("B2:B100000").Value = Range("B2:B100000").Value

一応、式を抜いて値だけにするところまでやっていますが、
これでも1秒かかりません。(テスト機はCorei5)
ちなみに、処理速度に関しては、
エクセルVBAのパフォーマンス・処理速度に関するレポート
こちらを参考にしてください。

要は、処理方法次第なのです。
やり方はいろいろありますが、なるべく単純化するようにして下さい。
特に作業列の活用は常に念頭においておくようにしてください。

ただし、開発プロの方の場合は話が別です。
私も受託開発で書く場合は、あまり作業列は使わずに処理します。
まあ、大抵は配列で全て処理するようにしていますね。
配列に関しては、等サイト内のあちこちで記載していますので興味があれば参考にしてください。
第111回.静的配列
第112回.動的配列(ReDim)
第113回.配列に関連する関数
第114回.セル範囲⇔配列
配列の使い方について
動的2次元配列の次元を入れ替えてシートへ出力(Transpose)
日付の検索(配列の使用)
1次元配列の並べ替え(バブルソート,クイックソート)
2次元配列の並べ替え(バブルソート,クイックソート)




同じテーマ「ExcelマクロVBA技術解説」の記事

条件付きコンパイル(32ビット64ビットの互換性)
Application.Goto使用時の注意
ExecuteExcel4Macroについて
再帰呼出しについて(再帰プロシージャー)
リボンを非表示、2003以前ならメニューを非表示
Excelのバージョンを判断して「名前を付けて保存」
印刷ページ設定の余白をセンチで指定する(CentimetersToPoints)

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について|エクセル関数超技(6月17日)
条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは|ExcelマクロVBA技術解説(6月15日)
空白セルを正しく判定する方法2|ExcelマクロVBA技術解説(5月6日)
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける|ExcelマクロVBA技術解説(4月15日)
テキストボックスの各種イベント|Excelユーザーフォーム入門(4月9日)
フォルダ(サブフォルダも全て)削除する、Optionでファイルのみ削除|ExcelマクロVBAサンプル集(4月4日)
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
先頭の数値、最後の数値を取り出す|エクセル関数超技(3月26日)
Excelファイルを開かずにシート名をチェック|ExcelマクロVBAサンプル集(3月23日)
数式の参照しているセルを取得する|ExcelマクロVBAサンプル集(3月18日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|ExcelマクロVBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|ExcelマクロVBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|ExcelマクロVBA入門
7.セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)|エクセル関数超技
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.CSVの読み込み方法|ExcelマクロVBAサンプル集



  • >
  • >
  • >
  • 複雑な条件(複数除外等)のオートフィルター(AutoFilter)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

    ↑ PAGE TOP