鵜原パソコンソフト研究所
たぶん同期

2つのフォルダの同期をとるソフトです
最終更新日:2012-05-07

たぶん同期


パソコン月刊誌「iP!(アイピー)」2010年10月号(晋遊舎)に掲載されました。

2つのフォルダの同期をとるソフトです。


無条件に同期するソフトは多いのですが、
よく確認しながら、選択して同期したり、
バックアップ(元のファイルの)をとったりできます。

未同期のファイルを色分けして表示したり、
拡張子を選択しての同期実行も出来ます。

自分でプログラム開発の過程で、
.NETのソース管理として使用しています。
機能はあまりありませんが、使い勝手は良いです。
また、おまけとして、NTPサーバーの時刻合わせができます。

エクセル Excel サンプル画像


◆ 概要
 たぶん同期は2つのフォルダを同期します。
 ただし、無条件で同期するのではなく、差異のあるファイルを一覧表示し、
 選択できるようにしてあります。
 また、上書き時には、バックアップをとれるので、元に戻すことも可能です。


◆ 取り扱い種別
 フリーウェア(寄付歓迎)


◆ 動作環境について
 たぶん同期が必要とする動作環境は以下のとおりです。

 ○OS
  Windows 2000
  Windows XP
  Windows VISTA
  Windows 7
 ○対応機種
  上記日本語OSが稼動するパーソナルコンピュータ
  (インテル Pentium 4 以上を推奨)
 ○メモリ
  Microsoft Windows Vista 512MB以上(1GB以上を推奨)
  Microsoft Windows XP 512MB以上(1GB以上を推奨)
 ○ディスプレイ
  解像度:1024 × 768以上必須、High Color(16ビット)以上を推奨
 ○ハードディスク
  必須空き容量 256MB以上
  Microsoft .NET Framework 2.0以上がインストールされていない場合は
  さらに、384MB以上必要です。
  データ領域は別途必要


 ○別途必要なソフト
  Microsoft .Net Framework 2.0
  以上がインストールされていない環境では、事前にインストールしておくか、
  インストール時にインターネットに接続されている必要があります。
  (セットアップ時に自動ダウンロードされます。)

◆ インストール
 インストールの起動方法
 1.Setupフォルダ内のsetup.exeを起動して下さい。

    以下、①は使用環境により表示されない場合もあります。
    (既にインストール済の場合)
    ①Microsoft Data Access Components 2.8
     「同意する」を選択して下さい。

    たぶん同期のセットアップが始まります。
    ⑤たぶん同期セットアップウィザードへようこそ
     「次へ」を選択して下さい。
    ⑥使用許諾契約書
     ご一読後に、「同意する」「次へ」を選択して下さい。
    ⑦インストールフォルダの選択
     インストールフォルダを変更する場合は、「参照」より設定して下さい。
     複数ユーザーで使用する場合は、「すべてのユーザー」を選択して下さい。
    ⑧インストールの確認
     最終確認になります。
     よろしければ「次へ」を選択して下さい。
    インストールが開始されます。
    ⑨インストールが完了しました。
     「閉じる」を選択して下さい。

 デスクトップにたぶん同期が作成されていますので、
 このアイコンよりプログラムを起動して下さい。
 また、スタート(VISTAすべてのプログラム)にたぶん同期が作成されます。
 この中に、プログラムの起動と、ヘルプファイルの起動が入っています。
 ※インストール後の最初の起動時は、画面が表示されるまでに少し時間がかかります。

◆ アンインストール
 たぶん同期のセットアッププログラムは、アンインストール
 (ファイルの削除)機能を含んでいます。
 コントロールパネルの[アプリケーションの追加と削除]から
 たぶん同期を選択し、
 [追加と削除]ボタンをクリックするとアンインストールが開始されます。

オンラインマニュアル


ダウンロード及びお支払は、ベクターをご利用下さい。






新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
IfステートメントとIIF関数とMax関数の速度比較|VBA技術解説(6月23日)
Withステートメントの実行速度と注意点|VBA技術解説(6月6日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)|VBA技術解説(6月2日)
マクロでShift_JIS文字コードか判定する|VBA技術解説(6月1日)
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換|VBAサンプル集(5月31日)
「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた|エクセル(5月21日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

本文下部へ