事業案内
鵜原パソコンソフト研究所

Excel,Accessから.NETの本格業務システム(SqlServer,Oracle)まで
最終更新日:2019-10-27

お知らせ

2019/10/18 現在、全てのフリーソフト・シェアウェアの公開を停止しています。
2014/11/22 「お客様第一」顧客管理システムVersion1.5.2リリースしました。
2014/04/28 「お客様第一」顧客管理システムVersion1.5.0リリースしました。
         遅くなりましたが消費税8%対応が完了しました。
         税込み処理を選択している場合が多いようなので、特段の差異はありません。
2013/09/05 都合により、フォルダ構成を変更しました。
         旧URLは、しばらく残しますが、いずれ削除予定です。
         ブックマーク等をしている場合は変更をお願いいたします。
2012/12/08 ご予算に応じてエクセルをお作り致します。五千円~
         お見積りは無料です。問合せフォームにて!
2012/04/29 「アメブロとったど」を新規リリースしました。
         アメブロ管理ソフトです。エクセルで記事や読者を管理できます。
2012/04/28 「お客様第一」顧客管理システムVersion1.4.13リリースしました。
2012/03/07 新たにブログを開始しました。
         「やまちゃんの活動記録」・・・このサイトの管理人の日記です。
2012/03/03 「ツイート」ボタンと、「いいね!」ボタンを設置しました。
         「ツイート」と「いいね!」ボタン設置方法
2012/02/28 独自ドメイン取得しました。
         エクセル色を強めました。
2012/01/24 「フリー&シェアソフト使えるEXCEL・WORD」2012年版(成美堂出版)に
         「エクセル営業管理」が掲載されました。
2012/01/19 全体的にリニューアルしました。
         使い易くなっていれば良いのですが。
2011/11/07 「お客様第一」顧客管理システムVersion1.4.12リリースしました。
2011/10/24 「エクセル営業管理」をリリースしました。
         購入すればVBAコードが修正可能となり、メールサポートが受けられます。
2011/10/12 「お客様第一」顧客管理システム、Windows7(64bit)に対応しました。
2011/06/23 「お客様第一」顧客管理システムVersion1.4.11リリースしました。
2011/05/20 「エクセル顧客管理」をリリースしました。
         購入すればVBAコードが修正可能となり、メールサポートが受けられます。
2011/05/09 「お客様第一」顧客管理システムVersion1.4.10リリースしました。
2011/01/24 「お客様第一」顧客管理システムVersion1.4.9リリースしました。
2010/11/26 「お客様第一」顧客管理システムVersion1.4.8リリースしました。
2011/11/12 ご購入に関係なく、広く、ご意見・ご感想・ご要望を承っております。
         問合せフォームまたはメールにて!可能な限り製品に反映していきます。
2011/11/08 「お客様第一」顧客管理システム。価格改定(大幅値下げ)しました。
2010/10/26 「エクセル集」総務部、社会保険労務士向けをアップしました。
2010/10/22 「お客様第一」顧客管理システムVersion1.4.7リリースしました。
2010/09/24 「お客様第一」顧客管理システムVersion1.4.6リリースしました。
2010/09/13 トップページの雰囲気を変えてみました。

2010/09/03 「お客様第一」顧客管理システムVersion1.4.5リリースしました。
2010/08/30 「たぶん同期」が晋遊舎より発行の
         パソコン月刊誌「iP!(アイピー)」2010年10月号に掲載されました。
2010/08/16 「お客様第一」顧客管理システムVersion1.4.4リリースしました。
2010/07/30 「たぶん同期」フォルダ同期ソフト(フリーソフト)修正版リリースしました。
2010/07/20 「たぶん同期」フォルダ同期ソフト(フリーソフト)リリースしました。
2010/07/13 「お客様第一」顧客管理システムVersion1.4.3リリースしました。
2010/06/30 「お客様第一」顧客管理システムVersion1.4.2リリースしました。
2010/06/21 「お客様第一」顧客管理システムVersion1.4.1リリースしました。
2010/06/16 ホームページリニューアルしました。

新着記事

CSVの読み込み方法(ジャグ配列)(改)|VBAサンプル集(11月11日)
CSVのマクロVBAでの読込方法についての記事は、人気記事として多くのアクセスがあります。順次改定していくつかのバージョンが存在します。最新のジャグ配列(配列の配列)で読み込むVBAについて、UTF-8Nの文字コード判別の課題が残っていました。
VBAでのCSVの扱い方まとめ|VBAサンプル集(11月9日)
マクロVBAでCSVの読み書きする方法はいくつもあり、当サイトでも複数のページでそれぞれVBAコードを掲載しています。順次記事を掲載しているので、それぞれどのような特徴があるかが良く分からなくなってしまっているようです。そこで、CSVに関するページをまとめておきました。
VBAにおける変数のメモリアドレスについて|VBA技術解説(11月8日)
VBA開発においてメモリアドレスを気にすることはほとんど無いと思います。気になる場合があるとしたら、・String変数の処理が遅い ・Variant変数の処理が遅い ・ByRef,ByValの違い ・WindowsAPI使用時 このような場合に多少は気になる事があるくらいではないでしょうか。
空文字列の扱い方と処理速度について(""とvbNullString)|VBA技術解説(1月7日)
空文字列と書きましたが、空文字列という表現がかなり曖昧な表現になっています。ここでいう空文字列とは、文字列が入るべき場所に、何も入っていない(ように見える)状態を指しています。VBAにおいては、空文字列の状態が2つあります。
Errオブジェクトとユーザー定義エラー|VBA入門(11月5日)
VBA実行時には種々のエラーが発生します。実行時エラーに関する情報は、Errオブジェクトには入っていますので、VBA実行でエラー発生した場合は、Errオブジェクトを参照しエラー内容を調べることになります。Errオブジェクトの使い方と、ユーザー定義エラーの生成方法について解説します。
シングルクォートの削除とコピー(PrefixCharacter)|VBA技術解説(11月4日)
セルに入力した先頭の'シングルクォーテーションは特殊なものとなっています。通常は、数値を文字としてセルに入れるときに使っているものです。マクロVBAでセル値を取得すると、この'シングルクォーテーションはValueでは取得できません。
ユーザー定義型の制限とクラスとの使い分け|VBA技術解説(11月3日)
VBAにはユーザー定義型(Type)があり、複数の要素(複数のデータ型)を含むデータ型を定義できます。複数の値をひとまとめで扱う方法として配列がありますが、配列は同じ型の値しか扱うことができませんが、ユーザー定義型の変数には、文字列型、数値型等々の複数のデータ型をひとまとめにして入れることができます。
クリップボードに2次元配列を作成してシートに貼り付ける|VBA技術解説(11月1日)
タイトルはいささかとっぴな感じですが、目的はクリップボードのデータ取得とクリップボードへデータを送る方法と、そもそもクリップボードの中に、セル範囲(つまり2次元)のデータがどのように入っているかを確認してみようという事です。そして、それが解ればクリップボードに2次元配列としてデータを用意してシートに貼り付けられるだろうという事です。
VBAクラスを使ったイベント作成(Event,RaiseEvent,WithEvents)|VBA技術解説(10月31日)
VBAクラスを使う事で、ユーザー定義イベントを作成したり、動的にイベントを割り当てる事が出来ます。ユーザー独自のイベントを作成したり、フォームに動的に追加したコントロールにイベントを設定することができます。EventステートメントとRaiseEventステートメントを使う事で、ユーザー定義イベントつまりユーザー独自のイベントを作成できます。
VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAクラスをエクスポートすると各種のAttributeが設定されているのが確認できます。それぞれのAttributeの意味と、さらに追加で指定できるAttributeについて説明します。Attributeの変更はVBA標準でサポートされておらず、その使用については慎重であるべきですが、どのようなものがあるかを知るのは、
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)
プログラミング言語には独特の用語があります。用語の理解があやふやなままで解説を読んでも理解がずれてしまう事もあります。VBAの用語は、プログラミング言語一般で使われている用語と同じ使い方も多いのですが、中にはVBA独自の使い方をしている場合もあります。
VBAのマルチステートメント(複数のステートメントを同じ行に)|VBA技術解説(10月14日)
VBAでは、基本的な決まりとして1ステートメントは1行で書くことになっています。しかし、あまりに長くなってしまうと見づらくなります。逆に、短いステートメントが多数行になっていても見づらい場合もあります。
VBAコードの全プロシージャー・プロパィ一覧を取得|VBAサンプル集(10月12日)
VBAの開発規模がある程度大きくなってくると、VBAソース管理の必要性を感じることもあると思います。モジュールの数も増えてきて、プロシージャー・プロパティが膨大になっきます。以下は、指定ブックの全モジュールの全プロシージャー・プロパティを一覧にするVBAサンプルです。
VBAでエラー行位置(行番号)を取得できるErl関数|VBA技術解説(10月11日)
VBAのデバッグでエラーが発生した行位置を特定する方法はいくつかあります。エラーが発生したVBAソースの行ラベルを取得することができる関数がErl関数です。Erl関数は、VB6に存在しVBAにも引き継がれ実装されているものです。
手動計算時の注意点と再計算方法|ExcelマクロVBA技術解説(10月9日)
セルを変更する度に再計算が動いてしまうと処理時間が遅くなってしまいます。そこでマクロVBAの中で、計算方法を手動にすることで対処することになります。このとき処理結果が期待した結果にならないといった事が起こらないように、手動計算時の注意点と再計算方法について解説します。
引数の数を可変にできるパラメーター配列(ParamArray)|VBA入門(10月7日)
Subプロシージャー、Functionプロシージャーにおいて、引数リストの数を特定せず、不定個数の引数を渡せるよう可変にしたい場合があります。ワークシートの関数では、引数の個数が不定の関数が多数あります。=SUM(数値1,数値2,...) このように、最後が「,...」となっていて、いくつでも(限度はありますが)指定できる関数です。
VBEの使い方:デバッグ|ExcelマクロVBA入門(10月6日)
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではVBA開発で、重要かつ避けて通れないデバッグについて説明します。。
VBAにおける配列やコレクションの起点について|VBA技術解説(10月5日)
VBAの配列を扱っていると、0から開始されていたり1から開始されていたりします。さすがに、混乱したり、間違ってしまう事もあると思います。0から開始される場合を、「0オリジン」英語では「zero-based」1から開始される場合を、「1オリジン」英語では「one-based」このような呼び方をします。
VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー|VBA入門(10月5日)
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではオブジェクトブラウザーの使い方について説明します。オブジェクトブラウザーの表示 メニュー「表示」→「オブジェクトブラウザ」ショートカットはF2 初期設定では、
VBEの使い方:ウォッチ ウィンドウ|VBA入門(10月4日)
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではウォッチウィンドウの使い方について説明します。ウォッチウィンドウの表示 メニュー「表示」→「ウォッチウィンドウ」初期設定では、コードウィンドウの下にドッキング表示されます。

本サイトについて

実業で開発したソフトの一部をフリー・シェアとして公開しています。
気軽にダウンロードして、使ってみて下さい。
使った感想などをお寄せくだされば、今後の開発に生かしていきます。
試用版の場合は、プロダクトキーの入力だけで有料版へ移行できます。
まずは一度、お試し下さい。

「お客様第一」顧客管理システムは有料ソフトです、試用版を用意してあります。
「エクセル顧客管理」は顧客管理です。購入でVBAコードも開示します。
「エクセル営業管理」は見積・請求・スケジュール・会計管理です。購入でVBAコードも開示。
「たぶん同期」フォルダ同期ソフトはフリーソフトです、ご自由にどうぞ。
「エクセル集」総務部、社会保険労務士向け、完全フリーです。

近年は、エクセル(Excel)関連の技術情報を充実させています。
とくに、マクロVBAは入門・基礎から上級向けの情報まで豊富に揃えています。

「エクセル(Excel)」はエクセルの関数からマクロ(VBA)まで。

本サイトはリンクフリーです、ご自由にどうぞ。

システム開発請け負います

各種データベースを使用したシステムから、エクセルで作る簡易システムまで、
幅広くシステム開発をお受けいたします。

このサイトで紹介している「お客様第一」は、.NETで作成した本格業務ソフトです。
「エクセル顧客管理」「エクセル営業管理」は、もちろんエクセルで作成しています。

ご要望により、システムの大小を問わずお受けいたします。
システムは、お金をかければ良い物が出来るわけではありません、
それぞれの企業に合ったシステム・ご予算に応じたシステム開発が重要です。
お仕着せのシステムではなく、業務に即したシステム開発を致します。

お気軽に、お問い合わせください。

問合せフォーム、またはメールにて!

「お客様第一」顧客管理システム・・・有料ソフト(シェアウェア)

「お客様第一」は顧客管理+販売管理システムです。
顧客管理を中心に、販売管理・請求・入金までサポートしています。
全ての画面、帳票において、ユーザーの独自設定を可能とし、
項目の追加、名称の変更、配置、カラー等々が全て設定可能となっており、
さまざまな業種に対応する顧客管理です。
顧客に対するあらゆるシーンを網羅し、履歴として保存できます。
保存された履歴から、特定の顧客を絞込み、そのまま有効なアクションにつなげる。
素早いアクションで顧客は満足感を高め、
リピーターからファンへ、そして口コミへと広がります。
顧客満足度を高め、リピーターとして顧客を囲い込む為のツール
それが「お客様第一」顧客管理システムです。
自由自在な設定で、御社独自の顧客管理を実現します。
他社との差別化を図り、地域一番を目指す御社を
「お客様第一」がバックアップいたします。

試用版のダウンロードができます。

試用版について

試しに使ってみて気に入ったら購入する為のお試し版です。
ダウンロードしてインストールしても料金は発生しません。
30日間、無料で試用できます。
十分試用し納得してからご購入ください。
ご購入は、購入についてをご覧下さい。

「エクセル顧客管理」「エクセル営業管理」・・・購入でVBAコードも開示

購入した場合は、マクロ(VBA)のパスワードを解除できます。
また、メールでのサポートが受けられるようになります。

・プロダクトキーを入力することで、
 試用確認画面が表示されなくなります。
・同じプロダクトキーで、
 マクロ(VBA)のパスワードを解除できます。
・メールでのサポートが受けられるようになります。
 サポート範囲
 ・使い方の問い合わせ
 ・VBAコードに対する質問
 ・小規模改修への助言と簡単なVBAコードのサンプル提示
  大規模な改修や、大量コードは提示は出来ません。
・全く修正せず、そのまま使う事も良いですが、
 マクロが多少でも理解でき、自身で修正できる方が望ましいです。

「たぶん同期」フォルダ同期ソフト・・・無料ソフト

2つのフォルダの同期をとるソフトです。
無条件に同期するソフトは多いのですが、
よく確認しながら、選択して同期したり、
バックアップ(元のファイルの)をとったりできます。
未同期のファイルを色分けして表示したり、
拡張子を選択しての同期実行も出来ます。
自分でプログラム開発の過程で、
.NETのソース管理として使用しています。

「エクセル集」総務部、社会保険労務士向け・・・無料ソフト

金種表.xls
60歳以降賃金シミュレーション.xls
高年齢雇用継続.xls
産前産後育児.xls
の4つです。
マクロは一切使っていません。
関数のみで作成しています。
一切、保護していませんので、改変等は自由に行って下さい。
※※※ 無断での再配布は禁止いたします。※※※
再配布したい場合は、事前に連絡をお願いいたします。
ご意見・ご要望を頂ければ、内容によっては無料で作成いたします。

「エクセル(Excel)」・・・エクセルの基本操作・関数からマクロ(VBA)まで







新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

CSVの読み込み方法(ジャグ配列)(改)|VBAサンプル集(11月11日)
VBAでのCSVの扱い方まとめ|VBAサンプル集(11月9日)
VBAにおける変数のメモリアドレスについて|VBA技術解説(11月8日)
空文字列の扱い方と処理速度について(""とvbNullString)|VBA技術解説(1月7日)
Errオブジェクトとユーザー定義エラー|VBA入門(11月5日)
シングルクォートの削除とコピー(PrefixCharacter)|VBA技術解説(11月4日)
ユーザー定義型の制限とクラスとの使い分け|VBA技術解説(11月3日)
クリップボードに2次元配列を作成してシートに貼り付ける|VBA技術解説(11月1日)
VBAクラスを使ったイベント作成(Event,RaiseEvent,WithEvents)|VBA技術解説(10月31日)
VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

本文下部へ