ExcelマクロVBAサンプル集
エクセルでファイル一覧を作成.№1(概要)

ExcelマクロVBAでファイル一覧を作成、サブフォルダ以下を全て取得
最終更新日:2014-11-11

エクセルでファイル一覧を作成.№1(概要)



エクセルでファイル一覧を作成します、


サブフォルダ以下も全て取得し、一覧表示します、

まずは、完成イメージです。


Excel VBA 解説


こんな感じにする予定です。

プログラムは作りながらの説明になりますので、現在は、何も出来ていません。

従って、完成イメージも変わる可能性もありますので、承知しておいて下さい。



今回は、プログラムも短いので、丁寧に説明するつもりです。

ファイル操作、罫線、表示書式等が主な内容になります。



従って、初心者の方には、良い勉強になるはずです。

また、再帰処理も必要になってきますので、


中級くらいの人も参考にして下さい。

今日は、初回の説明だけで終わります。

次回から、具体的なマクロの作成に入ります。





同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

エクセルでファイル一覧を作成.№1(概要)
エクセルでファイル一覧を作成.№2(Dir関数1)

エクセルでファイル一覧を作成しますサブフォルダ以下も全て取得し一覧表示しますその前にマクロって何?と言う人は第3回.顧客登録のシートを作成その前にマクロって何? 第4回.顧客登録のシートを作成(1) 第10回.コーディングとデバッグ このあたりをお読みください。モジュールの挿入方法や変数定義については
エクセルでファイル一覧を作成.№3(Dir関数2)
エクセルでファイル一覧を作成します、サブフォルダ以下も全て取得し、一覧表示します、先にまず、完成イメージです。前回のプログラム ファィルの一覧は取得出来ましたが、サブフォルダが取得できていません。実は、Dir関数には、第2引数があります。
エクセルでファイル一覧を作成.№4(FileLen,FileDateTime)
エクセルでファイル一覧を作成します、サブフォルダ以下も全て取得し、一覧表示します、前回のプログラムです。とにかく一覧は取得出来ましたが、フォルダとファイルがごちゃ混ぜです。フォルダだけをまず取得し、それからファイルを取得して、一覧にします。
エクセルでファイル一覧を作成.№5(FileDialog)
エクセルでファイル一覧を作成します、サブフォルダ以下も全て取得し、一覧表示します、前回のプログラムでは、フォルダが無い場合のチェックや、最後に"\"を付けておく必要がありました。これらを、プログラムに組み込みます。これをモジュールの先頭に入れます。
エクセルでファイル一覧を作成.№6(FileSystemObject1)
エクセルでファイル一覧を作成しますサブフォルダ以下も全て取得し一覧表示します前回の予告通りFileSystemObjectを使います。Dir関数では限界がありますというかかえって面倒です。FileSystemObjectを使うことによってすっきりしたコードになりますし次回以降の再帰処理もしやすくなります。
エクセルでファイル一覧を作成.№7(FileSystemObject2)
エクセルでファイル一覧を作成します、サブフォルダ以下も全て取得し、一覧表示します、前回の予告通り、今回は再帰処理を実装します。その前に、再帰処理とは 簡単に言えば、自分自身をCallすることです、「再帰呼び出し」と言います。同じ処理を繰り返し行う場合に使用します。
エクセルでファイル一覧を作成.№8(インデント)
エクセルでファイル一覧を作成します、サブフォルダ以下も全て取得し、一覧表示します、さて、前回の再帰処理で、サブフォルダも以下も全て取得できましたので、後は、体裁を整えるだけになりました。今回は、サブフォルダ毎に、列をずらして(インデントして)、見やすくします。
エクセルでファイル一覧を作成.№9(罫線)
エクセルでファイル一覧を作成します、サブフォルダ以下も全て取得し、一覧表示します、いよいよ、大詰めです、今回は罫線を引きましょう。一見すると、かなり複雑な線を引かないといけないように見えます。規則性を見つけて下さい。
エクセルでファイル一覧を作成.№10(完成)
エクセルでファイル一覧を作成します。サブフォルダ以下も全て取得し一覧表示しますいよいよ最終回です使えるマクロにする為の総仕上げになります。1.画面の更新を停止してスピードアップする 2.処理中のフォルダをステータスバーに表示する 3.エクセルファイルはクリックで開けるようにする 以上を組み込みます。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAコードの全プロシージャー・プロパィ一覧を取得|VBAサンプル集(10月12日)
VBAでエラー行番号を取得できるErl関数|VBA技術解説(10月12日)
手動計算時の注意点と再計算方法|ExcelマクロVBA技術解説(10月9日)
引数の数を可変にできるパラメーター配列(ParamArray)|VBA入門(10月7日)
VBEの使い方:デバッグ|ExcelマクロVBA入門(10月6日)
VBAにおける配列やコレクションの起点について|VBA技術解説(10月5日)
VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー|VBA入門(10月5日)
VBEの使い方:ウォッチ ウィンドウ|VBA入門(10月4日)
VBEの使い方:ローカル ウィンドウ|VBA入門(10月3日)
VBEの使い方:イミディエイト ウィンドウ|VBA入門(10月2日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • >
  • エクセルでファイル一覧を作成.№1(概要)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ