VBA練習問題解答
総合練習問題7解答

Excelマクロ練習問題集、エクセルVBAの学習教材
公開日:2013年5月以前 最終更新日:2019-11-03

第67回.総合練習問題7解答

マクロVBA練習問題の解答ページです。


マクロVBA練習問題

ブックとシートを扱う問題です。
まず以下を見て下さい。

マクロVBA練習問題

シート「ブック一覧」のA列にパスB列にブック名が入っています。
このブックを開き、中の全てのシート名を取得して下さい。
先頭に「シート一覧」というシート追加し、
A列にブック名、B列にシート名を書き出して下さい。
ただし、繰り返し実行可能なように、既に「シート一覧」というシートがある場合も考慮する事。
結果は以下のようになります。

マクロVBA練習問題

少し難しいプログラムになります。

ヒント!
既に「シート一覧」というシートがある場合は、
一旦シートを削除してから行う方が簡単です。

シンキングタイム

シンキングタイム開始


シンキングタイム終了

マクロVBA練習問題解答

では解答のマクロVBAコードです。
※.Valueは適宜省略しています。

Sub 練習1()
  Dim i As Long
  Dim OutRow As Long
  Dim wb読込 As Workbook
  Dim ws一覧 As Worksheet
  Dim ws As Worksheet
  
  Application.ScreenUpdating = False
  Application.DisplayAlerts = False
  
  'シート「シート一覧」を削除
  On Error Resume Next
  Worksheets("シート一覧").Delete
  On Error GoTo 0
  
  '「シート一覧」を作成
  Set ws一覧 = Sheets.Add(Before:=Sheets(1))
  ws一覧.Name = "シート一覧"
  ws一覧.Range("A1") = "ブック名"
  ws一覧.Range("B1") = "シート名"
  
  '「シート一覧」2行目から
  OutRow = 2
  With Worksheets("ブック一覧")
    For i = 2 To .Cells(.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
      'ブックを開く
      Set wb読込 = Workbooks.Open(.Cells(i, 1) & "\" & .Cells(i, 2))
      'ブック名を出力
      ws一覧.Cells(OutRow, 1) = wb読込.Name
      '全シート名を出力
      For Each ws In wb読込.Sheets
        ws一覧.Cells(OutRow, 2) = ws.Name
        OutRow = OutRow + 1
      Next ws
      '開いたブックを閉じる
      wb読込.Close SaveChanges:=False
    Next i
  End With
  
  Application.DisplayAlerts = True
  Application.ScreenUpdating = True
End Sub

それなりに長いマクロになっています。
今までに説明した、ステートメント・プロパティ・メソッドだけを使ったつもりです。
書き方は色々あります。

'シート「シート一覧」を削除
On Error Resume Next
Worksheets("シート一覧").Delete
On Error GoTo 0

この部分は、

For Each ws In Sheets
  If ws.Name = "シート一覧" Then
    ws.Delete
  End If
Next ws

本来は、このように書く方が良いでしょう。
On Error のサンプルをかねて、回答ではこのようにしてみました。
Setステートメントをうまく使うと、マクロがすっきりします。
何度も書いて覚えて下さい。



同じテーマ「マクロVBA練習問題解答」の記事

第36回.総合練習問題4解答

マクロVBA練習問題の解答ページです。マクロVBA練習問題 以下の表について、書式設定のマクロを書いて下さい。上の表の書式設定をして、下の表を完成させて下さい。ヒント!セルの書式設定では、同じ設定についてはまとめて一括でやるようにしてください。
第43回.総合練習問題5解答
マクロVBA練習問題の解答ページです。マクロVBA練習問題 以下の表で問題です、いわゆる百ます計算です。このシートは、「Sheet1」とし、別に「Sheet2」が存在します。百マス計算です。・交点のセルに掛け算を入れて下さい。
第50回.総合練習問題6解答
マクロVBA練習問題の解答ページです。マクロVBA練習問題 1問目 セルA1に、20120203 と入っています、これを、セルB2に、日付(2012/2/3) として出力して入れて下さい。2問目 セルA1に、日本太郎 と入っています、姓名の間の空白は半角スペースです。
第67回.総合練習問題7解答
第78回.総合練習問題8解答
マクロVBA練習問題の解答ページです。マクロVBA練習問題 ・ダイアログで、Excelファイルを選択する ・指定されたExcelファイルの全ワークシートを印刷する ただし、非表示シートは対象外とする また、シートの全セルの背景色は消して下さい。
第81回.総合練習問題9解答
マクロVBA練習問題の解答ページです。マクロVBA練習問題 フォルダごとバックアップするマクロの作成です。自身のブックのあるフォルダについて、以下の処理をして下さい ・サブフォルダ"BACKUP"を作成して下さい ・フォルダ内のすべてのエクセルファイルを"BACKUP"にコピ…
第86回.総合練習問題10解答
マクロVBA練習問題の解答ページです。マクロVBA練習問題 表の見出しを残して、データ部分のみ消去してください。・A1セルを起点に1つのセル領域があります、・1行目は列見出しとして使用、A列は行見出しとして使用しています、・つまり、データ部はB2セルから開始されています、・データ部のみ入力データを消去してください。
練習問題1(For~Nextの練習)解答
マクロVBA練習問題1の解答ページです。マクロVBA練習問題 ・客単価を計算して、D列に入れて下さい。※行数は2~11行の固定の記述で良いです。※客単価=売上÷客数。練習問題用のExcelファイル こちらからダウンロードできます。
練習問題2(最終行の取得の練習)解答
マクロVBA練習問21の解答ページです。マクロVBA練習問題 ・金額を計算して、D列に入れて下さい、ただし、行数は随時変わるので、行数の変化に自動対応して下さい。※金額=数量×単価 練習問題用のExcelファイル こちらからダウンロードできます。
練習問題3(二重ループの練習)解答
マクロVBA練習問題3の解答ページです。マクロVBA練習問題 100マス計算です。1行目の数値と、A列の数値の掛け算を、各交点のセルに入れて下さい。練習問題用のExcelファイル こちらからダウンロードできます。
練習問題4(Ifの練習)解答
マクロVBA練習問題4の解答ページです。マクロVBA練習問題 ・箱数とバラ数を計算して、それぞれの列に入れて下さい。・1箱に満たない場合は、D列の箱数に"×"を入れて下さい。※入数とは、1箱に入る数量です。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

エクセルが起動しない、Excelが立ち上がらない|エクセル雑感(2024-04-11)
ブール型(Boolean)のis変数・フラグについて|VBA技術解説(2024-04-05)
テキストの内容によって図形を削除する|VBA技術解説(2024-04-02)
ExcelマクロVBA入門目次|エクセルの神髄(2024-03-20)
VBA10大躓きポイント(初心者が躓きやすいポイント)|VBA技術解説(2024-03-05)
テンキーのスクリーンキーボード作成|ユーザーフォーム入門(2024-02-26)
無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|VBA入門
6.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.メッセージボックス(MsgBox関数)|VBA入門
9.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。


このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ