エクセル入門
TRIM関数(文字列から余分なスペースを削除)

Excelの初心者向け入門解説
最終更新日:2013-09-04

数式.TRIM関数(文字列から余分なスペースを削除)


エクセル入門 > 数式 > TRIM関数(文字列から余分なスペースを削除)


文字列から不要なスペース(半角、全角)をすべて削除します。

単語間に複数のスペースが連続して含まれている場合は一つのスペースのみにします。

文字列の前後のスペースはすべて削除します。


書式

TRIM(文字列)


文字列

余分なスペースを削除する文字列またはセル参照を指定します


※スペースは、半角、全角、どちらも対象となります。


使用例

セルA1に" ビバ  EXCEL "と入っている場合

=TRIM(A1) ・・・ "ビバ EXCEL"


ワークシート関数一覧
Excelワークシート関数の一覧と解説です、詳細解説ページへのリンクもあります。Excel2007までの関数です。2010以降追加の関数一覧 ワークシート関数の一覧(2010以降) 引数、関数構文については Excelシートの複雑な計算式を解析するVBAの関数構文 文字列関数…27 日付と時刻の関数…21 情報関数…17 論理関数…7 検索/行列関数…1…




同じテーマ「エクセル入門」の記事

REPLACE関数(文字列中の指定数の文字を置換)

文字列中の指定された文字数の文字を別の文字に置き換えます。書式 REPLACE(文字列,開始位置,文字数,置換文字列) 文字列 置き換えを行う文字列を指定します。開始位置 置換文字列と置き換える先頭文字の位置(文字番号)を数値で指定します。
TEXT関数(数値を書式設定した文字列に変換)
数値(日付・時刻を含む)を、特別な書式文字列を使用して表示書式を指文字列し、文字列に変換します。この関数は、数値を読みやすい書式で表示したり、数値を文字列や記号と結合する場合に便利です。TEXT関数を使用すると、数値が文字列に変換されるため、結果を数値として計算できなくなります。
VALUE関数(文字列を数値に変換する)
数値を表す文字列を数値に変換します。書式 VALUE(文字列) 文字列 セル参照、関数が指定できます。数値、日付、時刻の文字列を指定してください。上記以外の文字列を指定すると、#VALUE!となります。
TRIM関数(文字列から余分なスペースを削除)
UPPER関数(文字列の英字をすべて大文字に変換)
文字列に含まれる英字をすべて大文字に変換します。書式 UPPER(文字列) 文字列 大文字に変換する文字列またはセル参照を指定します。それ以外の文字は変換されません。使用例 セルA1に"Excel"と入っている場合 =UPPER(A1)…"EXCEL" ※ワークシート関数一覧
LOWER関数(文字列の英字をすべて小文字に変換)
文字列に含まれる英字をすべて小文字に変換します。書式 LOWER(文字列) 文字列 小文字に変換する文字列またはセル参照を指定します。それ以外の文字は変換されません。使用例 セルA1に"EXCEL"と入っている場合 =LOWER(A1)…"excel" ※ワークシート関数一覧
ASC関数(全角の英数カナ文字を半角に変換)
全角(2バイト)の文字を半角(1バイト)の文字に変換します。書式 ASC(文字列) 文字列 文字列またはセル参照を指定します。文字列に全角文字が含まれない場合は、文字列は変換されません。使用例 セルA1に"ビバEXCEL"と入っている場合 =ASC(A1)…"ビバEXCEL"(ビバは半角カナです) ※ワークシート関数一覧
JIS関数(半角の英数カナ文字を全角に変換)
文字列内の半角(1バイト)の文字を全角(2バイト)の文字に変換します。書式 JIS(文字列) 文字列 文字列またはセル参照を指定します。文字列に半角の英数カナ文字が含まれない場合は、文字列は変更されません。
PHONETIC関数(文字列からふりがなを抽出)
文字列からふりがなを抽出します。書式 PHONETIC(範囲) 範囲 ふりがなの文字列を含む1つまたは複数のセル参照を指定します。使用例 A1セルに"東京都"と入れたとして =PHONETIC(A1)…"トウキョウト" となります。
INT関数(指定数値を最も近い整数に切り捨て)
指定した数値を超えない最大の整数を返します。書式 INT(数値) 数値 切り捨てて整数にする実数を指定します。使用例 セルA1に19.5と入っている場合 =INT(A1)…19 セルA1に-19.5と入っている場合 =INT(A1)…-20 指定の数値を超えない最大整数になります。
ROUND関数(数値を四捨五入して指定桁数に)
数値を四捨五入して指定された桁数にします。書式 ROUND(数値,桁数) 数値 四捨五入の対象となる数値を指定します。桁数 数値を四捨五入した結果の桁数を指定します。正の数を指定: 数値は小数点の右側(小数点以下)で四捨五入され、小数点以下の桁数が桁数に等しくなります。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAにおける変数のメモリアドレスについて|VBA技術解説(11月8日)
空文字列の扱い方と処理速度について(""とvbNullString)|VBA技術解説(1月7日)
Errオブジェクトとユーザー定義エラー|VBA入門(11月5日)
シングルクォートの削除とコピー(PrefixCharacter)|VBA技術解説(11月4日)
ユーザー定義型の制限とクラスとの使い分け|VBA技術解説(11月3日)
クリップボードに2次元配列を作成してシートに貼り付ける|VBA技術解説(11月1日)
VBAクラスを使ったイベント作成(Event,RaiseEvent,WithEvents)|VBA技術解説(10月31日)
VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)
VBAのマルチステートメント(複数のステートメントを同じ行に)|VBA技術解説(10月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • TRIM関数(文字列から余分なスペースを削除)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ