エクセル入門
RANDARRAY関数(ランダム数値)

Excelの初心者向け入門解説
最終更新日:2020-05-01

RANDARRAY関数(ランダム数値)


RANDARRAY関数は、ランダムな数値の配列を返します。
行と列の数、最小値と最大値、および整数または10進数の値を返すかどうかを指定できます。


RANDARRAY関数はスピルで登場した新しい関数です。
・スピルとは ・スピルの数式例 ・ゴースト ・スピル範囲での独特な挙動について ・スピルのエラー表示 ・スピル範囲演算子 ・暗黙的なインターセクション演算子 ・従来のスピルしないエクセルとの互換性についての注意点 ・スピル関連記事

RANDARRAY関数の書式

=RANDARRAY([行],[列],[最小],[最大],[整数])

省略可能。
作成する配列の行数を指定します。
省略した場合は1となります。

省略可能。
作成する配列の列数を指定します。
省略した場合は1となります。

最小
省略可能。
作成する配列の最小値を指定します。
省略した場合は0となります。

最小値は最大値より小さくする必要があります。
最大値より大きい値を指定した場合は #VALUE! となります。


最大
省略可能。
作成する配列の最大値を指定します。
省略した場合は1となります。

最大値は最小値より大きくする必要があります。
最小値より小さい値を指定した場合は #VALUE! となります。

整数
省略可能。
整数または10進数の値のどちらを返すかを指定します。
TRUE : 整数
FALSE : 10進数の値
省略した場合は、FALSE(10進数の値)になります。

RANDARRAY関数の使用例

1行1列

=RANDARRAY()

エクセル Excel RANDARRAY関数

引数をすべて省略すると、1行1列の実数の乱数になります。
=RAND()
結果としては、これと同じになります。


10行1列

=RANDARRAY(10)

エクセル Excel RANDARRAY関数

第1引数の行だけ指定して、他の引数は省略しています。

1行10列:1から10の整数

=RANDARRAY(1,10,,,TRUE)

エクセル Excel RANDARRAY関数

引数の、最小、最大を省略しているので、
0から1の整数、つまり、0と1のみになります。

10行10列:1から100の整数

=RANDARRAY(10,10,1,100,TRUE)

エクセル Excel RANDARRAY関数

全ての引数を指定しています。

n行n列:セル値で

=RANDARRAY(K1,K2,K3,K4,K5)

エクセル Excel RANDARRAY関数

引数をすべてセルで指定しています。
上図では、列数を10以上にすると、スピル範囲がJ列にかかってしまうためエラーとなります。

他の関数の引数で

リストをランダムに並べ替える

=SORTBY(A2:F51,RANDARRAY(ROWS(A2:A51)))

エクセル Excel RANDARRAY関数

RANDARRAY関数で行数分の乱数を作り、その乱数を基にリストを並べ替えています。

重複しない乱数を作成する

=SORTBY(SEQUENCE(10),RANDARRAY(10))

エクセル Excel RANDARRAY関数

RANDARRAYで10個の乱数を作り、その乱数を基にSEQUENCE関数で作成した1から10の整数を並べ替えています。

スピルによって新しく追加された関数

関数名 説明
FILTER フィルターは定義した条件に基づいたデータ範囲です。
SORT 範囲または配列の内容を並べ替えます。
SORTBY 範囲または配列の内容を、対応する範囲または配列の値に基づいて並べ替えます。
UNIQUE 一覧表または範囲内から重複データを削除した一覧を返します。
RANDARRAY 0から1までのランダムな数値の配列を返します。
SEQUENCE 1、2、3、4など、配列内の連続した数値の一覧を生成します。
XLOOKUP 範囲または配列を検索し、見つかった最初の一致に対応する項目を返します。
一致が存在しない場合、XLOOKUP は最も近い (概算) 一致を返すことができます。
XMATCH 配列またはセル範囲内の項目の相対的な位置を返します。


ワークシート関数一覧

・文字列関数 ・日付と時刻の関数 ・情報関数 ・論理関数 ・検索/行列関数 ・数学/三角関数 ・統計関数 ・財務関数 ・エンジニアリング関数 ・データベース関数 ・アドイン/オートメーション ・キューブ ・Microsoft Office のサポート

ワークシート関数の一覧(2010以降)
・Excel2010で追加されたワークシート関数 ・Excel2013で追加されたワークシート関数 ・Excel2016/Excel2019で追加されたワークシート関数 ・Excel2021で追加されたワークシート関数 ・Excel2021より後の365で追加されたワークシート関数 ・Microsoft「Office のサポート」



同じテーマ「エクセル入門」の記事

FILTER関数(範囲をフィルター処理)
SORT関数、SORTBY関数(範囲を並べ替え)
UNIQUE関数(一意の値)
RANDARRAY関数(ランダム数値)
SEQUENCE関数(連続数値)
XLOOKUP関数(VLOOKUP関数を拡張した新関数)
XMATCH関数(MATCH関数を拡張した新関数)
LET関数(数式で変数を使う)
スピルと新関数の練習(XLOOKUP関数、LET関数、VBAまで)
スピルとは:スピル基礎から応用までの問題集
スピルとは:スピル入門の問題と解説


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

新旧マスタの差異比較|Power Query(M言語)入門(2023-02-28)
有効な最新単価の取得|Power Query(M言語)入門(2023-02-26)
有効な最新単価の取得|Power Query(M言語)入門(2023-02-21)
グルーブ内の最小・最大|Power Query(M言語)入門(2023-02-17)
2つのテーブルのマージ|Power Query(M言語)入門(2023-02-15)
「売上」が数値の行のみ取り込む|Power Query(M言語)入門(2023-02-13)
A列のヘッダー名を変更する|Power Query(M言語)入門(2023-02-11)
CSVのA列が日付の行だけを取り込む|Power Query(M言語)入門(2023-02-10)
列数不定のCSVの取り込み|Power Query(M言語)入門(2023-02-09)
別ブックの最終シートの取り込み|Power Query(M言語)入門(2023-02-08)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
6.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
8.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
9.並べ替え(Sort)|VBA入門
10.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ