エクセル入門
SEQUENCE関数(連続数値)

Excelの初心者向け入門解説
最終更新日:2020-05-01

SEQUENCE関数(連続数値)


SEQUENCE関数は、連続した数値の配列を作成します。
1,2,3,…など、連続した数値の一覧を生成することができます。


SEQUENCE関数はスピルで登場した新しい関数です。
2019年にOffice365のExcelに実装された革新的な機能としてスピルがあります。数式を入力したセルから結果があふれて隣接したセルにも出力されるのがスピルです。今までは数式を入れたセルにしか結果を出せませんでしたが、スピルでは隣接するセルにまで結果が表示されます。

SEQUENCE関数の書式

=SEQUENCE(行,[列],[開始],[目盛り])

必須です。
作成する連続数値の配列の行数を指定します。

省略可能。
作成する連続数値の配列の列数を指定します。
省略した場合は1になります。

開始
省略可能。
作成する連続数値の開始値を指定します。

省略した場合は1になります。

目盛り
省略可能。
作成する連続数値の間隔値を指定します。
省略した場合は1になります。

SEQUENCE関数の使用例

10行1列

=SEQUENCE(10)

エクセル Excel RSEQUENCE関数 スピル

行のみ指定しています。

1行10列

=SEQUENCE(1,10)

エクセル Excel RSEQUENCE関数 スピル


開始、目盛りを省略しているので、1開始の1間隔になります。

10行2列:101から

=SEQUENCE(10,3,101)

エクセル Excel RSEQUENCE関数 スピル

連続数値の順番に注意してください。
横→縦
この順に連続数値が作成されます。

10行1列:2から2間隔

=SEQUENCE(10,1,2,2)

エクセル Excel RSEQUENCE関数 スピル

2から2間隔なので偶数だけが出力されます。

他の関数の引数で

=TIME(SEQUENCE(12,1,9),0,0)

エクセル Excel RSEQUENCE関数 スピル

9から12個(つまり20まで)の連続数値を作成し、それを時刻として出力しています。
セルの書式は設定されません。
上図は別途に表示形式を設定したものです。

SEQUENCE関数を使ったエクセル問題

以下SEQUENCE関数を使った問題を掲載しています。
回答もありますので、挑戦してみてください。

スピルを使って日付の一覧を出力
エクセル挑戦問題 2019年にOffice365のExcelに実装された革新的な機能としてスピルがあります。スピルを上手に使うと、今まで多くの作業列を使う必要があったり、とても難しい配列数式にしなければならなかったものが、かなり簡略化された数式で実現することができます。

スピルを使って文字列を1セルずつに分解
エクセル挑戦問題 2019年にOffice365のExcelに実装された革新的な機能としてスピルがあります。スピルを上手に使うと、今まで多くの作業列を使う必要があったものが、かなり簡略化された数式で実現することができます。スピルの詳細については、以下を参照してください。

スピルによって新しく追加された関数

関数名 説明
FILTER フィルターは定義した条件に基づいたデータ範囲です。
SORT 範囲または配列の内容を並べ替えます。
SORTBY 範囲または配列の内容を、対応する範囲または配列の値に基づいて並べ替えます。
UNIQUE 一覧表または範囲内から重複データを削除した一覧を返します。
RANDARRAY 0から1までのランダムな数値の配列を返します。
SEQUENCE 1、2、3、4など、配列内の連続した数値の一覧を生成します。
XLOOKUP 範囲または配列を検索し、見つかった最初の一致に対応する項目を返します。
一致が存在しない場合、XLOOKUP は最も近い (概算) 一致を返すことができます。
XMATCH 配列またはセル範囲内の項目の相対的な位置を返します。


ワークシート関数一覧

Excelワークシート関数の一覧と解説です、詳細解説ページへのリンクもあります。Excel2007までの関数です。2010以降追加の関数一覧 ワークシート関数の一覧(2010以降) 引数、関数構文については Excelシートの複雑な計算式を解析するVBAの関数構文 文字列関数…27 日付と時刻の関数…21 情報関数…17 論理関数…7 検索/行列関数…1…

ワークシート関数の一覧(2010以降)
Excelワークシート関数の一覧と解説です。Excel2010以降に追加された関数一覧になります。2007までのワークシート関数一覧ワークシート関数の一覧 引数、関数構文については Excelシートの複雑な計算式を解析するVBAの関数構文 Excel2010で追加されたワークシート関数 Excel2013で追加されたワークシート関数 関数名 種類と説明 …



同じテーマ「エクセル入門」の記事

SWITCH関数(複数値での切替)
XLOOKUP関数とスピル入門
スピルについて
FILTER関数(範囲をフィルター処理)
SORT関数、SORTBY関数(範囲を並べ替え)
UNIQUE関数(一意の値)
RANDARRAY関数(ランダム数値)
SEQUENCE関数(連続数値)
XLOOKUP関数(範囲を検索し一致する対応項目を返す)
XMATCH関数(範囲から値を検索し一致する相対位置)
LET関数(数式で変数を使う)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Variantの数値型と文字列型の比較|エクセル雑感(7月1日)
VBAのVariant型について|VBA技術解説(6月30日)
VBAのString型の最大文字数について|エクセル雑感(6月20日)
VBAで表やグラフをPowerPointへ貼り付ける|VBAサンプル集(6月19日)
アクティブシート以外の表示(Window)に関する設定|VBA技術解説(6月17日)
マクロ記録での色のマイナス数値について|エクセル雑感(6月16日)
ツイッター投稿用に文字数と特定文字で区切る|エクセル雑感(6月15日)
日付の謎:IsDateとCDate|エクセル雑感(6月14日)
IFステートメントの判定|エクセル雑感(6月13日)
インクリメンタルサーチの実装|ユーザーフォーム入門(6月12日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ