ExcelマクロVBA技術解説
ブックが閉じる時に自動実行(Workbook_BeforeCloseとAuo_Close)

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説
最終更新日:2019-07-26

ブックが閉じる時に自動実行(Workbook_BeforeCloseとAuo_Close)


Excelブックを閉じる時にマクロVBAを自動実行させる方法として、
Workbook_BeforeCloseAuo_Close
この2通りの方法があります。
それぞれの簡単な説明と、動作の違いを解説します。


Workbook_BeforeClose

Workbook_Closeは、ブックが閉じられたときに起動されるブックのイベントプロシージャーになります。
Workbookのイベントプロシージャー|VBA入門
Workbookのイベントプロシージャーは、ブックに対し特定の操作(これがイベント)が行われた時に実行されます。イベントは、手動でもVBAでも、どちらで操作が行われても発生します。Workbookのイベントは多数用意されています。

VBEの「Microsoft Excel Objects」内の「ThisWorkbook」に記述します。



Private Sub Workbook_BeforeClose(Cancel As Boolean)
  '処理を記述
End Sub

Cancel = True

とすると、Closeイベントはキャンセルされます、
つまり、ブックは閉じられません。

参考
ブックが閉じられる直前に保存済を確認(Workbook_BeforeClose)
Workbook_BeforeCloseは、ブックを閉じる直前に起動されるイベントです、手動で閉じる場合も、VBAで閉じる場合でも起動されます。ブックが未保存の場合、無条件でブックを保存する ブックが未保存の場合は、Closeをキャンセルする。

Auo_Close

Auto_Closeは、ブックが閉じられたときに起動される特殊なプロシージャーになります。
標準モジュールに記述します。

Private Sub Auto_Close()
  '処理を記述
End Sub

プロシージャー名は全て小文字(auto_close)で書いても問題ありません。
真ん中の_(アンダースコア)を書き忘れてしまうと起動されません。
また、
どのモジュールに記述しても問題ありませんが、2つ以上のモジュールに記述するとエラーとなります。

※Auto_Closeは、以前のバージョンとの互換性を保持するために残されているものです。

Workbook_BeforeCloseとAuo_Closeの実行順序

Workbook_OpenAuto_Openも、どちらもブックが開かれたときに自動的に起動されますが、
そうなると、どちらが先に動くかが問題となります。

Workbook_BeforeClose

Auto_Close


この順序で(Workbook_BeforeCloseが先に)起動されます。

Workbook_BeforeCloseとAuo_Closeの違い

まず一番大きな違いとしては、Workbook_BeforeCloseには、引数としてCancelがありますので、
条件によって、Closeさせたくない場合は、Workbook_BeforeCloseを使います。

また、他のブックのマクロVBAでブックをCloseした時には、
Workbook_BeforeCloseは起動されますが、Auto_Closeは起動されません。



Workbooks("Book1.xls").Close Savechanges:=True

この場合、Book1のWorkbook_BeforeCloseは実行され、Auto_Closeは実行されません。
※ただし、Workbook_BeforeCloseが起動される条件としては、
Application.EnableEventsがTrue状態の場合です。
Application.EnableEvents = True
とされている場合は、Workbook_BeforeCloseは起動されません。

マクロVBAでブックをCloseしたときにAuto_Openを実行するには
Application.Run "Book1.xls!Auto_Close"
または、
Workbooks("Book1.xls").RunAutoMacros Which:=xlAutoClose
これらのどちらかをWorkbooks.Closeに先がけて記述する必要があります。

RunAutoMacrosのWhich:=XlRunAutoMacroの値
XlRunAutoMacro列挙
xlAutoActivate Auto_Activate マクロ
xlAutoClose Auto_Close マクロ
xlAutoDeactivate Auto_Deactivate マクロ
xlAutoOpen Auto_Open マクロ


Auto_Closeは以前のバージョンとの互換性を保持するために残されているものですので、
特段の理由がなければ、Workbook_BeforeCloseのみを使用した方が良いでしょう。




同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

イベント処理について
ブックが開いた時に自動実行(Workbook_OpenとAuto_Open)
ブックが閉じる時に自動実行(Workbook_BeforeCloseとAuo_Close)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAにおける変数のメモリアドレスについて|VBA技術解説(11月8日)
空文字列の扱い方と処理速度について(""とvbNullString)|VBA技術解説(1月7日)
Errオブジェクトとユーザー定義エラー|VBA入門(11月5日)
シングルクォートの削除とコピー(PrefixCharacter)|VBA技術解説(11月4日)
ユーザー定義型の制限とクラスとの使い分け|VBA技術解説(11月3日)
クリップボードに2次元配列を作成してシートに貼り付ける|VBA技術解説(11月1日)
VBAクラスを使ったイベント作成(Event,RaiseEvent,WithEvents)|VBA技術解説(10月31日)
VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)
VBAのマルチステートメント(複数のステートメントを同じ行に)|VBA技術解説(10月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • ブックが閉じる時に自動実行(Workbook_BeforeCloseとAuo_Close)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ