エクセル顧客管理
その後№2、ベクター掲載

Excelマクロを駆使したカスタマイズ可能なエクセル顧客管理、エクセルVBAの学習教材
最終更新日:2014-11-11

その後№2、ベクター掲載


エクセルで顧客管理を作ろう、


ここで作成したエクセルに、さらに機能追加しベクターに掲載しました。



機能一覧

  • 顧客登録
  • 顧客一覧
  • 商品マスタ
  • 分類マスタ
  • 納品書
  • 売上一覧
  • 請求書
  • 請求書一覧
  • 事跡登録
  • 事跡一覧
  • メール送信
  • メール履歴
  • 一覧にはCSV出力


ベクターへのリンク


「エクセル顧客管理」
説明ページ: http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se491131.html
購入ページ: http://shop.vector.co.jp/service/servlet/NCart.Add?ITEM_NO=SR253241
税込価格: \1,200


使用するだけなら、無料でご使用頂けます。


購入した場合は、マクロ(VBA)のパスワードを解除できます。


また、メールでのサポートが受けられるようになります。


サポート範囲は、VBAコードに対する質問と、

小規模改修への助言とVBAコードのサンプル提示です。


あまり大規模な改修の場合は、コードの提示が出来ない場合もあります。





同じテーマ「エクセル顧客管理」の記事

第28回.納品書データをデータベース化(1)

エクセルで顧客管理を作ろう、さーて、プログラム作成を進めます、シート「納品書」で入力した内容を、データベース化します。今回は、その前段作業を行います。シート「納品書」に名前定義を追加します。もう既に、多くの名前定義をしましたので、何が何やらわからなくなってしまっています。
第29回.納品書データをデータベース化(2)
エクセルで顧客管理を作ろう、前回の続きです、シート「納品書」で入力した内容を、データベース化します。前回作業で、「売上明細」の開始セルに名前定義を忘れていました。A3セルに「売上明細_開始」と名前定義してあります。
第30回.配列の使い方について
エクセルで顧客管理を作ろう、前回で、「売上明細」を作成しました、一部漏れもあったようで、消費税や総額が保存されていませんでした、作成方法は同じなので、名前定義の追加、VBAへの追記を同様にすれば良いでしょう。これから、「売上一覧」(伝票毎の合計一覧)を作成するのですが、プログラムを作成してみたところ、
第31回.売上一覧(伝票合計の一覧)を作成(1)
エクセルで顧客管理を作ろう、作成された、「売上明細」より、伝票合計の一覧を作成します、いろいろなやり方が考えられます、まずは、配列を使用せずに、エクセルの機能を使用してやってみます。どの程度のパフォーマンスが得られるかの実験です。次回は、配列を使っての処理をやります。
第32回.売上一覧(伝票合計の一覧)を作成(2)
エクセルで顧客管理を作ろう、作成された、「売上明細」より、伝票合計の一覧を作成します、前回に引き続き、3パターン目のやり方になります。今回のプログラムは難読ですよ。配列をいじくりまわしています。(笑) 先に、エクセルのサンプルをアップします。
第33回.売上一覧より納品書を作成
エクセルで顧客管理を作ろう、今回は、「売上一覧」で、行を選択し、F1押下で、該当の「納品書」を表示します。前回までですと、「納品書」は新規作成だけになっていましたので、これで、修正が可能になります。先に、エクセルのサンプルをアップします。
第34回.伝票番号の自動採番機能を追加
エクセルで顧客管理を作ろう、前回までで「納品書」がほぼ完成しました、概ね良さそうですが、伝票番号が直接入力しなければなりません。別途に番号管理したのでは、なんだかなー…となってしまいます。そこで、自動採番の機能を追加します。
第35回.メニューを作成
エクセルで顧客管理を作ろう、エクセルも大分出来てきましたので、シート見出しを頼りに移動しているのは不便です、今回はメニューを作成します。以下が作成したメニューです。いろいろ、機能が増えていますが、プログラムは「納品書」とほぼ同様です。
第36回.最終回
エクセルで顧客管理を作ろう、今回で36回になりました、長い間お読み頂き感謝いたします、今回で、このシリーズは最終回といたします。本記事の最後で、現在のエクセルをダウンロードできます。当初の予定では、宛名や同報メールの機能も入れる予定でしたが、断念しました。
その後№1、CSV出力を追加
エクセルで顧客管理を作ろう、一旦終了しましたが、その後に機能追加していることについて、有益な部分をここで紹介します、説明は簡潔にしています、おそらくこれを読む人は、それなりにVBAをしっている方だとの判断です。今回はCSVの出力です。2通りの方法を紹介します。
その後№2、ベクター掲載


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAにおける変数のメモリアドレスについて|VBA技術解説(11月8日)
空文字列の扱い方と処理速度について(""とvbNullString)|VBA技術解説(1月7日)
Errオブジェクトとユーザー定義エラー|VBA入門(11月5日)
シングルクォートの削除とコピー(PrefixCharacter)|VBA技術解説(11月4日)
ユーザー定義型の制限とクラスとの使い分け|VBA技術解説(11月3日)
クリップボードに2次元配列を作成してシートに貼り付ける|VBA技術解説(11月1日)
VBAクラスを使ったイベント作成(Event,RaiseEvent,WithEvents)|VBA技術解説(10月31日)
VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)
VBAのマルチステートメント(複数のステートメントを同じ行に)|VBA技術解説(10月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • その後№2、ベクター掲載

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ