VBA練習問題
VBA100本ノック 95本目:図形のテキストを検索するフォーム作成

VBAを100本の練習問題で鍛えます
最終更新日:2021-02-25

VBA100本ノック 95本目:図形のテキストを検索するフォーム作成


図形のテキストから指定の文字列を探すフォームを作成する問題です。


ツイッター連動企画です。
ツイートでの見やすさを考慮して、ブック・シート指定等を適宜省略しています。

VBAテスト用のサンプルデータは、VBA100本ノックの目次ページ からもダウンロードできます。
マクロVBAを初心者向けの基本から上級者向けの高度な内容までサンプルコードを掲載し解説しています。エクセル関数・機能・基本操作の入門解説からマクロVBAまでエクセル全般を網羅しています。


出題

出題ツイートへのリンク

#VBA100本ノック 95本目
Activeブックの全シート・全図形のテキストから指定の文字列を探すフォームを作成。
「検索」で「検索文字列」を含む図形をリスト表示。
シート名!左上セル番地;テキスト文字列 ←列幅は随意
表示されたリストをクリック選択したら当該図形を選択してください。
※動画参照

マクロ VBA 100本ノック


サンプルファイルです。
https://excel-ubara.com/vba100sample/VBA100_95.xlsm
https://excel-ubara.com/vba100sample/VBA100_95.zip


VBA作成タイム

この下に頂いた回答へのリンクと解説を掲載しています。
途中まででも良いので、できるだけ自分でVBAを書いてみましょう。


他の人の回答および解説を見て、書いたVBAを見直してみましょう。


頂いた回答

解説

リストボックスは67本目で扱いました。
リストボックスでは非表示列がいろいろと便利に使えます。
Listプロパティには2次元配列で入れるので、配列の扱いに注意が必要です。
テキストを持たない図形の場合にはTextプロパティがエラーとなってしまうので何らかの対処が必要になります。

Option Explicit

Private wb As Workbook

Private Sub btnSearch_Click()
  Set wb = ActiveWorkbook '検索時のアクディブブックを退避
  Me.lstSearch.Clear
  If Me.txtSearch.Text = "" Then Exit Sub
  
  Dim ws As Worksheet, sp As Shape
  Dim ary, ix As Long, maxLen1 As Long, maxLen2 As Long
  For Each ws In wb.Worksheets
    For Each sp In ws.Shapes
      If sp.TextFrame2.HasText Then
        If sp.TextFrame2.TextRange.Text Like "*" & Me.txtSearch.Text & "*" Then
          If ix = 0 Then ReDim ary(3, ix)
          ReDim Preserve ary(3, ix)
          ary(0, ix) = ws.Name & "!" & sp.TopLeftCell.Address
          ary(1, ix) = sp.TextFrame2.TextRange.Text
          ary(2, ix) = ws.Name
          ary(3, ix) = sp.Name
          If LenB(ary(0, ix)) > maxLen1 Then maxLen1 = LenB(ary(0, ix))
          If LenB(ary(1, ix)) > maxLen2 Then maxLen2 = LenB(ary(1, ix))
          ix = ix + 1
        End If
      End If
    Next
  Next
  
  If ix = 0 Then Exit Sub 'Transposeで対応したので、この行は無くても動く
  
  With Me.lstSearch
    .MultiSelect = fmMultiSelectSingle
    .ColumnCount = 2
    .ColumnWidths = maxLen1 * 5 & ";" & maxLen2 * 5 'この数値は適当です。この程度あれば
    .List = Transpose(ary)
  End With
End Sub

Private Sub lstSearch_Click()
  wb.Activate '検索時のアクディブブックに切り替え
  Dim ws As Worksheet
  With Me.lstSearch
    Set ws = wb.Worksheets(.List(.ListIndex, 2))
    On Error Resume Next 'バージョン(2013で確認)によりws.Selectがエラーになる場合あり
    ws.Select
    ws.Shapes(.List(.ListIndex, 3)).Select
  End With
End Sub

Private Function Transpose(ByRef aAry) As Variant
  If IsEmpty(aAry) Then '今回は使っていませんが、0件の場合対応
    Transpose = Array(): Exit Function
  End If
  
  Dim ary, i As Long, j As Long
  ReDim ary(LBound(aAry, 2) To UBound(aAry, 2), LBound(aAry, 1) To UBound(aAry, 1))
  For i = LBound(aAry, 1) To UBound(aAry, 1)
    For j = LBound(aAry, 2) To UBound(aAry, 2)
      ary(j, i) = aAry(i, j)
    Next
  Next
  Transpose = ary
End Function


テキストの存在はTextFrame2.HasTextで判定できます。
先のVBAではブック切替に対応していますが、2013以降ではフォームをモードレス表示した場合にブックを切り替えるとフュームが隠れてしまいます。
これについては記事補足で説明しました。


補足

上記VBAでは、「検索」した時点のブックを退避しておき、リストクリック時にActivateしています。
しかし2013以降では、ブックを切り替えた場合にユーザーフォームが隠れてしまうようになっています。
ユーザーフォームを起動した時点のアクティブブックの時にしか前面に出てくれなくなっています。
つまり、ユーザーフォームを起動した後にブックを切り替えると、アクティブブックの後ろにユーザーフォームが隠れてしまうという事です。

マクロ VBA 100本ノック


したがって、そもそもフォームが隠れてしまうので、VBAを上記のような仕様にしても使いづらいものとなっています。

2010まではSDI(Single Document Interface)であったために、ユーザーフォームは常に前面に出ていました。
しかし、2013でMDI(Multiple Document Interface)になったため、このような現象が発生しています。
仕方ない部分もありますが、複数ブックでモードレスフォームを使いづらくなってしまっています。
でも、たぶん、改善されないんでしょうね・・・


サイト内関連ページ

第97回.図形オートシェイプ(Shape)
・図形オートシェイプ(Shape)関連のオブジェクト群 ・図形オートシェイプ(Shape)の追加 ・図形オートシェイプ(Shape)の削除 ・図形オートシェイプ(Shape)の編集 ・図形オートシェイプ(Shape)の全選択 ・図形オートシェイプ(Shape)の扱い方を工夫する ・オートシェイプ(Shape)を扱う実践例 ・図形オートシェイプ(Shape)に関連する記事
ユーザーフォーム入門
第12回.リストボックス(ListBox)の追加
・リストボックスの追加 ・リストボックスのプロパィ ・Listプロパティ ・Columnプロパティ ・RowSourceプロパティ ・選択されたリスト項目の取得 ・リストボックスの複数選択




同じテーマ「VBA100本ノック」の記事

92本目:セルの色を16進で返す関数
93本目:複数ブックを連結して再分割
94本目:表範囲からHTMLのtableタグを作成
95本目:図形のテキストを検索するフォーム作成
96本目:Accessデータを取得(マスタ結合&抽出)
97本目:Accessデータを取得(グループ集計)
98本目:席替えルールが守られているか確認
99本目:自動席替え(行列と前後左右が全て違うように)
100本目:WEBから100本ノックのリストを取得
魔球編:組み合わせ問題
魔球編:閉領域の塗り潰し


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

TOROW関数(配列を横1行の配列にして返す)|エクセル入門(2022-10-31)
TOCOL関数(配列を縦1列の配列にして返す)|エクセル入門(2022-10-31)
CHOOSECOLS関数(配列から複数の指定された列を返す)|エクセル入門(2022-10-29)
CHOOSEROWS関数(配列から複数の指定された行を返す)|エクセル入門(2022-10-29)
WorksheetFunctionの効率的な使い方とスピル新関数の利用|VBA入門(2022-10-27)
VSTACK関数(配列を縦方向に順に追加・結合)|エクセル入門(2022-10-25)
HSTACK関数(配列を横方向に順に追加・結合)|エクセル入門(2022-10-25)
LAMBDA以降の新関数の問題と解説(配列操作関数編)|エクセル入門(2022-10-24)
LAMBDA以降の新関数の問題と解説(ヘルパー関数編)|エクセル入門(2022-10-24)
LAMBDA以降の新関数の問題集|エクセル入門(2022-10-24)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
9.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ