SQL入門
取得行数を限定するLIMIT句

SQLの初心者向け入門解説、VBAからデータベースを扱うためのSQLを解説
最終更新日:2019-12-21

取得行数を限定するLIMIT句


SELECT文の結果は対象行が全て出力されますが、
「先頭の何件だけ取得したい」このような時に使うのがLIMIT句になります。
さらにOFFSET句を合わせて使う事で、途中の何行目から何件という指定もできます。


LIMIT句が使えるデータベースは限られています。

LIMIT句が使える代表的なデータベースとしては、PostgreSQL、MySql、SQLite
ORACLEではROWNUMを使います。
SQL ServerではROW_NUMBER()を使います。
また、SQL ServerおよびAccessではTOP句が使えます。


使用するテーブル定義は以下になります。

全テーブル定義とテーブル自動作成VBA
データベースの正規化とマスタの作成で作成した全テーブル定義と、テーブル名変更と列追加(ALTERTABLE)とテーブル自動作成で作成したテーブル自動作成VBAを掲載しておきます。エクセルVBAでデータベースを扱うためのSQL入門です。前回までにテーブルを作成したり、削除したりできるようになりました。


LIMIT句の構文

SELECT カラム名 … FROM テーブル名 LIMIT 行数
SELECT結果の先頭から指定の行数だけが取得されます。
SORT BYが指定されている場合は、ソート後に適用されます。

SELECT カラム名 … FROM テーブル名 LIMIT 行数 OFFSET 除外行数
SELECT カラム名 … FROM テーブル名 LIMIT 除外行数, 行数
SELECT結果の除外行数の次の行から指定した行数だけが取得されます。
たとえば、除外行数に10を指定した場合は、11行目から取得されます。
SORT BYが指定されている場合は、ソート後に適用されます。

後者の場合は指定順に注意してください。
ただし、OFFSET句を指定したほうが読みやすいと思いますので、OFFSET句を使ったほうが良いと思います。

LIMIT句の使用例

先頭の10件だけを取得

SELECT code,SUM(item_count * item_price) AS sum_amount
  FROM t_sales
  GROUP BY code
  LIMIT 10

21行目から10件を取得

SELECT code,SUM(item_count * item_price) AS sum_amount
  FROM t_sales
  GROUP BY code
  LIMIT 20 OFFSET 10


金額上位の10件を取得

SELECT code,SUM(item_count * item_price) AS sum_amount
  FROM t_sales
  GROUP BY code
  ORDER BY SUM(item_count * item_price) DESC
  LIMIT 10

金額下位の10件を取得

SELECT code,SUM(item_count * item_price) AS sum_amount
  FROM t_sales
  GROUP BY code
  ORDER BY SUM(item_count * item_price) ASC
  LIMIT 10

金額下位10件を降順で取得

金額で降順に並べた時の最後の10件を取得する場合です。

SELECT code,sum_amount
  FROM (SELECT code,SUM(item_count * item_price) AS sum_amount
          FROM t_sales
          GROUP BY code
          ORDER BY SUM(item_count * item_price) ASC
          LIMIT 10)
  ORDER BY sum_amount DESC
昇順にして先頭10件を取得後に降順に並べ替え直しています。
では、あえて、OFFSET句を使って書いてみましょう。

SELECT code,SUM(item_count * item_price) AS sum_amount
  FROM t_sales
  GROUP BY code
  ORDER BY SUM(item_count * item_price) DESC
  LIMIT 10
  OFFSET (SELECT COUNT(*) - 10 FROM (SELECT * FROM t_sales GROUP BY code))
GROUP化→行数取得→最後の10件の行位置計算→OFFSET句に指定
さらに、WITH句(共通テーブル式)を使って書き直してみましょう。

WITH GR AS
  (SELECT code,SUM(item_count * item_price) AS sum_amount
     FROM t_sales GROUP BY code)
SELECT *
  FROM GR
  ORDER BY sum_amount
  LIMIT 10
  OFFSET (SELECT COUNT(*) - 10 FROM GR)
大分すっきりしたのではないでしょうか。
このくらいのサブクエリやWITHがすんなり読めて書ければ、大概の事は自由にSQLを書けるものと思います。
サブクエリの練習をかねて、あえて題材にしてみました。

LIMIT句、OFFSET句の最後に

LIMIT句自体は特段に難しいことはありませんので、使う時に悩むようなことは無いでしょう。
ただし、これを知らないと必要となった場面では大変困ってしまいますので、必ず覚えておきましょう。



同じテーマ「SQL入門」の記事

データの更新(UPDATE)
データの削除(DELETE)
他のテーブルのデータで追加/更新/削除
インデックスを作成して高速化(CREATE INDEX)
トランザクション処理
VBAクラスの全コード:トランザクション処理
サブクエリ(副問合せ)
サブクエリのネストとSQLコメント&整形
WITH句(共通テーブル式)
取得行数を限定するLIMIT句
分析関数(OVER句,WINDOW句)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ツイッターで出されたVBAのお題をやってみた|エクセル雑感(1月13日)
イベントプロシージャーの共通化(Enter,Exit)|ユーザーフォーム入門(1月13日)
Rangeオブジェクトの論理演算(差集合と排他的論理和)|VBA技術解説(1月10日)
イベントプロシージャーの共通化|ユーザーフォーム入門(1月7日)
コントロールの動的作成|ユーザーフォーム入門(1月6日)
Evaluateメソッド(文字列の数式を実行します)|VBA技術解説(1月5日)
エクスポート(PDF/XPS)|VBA入門(1月2日)
分析関数(OVER句,WINDOW句)|SQL入門(12月25日)
取得行数を限定するLIMIT句|SQL入門(12月21日)
外部ライブラリ(ActiveXオブジェクト)|VBA入門(12月21日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ