SQL入門
全テーブル定義とテーブル自動作成VBA

SQLの初心者向け入門解説、VBAからデータベースを扱うためのSQLを解説
最終更新日:2019-12-17

全テーブル定義とテーブル自動作成VBA


データベースの正規化とマスタの作成 で作成した全テーブル定義と、

エクセルVBAでデータベースを扱うためのSQL入門です。前回までは1つのテーブルのみを扱ってきましたが、これからは複数のテーブルを扱っていきます。複数テーブルの情報を必要に応じて結合して取得できるようになると、よりデータベースおよびSQLの利便性が感じられると思います。
テーブル名変更と列追加(ALTER TABLE)とテーブル自動作成 で作成したテーブル自動作成VBAを掲載しておきます。
エクセルVBAでデータベースを扱うためのSQL入門です。前回までにテーブルを作成したり、削除したりできるようになりました。今回は作成したテーブルの名称変更とカラム(列)を追加するSQLを解説します。そして、エクセルのシートにテーブル情報を記入して、そこからテーブルを自動作成するVBAも紹介します。

テーブル:m_customer



テーブル名
m_customer
列名 NOT NULL PRIMARY KEY AUTOINCREMENT UNIQUE DEFAULT
1 code TEXT
2 name TEXT
2 address TEXT

CREATE TABLE m_customer (
 "code" TEXT NOT NULL
,"name" TEXT NOT NULL
,"address" TEXT
,PRIMARY KEY (code)
);

テーブル:m_item

テーブル名
m_item
列名 NOT NULL PRIMARY KEY AUTOINCREMENT UNIQUE DEFAULT
1 item_code TEXT
2 item_name TEXT

CREATE TABLE m_item (
 "item_code" TEXT NOT NULL
,"item_name" TEXT NOT NULL
,PRIMARY KEY (item_code)
);

テーブル:t_sales



テーブル名
t_sales
列名 PRIMARY KEY AUTOINCREMENT NOT NULL UNIQUE DEFAULT
1 id INTEGER
2 code TEXT
3 sales_date TEXT
4 item_code TEXT
5 item_price INTEGER
6 item_count INTEGER
7 comment TEXT

CREATE TABLE t_sales (
 "id" INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT NOT NULL
,"code" TEXT NOT NULL
,"sales_date" TEXT
,"item_code" TEXT
,"item_price" INTEGER
,"item_count" INTEGER
,"comment" TEXT
);

テーブル自動作成

Sub CreateTableFromSheet()
  Dim clsDB As New clsSQLite
  clsDB.DataBase = "C:\SQLite3\sample.db"
  
  Dim ws As Worksheet
  Dim tblName As String
  Dim sSql As String
  
  Set ws = ActiveSheet
  tblName = ws.Range("B2") 'テーブル名
  
  'テーブル削除
  sSql = "DROP TABLE " & tblName
  Call clsDB.ExecuteNonQuery(sSql)
  
  'テーブル追加
  sSql = CreateSql(ws, tblName)
  If Not clsDB.ExecuteNonQuery(sSql) Then
    MsgBox clsDB.ErrMsg
    Exit Sub
  End If
  
  Set clsDB = Nothing
End Sub

Function CreateSql(ByVal ws As Worksheet, _
          ByVal tblName As String) As String
  Const sRow As Long = 4
  Dim sSql As String
  Dim i As Long, j As Long
  Dim maxRow As Long, maxCol As Long
  Dim pkCol As Long, aiCol As Long, dfCol As Long
  Dim isAutoInc As Boolean, strPk As String
  With ws
    maxRow = .Cells(.Rows.Count, 2).End(xlUp).Row
    maxCol = .Cells(sRow, .Columns.Count).End(xlToLeft).Column
    pkCol = Application.Match("PRIMARY KEY", .Rows(sRow), 0)
    aiCol = Application.Match("AUTOINCREMENT", .Rows(sRow), 0)
    dfCol = Application.Match("DEFAULT", .Rows(sRow), 0)
    sSql = "CREATE TABLE " & tblName & " (" & vbCrLf
    For i = sRow + 1 To maxRow
      sSql = sSql & IIf(i = sRow + 1, " ", ",")
      sSql = sSql & """" & .Cells(i, 2) & """ " & .Cells(i, 3)
      If .Cells(i, aiCol) <> "" Then isAutoInc = True
      For j = 4 To maxCol
        If .Cells(i, j) <> "" Then
          If isAutoInc Or j <> pkCol Then
            sSql = sSql & " " & .Cells(sRow, j)
            If j = dfCol Then
              sSql = sSql & " " & .Cells(i, j)
            End If
          End If
          If Not isAutoInc And j = pkCol Then
            If strPk <> "" Then strPk = strPk & ","
            strPk = strPk & .Cells(i, 2)
          End If
        End If
      Next
      sSql = sSql & vbCrLf
    Next
    If strPk <> "" Then
      sSql = sSql & ",PRIMARY KEY (" & strPk & ")" & vbCrLf
    End If
    sSql = sSql & ");"
  End With
  CreateSql = sSql
End Function



同じテーマ「SQL入門」の記事

SQL関数と演算子
データベースにおけるNULLの扱い方
データベースの正規化とマスタの作成
全テーブル定義とテーブル自動作成VBA
テーブルを結合して取得(INNER JOIN,OUTER JOIN)
複数のSELECT結果を統合(UNION,UNION ALL)
データの更新(UPDATE)
データの削除(DELETE)
他のテーブルのデータで追加/更新/削除
インデックスを作成して高速化(CREATE INDEX)
トランザクション処理


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

「VBAで導関数を求めよ」ツイッターのお題をやってみた|エクセル雑感(2月9日)
Property {Get|Let|Set} ステートメント|VBA入門(2月9日)
フィボナッチ数列(再帰呼び出し)|VBA技術解説(2月8日)
エクセルで連立方程式を解く(MINVERSE,MMULT)|エクセル雑感(2月7日)
スピルって速いの?スピルの速度について|VBA技術解説(2月4日)
スピルでVBAの何が変わったか|VBA技術解説(2月3日)
スピルについて|エクセル入門(2月3日)
エクセルで「もういくつ寝るとお正月」|エクセル雑感(1月29日)
VBAの少数以下の演算誤差について|VBA技術解説(1月29日)
VBAで写真の撮影日時や音楽動画の長さを取得する|VBA技術解説(1月23日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ