SQL入門
データの削除(DELETE)

SQLの初心者向け入門解説、VBAからデータベースを扱うためのSQLを解説
公開日:2019-12-07 最終更新日:2019-12-17

データの削除(DELETE)


エクセルVBAでデータベースを扱うためのSQL入門です。
前回までにやってきたことを大きく分けると、
・テーブル作成
・データ挿入
・データ取得
・データ更新
データベースにテーブルを作成し、データを入れて、データを取り出し、データを更新しました。
いろいろとデータベースを扱う事ができるようになりましたが、
やはり、削除できないと困ってしまいます。


データの削除は、DELETEです。
今回は、DELETEについて解説します。

使用するテーブル定義は以下になります。

全テーブル定義とテーブル自動作成VBA
・テーブル:m_customer ・テーブル:m_item ・テーブル:t_sales ・テーブル自動作成

DELETEの構文

データベースの行データを削除するには、DELETEを使用します。

DELETE FROM テーブル名
[ WHERE 論理式]

WHERE句を省略すると、テーブルの全行のデータが削除されます。

DELETEの使用例

m_customerのcodeが'00'で始まる行の削除

DELETE FROM m_customer
 WHERE code LIKE '00%'
以前のテストデータ作成で、
codeには、'001'から'100'を入れました。
したがって、LIKE '00%'は、'001'から'009'になります。

このSQLを実行することで、'001'から'009'が削除されます。

LIKE演算子
LIKE メタ文字によるパターンマッチングを行います
% 任意の文字列
_ アンダースコアです。
任意の1文字

SELECTで取得→シートで削除行を指定→DELETEで削除

以下VBAは、こちらのクラスを使用したVBAサンプルになります。
VBAクラスの全コード:データの取得
SQL入門の「データの取得:条件指定(SELECT,WHERE)」時点のVBAクラスの全コードです。ADOを使ったDB接続のVBAクラスの全コード クラスモジュール:clsSQLite

Sub SelectALL()
  Dim clsDB As New clsSQLite
  clsDB.DataBase = "C:\SQLite3\sample.db"
 
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
 
  Dim sSql As String
  sSql = ""
  sSql = sSql & "SELECT '' AS 区分,*"
  sSql = sSql & " FROM m_customer"
  sSql = sSql & " ORDER BY code"
  
  If Not clsDB.SheetFromRecordset(sSql, ws.Range("A1"), Clear, True) Then
    MsgBox clsDB.ErrMsg
    Exit Sub
  End If
 
  Set clsDB = Nothing
End Sub

m_customerの全データをシートに出力しています。
先頭列として、空白文字を「区分」として出力しています。
このように、空文字、NULL、固定文字を新規カラムとして自由に追加することができます。

VBA マクロ SQL DELETE

削除したいデータ行のA列「区分」に"D"の文字を入れます。

※間違いを減らすために
間違って指定してしまうことを減らすためには、条件付き書式を設定すると良いでしょう。
A列「区分」に文字を入れた時、当該行に色を付ける等で目立たせます。
こういう工夫をすることで、うっかりミスを少しでも減らすことは大切です。


B列のcodeは変更してはダメです。
codeは主キー(PRIMARY KEY)なので、今回の場合は変更は不可です。
キーが変わってしまったら削除できませんので。
ここではあくまで、DELETEのサンプル&テストのため、簡易的な作りにしています。

VBA マクロ SQL DELETE

以下のVBAについて
B列が主キーとして固定のロジックにしています。
・A列の「区分」が、"D"または"d"のとき削除します。
・日付、数値、文字列は自動判別しています。
・文字列の ' は、 '' でエスケープ処理しています。
Sub SelectDelete()
  Dim clsDB As New clsSQLite
  clsDB.DataBase = "C:\SQLite3\sample.db"
 
  Dim sSql As String
  Dim i As Long, j As Long
  Dim maxRow As Long
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  With ws
    maxRow = ws.Cells(ws.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
    For i = 2 To maxRow
      If UCase(.Cells(i, 1) = "D") Then
        sSql = ""
        sSql = sSql & "DELETE FROM m_customer" & vbCrLf
        sSql = sSql & " WHERE "
        sSql = sSql & .Cells(1, "B")
        sSql = sSql & " = "
        sSql = sSql & getValue4Sql(.Cells(i, "B"))
        If Not clsDB.ExecuteNonQuery(sSql) Then
          MsgBox clsDB.ErrMsg
          Exit Sub
        End If
      End If
    Next
  End With

  Set clsDB = Nothing
End Sub

'SQL用にセルのValueを編集
Function getValue4Sql(ByVal aRange As Range) As String
  Select Case TypeName(aRange)
    Case "Date"
      getValue4Sql = dateFormat(aRange.Value)
    Case "Double"
      getValue4Sql = aRange.Value
    Case Else
      getValue4Sql = addQuote(aRange.Value)
  End Select
End Function

'SQLiteは日付型がないので文字列として格納
Function dateFormat(ByVal var As Variant) As String
  dateFormat = addQuote(Format(var, "yyyy-mm-dd"))
End Function

'シングルクオーテーションをエスケープ処理
Function addQuote(ByVal str As String, _
         Optional ByVal aQuote As String = "'") As String
  If str = "" Then
    addQuote = "NULL"
  Else
    addQuote = aQuote & Replace(str, "'", "''") & aQuote
  End If
End Function

このVBAの、SelectDelete を実行すると、
以下のようなSQLが(A列で削除指定した)行数分発行されます。

DELETE FROM m_customer
 WHERE code = '011'

VBA実行が終了したら、再度最初のデータ取得、
SelectALL これを実行してデータが削除されたことを確認します。

VBA マクロ SQL DELETE

データの削除(DELETE)の最後に

今回はDELETEの学習・練習として、極めて簡単な例、および単純なVBAにしています。
実務的には、データの削除は様々な注意点が出てくるものです。
特にマスタは使わなくなったからと言って削除してしまうと、過去のトランザクションデータの情報が取得できなくなってしまいます。
マスタの場合は、テーブルから削除するのではなく、削除フラグや削除日で対応することが多くなります。
SQL入門でも、先々にはそのようなVBAも紹介できればと思っていますが、今はまだSQLの基本解説を優先しています。

次回は、他のテーブルを基にデータを挿入したり更新/削除するSQLについて解説します。



同じテーマ「SQL入門」の記事

テーブルを結合して取得(INNER JOIN,OUTER JOIN)

・テーブルの結合方法 ・列名修飾とエイリアス ・内部結合:INNER JOIN ・左外部結合:LEFT OUTER JOIN ・右外部結合:RIGHT OUTER JOIN ・外部結合(OUTER JOIN)で結合条件に一致する行が無い場合 ・複数のJOINを組み合わせた使用例 ・JOINを使わない内部結合 ・テーブルを結合して取得の最後に
複数のSELECT結果を統合(UNION,UNION ALL)
・集合演算:データの統合方法 ・SQLの集合演算について ・和集合:UNION ・全体集合:UNION ALL ・複数のSELECT結果を統合の最後に
データの更新(UPDATE)
・UPDATATEの構文 ・UPDATEの使用例 ・SELECTで取得→シートで編集→UPDATEで更新 ・データの更新(UPDATE)の最後に
データの削除(DELETE)
他のテーブルのデータで追加/更新/削除
・新規テーブルを追加 ・他のテーブルを基にデータを追加 ・他のテーブルを基にデータを更新 ・他のテーブルを基にデータを削除 ・他のテーブルを基にデータを追加/更新/削除の最後に
インデックスを作成して高速化(CREATE INDEX)
・インデックスとは ・インデックスを作成 ・UNIQUEインデックスを作成 ・インデックスを削除 ・インデックスを作製の最後に
トランザクション処理
・トランザクション処理とは ・ADOでのトランザクション処理 ・VBAクラスの全コード ・トランザクション処理の使用例 ・トランザクション処理の最後に
VBAクラスの全コード:トランザクション処理
SQL入門の「トランザクション処理」時点のVBAクラスの全コードです。ADOを使ったDB接続のVBAクラスの全コード クラスモジュール:clsSQLite SQLの初心者向け入門解説、VBAからデータベースを扱うためのSQLを解説。
サブクエリ(副問合せ)
・サブクエリ(副問合せ)とは ・FROM句でサブクエリを使う ・WHERE句でサブクエリを使う ・SELECTのカラムにサブクエリを使う ・UPDATAEでサブクエリを使う ・DELETEでサブクエリを使う ・サブクエリ(副問合せ)の最後に
サブクエリのネストとSQLコメント&整形
・サブクエリのネスト ・サブクエリのネストの組み方 ・SQLのコメントについて ・SQLの整形 ・サブクエリのネストとSQLコメント&整形の最後に
WITH句(共通テーブル式)
・WITH句の構文 ・WITH句の最も簡単な使用例 ・WITH句に複数のサブクエリを使用する例 ・WITH句を使った再帰SQL ・CASE演算子を使ったマトリックス作成のSQL ・WIYH句(共通テーブル式)の最後に


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

正規表現関数(REGEXTEST,REGEXREPLACE,REGEXEXTRACT)|エクセル入門(2024-07-02)
エクセルが起動しない、Excelが立ち上がらない|エクセル雑感(2024-04-11)
ブール型(Boolean)のis変数・フラグについて|VBA技術解説(2024-04-05)
テキストの内容によって図形を削除する|VBA技術解説(2024-04-02)
ExcelマクロVBA入門目次|エクセルの神髄(2024-03-20)
VBA10大躓きポイント(初心者が躓きやすいポイント)|VBA技術解説(2024-03-05)
テンキーのスクリーンキーボード作成|ユーザーフォーム入門(2024-02-26)
無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|VBA入門
6.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
7.メッセージボックス(MsgBox関数)|VBA入門
8.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門
9.並べ替え(Sort)|VBA入門
10.ブック・シートの選択(Select,Activate)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。


このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ