エクセル入門
ショートカット.Alt+SHift+=(オートSUM)

Excelの初心者向け入門解説
最終更新日:2020-04-20

ショートカット.Alt+SHift+=(オートSUM)


ΣオートSUMのアイコンのオートSUMのショートカットになります。


キー操作

Alt + Shift + =

AltキーとShiftキーを押した状態で=(-)を押下

Shift+=としているのは、=を入力するときにShiftを押すからです。
つまり、=はShift押しながら=(-)を押すということです。

機能

オートSUM(SUM関数)を挿入

エクセル Excel ショートカット

解説

オートSUMでは、エクセルが合計する範囲を自動で選択します。
単一セルを選択している場合は、選択セルの上または左に連続して数値が入力されている範囲を自動判定します。

エクセル Excel ショートカット

エクセル Excel ショートカット

複数セルを選択している場合は、選択範囲の下(縦に選択している場合)または右(横に選択している場合)にSUM関数を挿入します。

エクセル Excel ショートカット


ショートカットキー一覧も参考にして下さい。

Excel作業を効率化するショートカットキーの一覧と、必須ショートカットの詳細解説です、ショートカットは画面や選択状態により変化しますので注意して下さい。ファイル…9 ウインドウ…11 シート…8 印刷…3 コピー/貼付…12 検索/置換…6 選択…21 移動…4 挿入/削除…2 元に戻す/繰り返す…4 入力…5 編集…2 書式…24 表示/非表示…7 …



同じテーマ「エクセル入門」の記事

ショートカット.Ctrl+Enter(セルへ一括入力)

選択したセル範囲に一括入力するショートカットになります。キー操作 Ctrl+Enter Ctrlキーを押した状態でEnterを押下 機能 選択したセル範囲にアクティブセル(現在のセル)と同じ値を入力 解説 文字列や数値の場合は、全ての選択セルに同一の値が入力されます。
ショートカット.Alt+Enter(セル内改行)
セル内で改行するショートカットになります。キー操作 Alt+Enter Altキーを押した状態でEnterを押下 機能 セル内で改行します。数式も改行できます。解説 セル内で改行されます。これは、セルの書式設定で、「折り返して全体を表示」の状態で複数行に見えている状態とは違います。
ショートカット.Ctrl+1(セルの書式設定)
「セルの書式設定」ダイアログを表示するショートカットになります。キー操作 Ctrl+1 Ctrlキーを押した状態で1を押下(テンキーは不可) 機能 「セルの書式設定」ダイアログを表示します。解説 選択セルに対する「セルの書式設定」ダイアログが表示されます。
ショートカット.Alt+SHift+=(オートSUM)
ショートカット.Ctrl+Space(列全体を選択)
列全体を選択するショートカットです。キー操作 Ctrl+Space Ctrlキーを押した状態でSpaceキーを押下します。機能 列全体を選択します。数式内では列記号が挿入されます。解説 アクティブセルはそのまで、列全体が選択されます。
ショートカット.Shift+Space(行全体を選択)
行全体を選択するショートカットです。キー操作 Shift+Space Shiftキーを押した状態でSpaceキーを押下します。IME(日本語入力)がONの場合は、このショートカットは無効です。IMEがONの場合は、半角スペース入力のショートカットとなり、それが優先されます。
ショートカット.Shift+F3(関数の挿入)
関数の挿入(アイコン「fx」)のショートカットです。キー操作 Shift+F3 Shiftキーを押した状態でF3キーを押下します。パソコンによっては、Fnキーを押した状態でF2を押す必要があります。機能 「関数の挿入」ダイアログボックス または、「関数の引数」ダイアログボックス(関数パレットとも呼びます)を表示します。
ショートカット.Ctrl+F(検索)
[検索と置換]ダイアログボックスの[検索]タブを表示するショートカットです。キー操作 Ctrl+F Ctrlキーを押した状態でFを押下します。機能 上書き保存 [検索と置換]ダイアログボックスの[検索]タブを表示します。
ショートカット.Ctrl+H(置換)
[検索と置換]ダイアログボックスの[置換]タブを表示するショートカットです。キー操作 Ctrl+H Ctrlキーを押した状態でHを押下します。機能 上書き保存 [検索と置換]ダイアログボックスの[置換]タブを表示します。
ショートカット.Ctrl+R(右方向へコピー)
選択範囲内で右方向のセルに内容と書式をコピーするショートカットです。キー操作 Ctrl+R Ctrlキーを押した状態でRを押下します。機能 選択範囲内で右方向のセルに内容と書式をコピーします。解説 選択セルの左にあるセルを右方向にコピーします。
ショートカット.Ctrl+D(下方向へコピー)
選択範囲内で下方向のセルに内容と書式をコピーするショートカットです。キー操作 Ctrl+D Ctrlキーを押した状態でDを押下します。機能 選択範囲内で下方向のセルに内容と書式をコピーします。解説 選択セルの上にあるセルを下方向にコピーします。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Variantの数値型と文字列型の比較|エクセル雑感(7月1日)
VBAのVariant型について|VBA技術解説(6月30日)
VBAのString型の最大文字数について|エクセル雑感(6月20日)
VBAで表やグラフをPowerPointへ貼り付ける|VBAサンプル集(6月19日)
アクティブシート以外の表示(Window)に関する設定|VBA技術解説(6月17日)
マクロ記録での色のマイナス数値について|エクセル雑感(6月16日)
ツイッター投稿用に文字数と特定文字で区切る|エクセル雑感(6月15日)
日付の謎:IsDateとCDate|エクセル雑感(6月14日)
IFステートメントの判定|エクセル雑感(6月13日)
インクリメンタルサーチの実装|ユーザーフォーム入門(6月12日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ