エクセル入門
ショートカット.Ctrl+Enter(セルへ一括入力)

Excelの初心者向け入門解説
公開日:2013年5月以前 最終更新日:2020-04-20

ショートカット.Ctrl+Enter(セルへ一括入力)


選択したセル範囲に一括入力するショートカットになります。


キー操作

Ctrl + Enter

Ctrlキーを押した状態でEnterを押下

機能

選択したセル範囲にアクティブセル(現在のセル)と同じ値を入力

エクセル Excel ショートカット

解説

文字列や数値の場合は、全ての選択セルに同一の値が入力されます。

数式(=で始まる)の場合は、相対参照・絶対参照が有効となり、アクティブセルを他の選択セルに数式をコピーした場合と同様となります。
これについては、覚えておきたいエクセルの操作:数式のコピーを参考にして下さい。
しっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です、今回は、数式のコピーです。エクセルでセルをコピーする場合、・セルの全てをコピー ・セルの値のみコピー ・セルの数式のみコピー このあたりが一番多い操作になるでしょう。セルの全てをコピーは、普通のコピーですね、セルの値のみコピーは、定番の値貼り付けになります。


ショートカットキー一覧も参考にして下さい。

エクセル作業を効率化するExcelのショートカットキー(キーボードショートカット)の一覧です。Excel作業で絶対に覚えておきたい定番ショートカットキー、重要ショートカッキーについては、詳細解説ページへリンクしています。ショートカットキーは画面の選択状態(選択対象がセル、行・列、、オブジェクト、数式バー等)により変…



同じテーマ「エクセル入門」の記事

ショートカット.Ctrl+Shift+方向キー(終端まで選択)

・キー操作 ・機能 ・解説
ショートカット.Shift+方向キー(選択範囲を拡張)
・キー操作 ・機能 ・解説
ショートカット.F2(セルを編集)
・キー操作 ・機能 ・解説
ショートカット.Ctrl+Enter(セルへ一括入力)
ショートカット.Alt+Enter(セル内改行)
・キー操作 ・機能 ・解説
ショートカット.Ctrl+1(セルの書式設定)
・キー操作 ・機能 ・解説
ショートカット.Alt+SHift+=(オートSUM)
・キー操作 ・機能 ・解説
ショートカット.Ctrl+Space(列全体を選択)
・キー操作 ・機能 ・解説
ショートカット.Shift+Space(行全体を選択)
・キー操作 ・機能 ・解説
ショートカット.Shift+F3(関数の挿入)
・キー操作 ・機能 ・解説
ショートカット.Ctrl+F(検索)
・キー操作 ・機能 ・解説


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

エクセルが起動しない、Excelが立ち上がらない|エクセル雑感(2024-04-11)
ブール型(Boolean)のis変数・フラグについて|VBA技術解説(2024-04-05)
テキストの内容によって図形を削除する|VBA技術解説(2024-04-02)
ExcelマクロVBA入門目次|エクセルの神髄(2024-03-20)
VBA10大躓きポイント(初心者が躓きやすいポイント)|VBA技術解説(2024-03-05)
テンキーのスクリーンキーボード作成|ユーザーフォーム入門(2024-02-26)
無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|VBA入門
6.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.メッセージボックス(MsgBox関数)|VBA入門
9.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。


このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ