エクセル基本操作
覚えておきたいエクセルの操作:数式のコピー

Excelの基本操作についての基礎と応用を入門解説
最終更新日:2014-11-11

覚えておきたいエクセルの操作:数式のコピー



しっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です、

今回は、

数式のコピーです。

エクセルでセルをコピーする場合、


・セルの全てをコピー
・セルの値のみコピー
・セルの数式のみコピー

このあたりが一番多い操作になるでしょう。

セルの全てをコピーは、普通のコピーですね、

セルの値のみコピーは、定番の値貼り付けになります。

今回は数式(計算式)のみコピーする場合の説明です。

そんなの知っているって・・・本当に?

まあ、確認も含めてお付き合いください。


オートフィルの場合

オートフィル後に

Excel解説


このような、貼り付けオプションが表示されます。
(エクセルのオプションでこの機能は止める事が出来ます)

ここで、「書式なしコピー」を選択すれば、数式のみコピーされます。



コピー&ペースト

Ctrl+Vの後に、

Excel解説


このような、貼り付けオプションが表示されます。
(Enterで貼り付けた場合は表示されません)

2番目の「Fx」のアイコンで、数式のみコピーされます。

エクセル2007以前では、貼り付けオプション画面が少し違いますが、

2番目の「貼り付け先の書式に合わせる」で数式のみコピーされます。


貼り付けオプションも便利なのですが、

やはり、古来からの定番としては、「形式を選択して貼り付け」です。

コピー後に、コピー先のセルで右クリックメニューから

形式を選択して貼り付け

Excel解説


「数式」を選択して「OK」、これで数式のみコピーとなります。

この画面の内容は、良く見て置く事をお勧め致します。

では応用編です。


数式の一括入力

複数セルに数式を一括で入力する方法です。


Excel解説


上図で金額に単価*数量の計算式を入れる場合、

D3セル~D13セルを選択し、計算式を入力

Excel解説


ここで、Ctrl+Enterで数式が一括で入力できます。

もちろん、相対参照・絶対参照も有効です、セルコピーした場合と同様です。

この機能を応用すれば、既に入力済の数式を他のセルにコピーできます。

上図の場合、D3セルだけに数式を入れた場合、

D3セル~D13セルを選択し、F2でセル編集にします。

この時点で、上図と同じ状態になりますので、Ctrl+Enterで良い事になります。

この応用は、飛び飛びのセルでも可能です。

・コピー先のセルを選択します。
 飛び飛びのセル範囲の場合はCtrlを押しながら選択します。
・コピー先のセル選択が終了したら、
 最期にコピー元のセルをCtrlを押しながら選択します。
・F2で編集状態にします
・Ctrl+Enter

これで数式のみコピーされます。

まとめると、
最期にコピー元のセルを選択して、F2→Ctrl+Enter


との方法が良いということではありません。

シーンに合わせて使いこなせれば、エクセル操作が楽になります。




同じテーマ「エクセル基本操作」の記事

可視セルのみコピーする(非表示の行・列を除く)
日付表示の桁位置を揃える
覚えておきたいエクセルの操作:Enter編
覚えておきたいエクセルの操作:入力・編集
覚えておきたいエクセルの操作:ジャンプ
覚えておきたいエクセルの操作:数式のコピー
覚えておきたいエクセルの操作:文字列数値を数値化
覚えておきたいエクセルの操作:図形(オートシェイプ)
ハイパーリンクを絶対パスで保存する方法
入力時に勝手に付くハイパーリンクを消す方法
重複削除しユニークデータ作成(フィルターオプションの設定)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

IfステートメントとIIF関数とMax関数の速度比較|VBA技術解説(6月23日)
Withステートメントの実行速度と注意点|VBA技術解説(6月6日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)|VBA技術解説(6月2日)
マクロでShift_JIS文字コードか判定する|VBA技術解説(6月1日)
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換|VBAサンプル集(5月31日)
「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた|エクセル(5月21日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー作成|VBA技術解説(5月18日)
テーブル操作のVBAコード(ListObject)|VBA入門(5月12日)
テーブル操作の概要(ListObject)|VBA入門(5月12日)
VBAのスクレイピングを簡単楽にしてくれるSelenium|VBA技術解説(5月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
7.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
8.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄


  • >
  • >
  • >
  • 覚えておきたいエクセルの操作:数式のコピー

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ